グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

福島 みのりFUKUSHIMA MINORI


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 准教授 所属 現代国際学部 現代英語学科
ふりがな ふくしま みのり 生年  
学歴 韓国 延世大学大学院社会学科博士課程修了
学位 社会学博士(韓国 延世大学大学院)
研究分野 人文・社会 / 社会学 / 現代韓国社会論、世代、ジェンダー
研究テーマ 世代・ジェンダーの日韓比較、現代韓国社会論

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
静かな転換‐3.11がもたらした可能性の空間(韓国語) 2015 教育共同体「友」
現代韓国を知るための60章 2014 明石書店
韓国語123 2013 白水社
現代韓国の家族政策 2010 行路社 担当箇所:第7章 ユン・ホンシク(日本語訳)「離婚とシングルマザーpp.139-164」、第8章「シングル女性の実態と非婚化(pp.165-184)」
韓国市民運動家のまなざし 日本社会の希望を求めて(翻訳書) 2010 風土社 担当箇所:第4章(pp.161–251)
韓国環境運動の社会学(翻訳書) 2001 法政大学出版局 担当箇所:第6章(pp.175-253)・第7章(pp.255-271)

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
世代論から読み解く韓国若者論の変容 新世代・88万ウオン世代・N放世代を中心に(特集論文「世代から見えてくる韓国」) 2020年12月 『現代韓国朝鮮研究』第20号(現代韓国朝鮮学会)
『82年生まれ、キム・ジヨン』に熱狂する日本の読者のその後(韓国語:『82년생 김지영』에 열광한 일본 독자들, 그 이후는 어떻게 되었을까) 2020年6月 『文化科学』vol.102 (文化社会研究所)
日本社会における『82年生まれ、キム・ジヨン』の受容ー日本の女性は自らの生をどう言語化したのか 2020年3月 『常葉大学外国語学部紀要』 (36)
在日コリアンはどのように表象されてきたのかー多文化共生から排除されたオールドカマーをめぐる言説を中心にー 2019年11月 『国際行動学研究』第14号(国際行動学会)
k-popと日本の若者‐トランスネーションとネーションの狭間で(韓国語:케이팝과 일본의 청년들: 트랜스네이션과 네이션 사이에서) 2019年3月 『文化科学』vol.97 (文化社会研究所、ソウル)
若者世代における「社会性の不在」を読み解く—『君の名は。』の大ヒットに見られる存在論的不安と承認欲求− (韓国語) 2017年9月 『文化科学』 vol.91(文化社会研究所、ソウル)
1990年代以降の若者世代論から読み解く「SEALDS」現象 (韓国語) 2016年6月 『教養学研究(The Journal of General Education)』vol.3 (韓国中央大学教養学部、ダビンチ未来研究所 )
韓国「88万ウォン世代」論に関する研究 ‐当事者による受容と実践を中心に‐ 2012年10月 韓国・朝鮮文化研究会『韓国朝鮮の文化と社会』第11号(韓国朝鮮の文化研究会)
韓国「モダン」の現代的受容と実践 -2000年以降の映画・ドラマを中心に- 2010年3月 『人文研究』第170号(神奈川大学人文学会)
韓国失業問題についての一考察 -社会的企業で働く20代を中心に- 2010年3月 早稲田大学国際教養学部 『WASEDA GLOBAL FORUM』第6号(早稲田大学国際教養学部)
韓国シングル女性の実態と非婚化に関する研究 ―20,30代を中心に- 2008年3月 『国際交流学部紀要』第10号(フェリス女学院大学国際交流学部)
大学院進学とポスト青年期の関連性についての考察 -高学歴世代の「実存の危機」をめぐって- 2006年11月 『現代韓国朝鮮研究』第6号(現代韓国朝鮮学会)

