グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 図書館・附属機関 > ワールドリベラルアーツセンター > 2019年度イベント > 12月14日 ワークショップ「The Effects of Language and Psychology in the Learning of English」を開催します

12月14日 ワークショップ「The Effects of Language and Psychology in the Learning of English」を開催します



開催案内

2019年12⽉14⽇(土) 10︓30〜12︓00、13:00~14:30、本学2号館 226教室において、上智大学特任教授・言語教育研究センター長 吉田 研作氏をお招きし、名古屋外国語大学英語教員ワークショップ主催のワークショップ「The Effects of Language and Psychology in the Learning of English」を開催します。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

イベント概要

学習理論として最も良く使われるbehaviorismはChomskyの出現後cognitiveな学習理論(言語規則の理解)に変わった。しかし、言語規則を「知っている」だけでは、言語を使えるようにならないことから、SLAのnoticingやfocus-on-formの重要性が強調された。また、Krashenは、language acquisitionは意識的なlanguage learningの結果ではない、としたのに対して認知心理学ではdeclarative knowledge(知識)は色々なプロセス(言語形式の練習や有意味な使用)によってprocedural knowledgeに変わり、「習得」につながるとした。新学習指導要領では、SLAの noticing によって気づいたことを、declarative knowledgeである知識技能から、「思考・判断・表現」することにより、procedural knowledgeへと変換することで、can-do項目(英語を使って~ができる)に対して、Yes, I can.と答えられる生徒の育成