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
公開講演会「早川嘉春先生と韓国語教育」(公開講演会) 2022年3月 立教大学 平和・コミュニティ研究機構 主催
日本の若者世代における『82年生まれ、キム・ジヨン』の受容~ヤングフェミニズムの可能性を中心に~ 2022年2月 韓国日本学会第103回国際学術大会
脱植民地時代における「自己物語」の実践~趙韓恵浄の「学びの共同体」を中心に 2022年2月 常葉大学外国語学部海外事情談話会
日韓関係;大転換の前線;地方・ジェンダー;世代」(討論担当)
(「日韓関係:大転換を論じる」 )
2021年8月 国際シンポジウム、ソウル
文化は政治を超えられるか −K-pop/K 文学ブームと若者世代の役割− 2021年6月 静岡日韓親善協会 記念講演会
「若者世代のジェンダー意識~日韓の社会意識の比較を通して~」
2021年5月 ジェンダーの不平等とは何か (現代日本ゼミナール8期2回講座)
「99年生まれ、佐藤亜美の実践」 2021年5月 国際行動学会 2021年度第17回年次大会(オンライン大会)
『82年生まれ、キム・ジヨン』がもたらした自由な表現の力 2021年3月 春のシンポジウム「表現の自由と多文化社会」(パネリスト報告、静岡県労働研究所)
「現在の日韓関係における日韓の市民の相手国に対するまなざし~世代・ジェンダーによる相違、大衆文化と政治の関連性から~」 2019年11月 日本科学社会議静岡支部(「日韓問題」シンポジウム、パネリスト報告)
k-popと日本の若者 ―トランスナショナルとナショナルの狭間で―
第67回関東社会学会大会
2019年6月 第67回関東社会学会大会(一般報告)
在日コリアンはどのように表象されてきたのかー多文化共生から排除されたオールドカマーをめぐる言説を中心にー 2018年11月 国際行動学会第15回年次大会シンポジウム、パネリスト報告
韓国の若年層を取り巻く雇用環境と派生する社会の諸問題」 2017年10月 現代韓国朝鮮学会 第18回研究大会 共通論題

主な職務上の業績

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
2021年度内閣府青年国際交流事業 日本・韓国青年親善交流事業 事前講義担当(テーマ:社会運動、ジェンダー、日韓関係:私たち若者にできることは?) 2022年10月31日 一般財団法人 青少年国際交流推進センター
韓国国際交流財団奨学生ワークショップ(2021年度) 2021年11月6日 韓国国際交流財団 東京事務所
2020日韓市民100人未来対話招聘参加(ZOOM開催) 2020年10月31日 - 2020年11月1日 韓国国際交流財団、早稲田大学韓国学研究所、ソウル大学日本研究所

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本社会学会
現代韓国朝鮮学会
カルチュラル・スタディース学会
韓国・朝鮮文化研究会
関東社会学会
国際行動学会

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
現代韓国朝鮮学会 理事 2018年4月~現在
早稲田大学韓国学研究所 招聘研究員 2014年4月~現在
現代韓国朝鮮学会 企画委員 2015年~2017年
現代韓国朝鮮学会 編集委員 2017年~2018年/2021年~現在
国際行動学会 企画委員 2022年4月~現在

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
常葉大学外国語学部准教授 2017年4月~2022年3月 韓国語、東アジアの社会、東アジア特殊講義、特別研究(ゼミ)、協働研究セミナー等。
慶応大学法学部非常勤講師(2019年4月~2021年3月) 2019年4月~2021年3月 朝鮮語文献購読
立教大学兼任講師 2016年4月 - 2019年3月 朝鮮語/朝鮮語圏の文化と社会/アジア地域の平和構築
常葉大学専任講師 2013年4月~2017年3月 韓国語、東アジアの社会、東アジア特殊講義、特別研究(ゼミ)、協働研究セミナー等。
早稲田大学国際教養学部、グローバルエデユケーションセンター非常勤講師 2005年4月~2019年3月 朝鮮語、文献購読、朝鮮語圏の文化、社会等。

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
基礎研究(B)(一般) 親密圏と公共圏からみる[日韓連帯]の政治社会学 名古屋外国語大学 2022年度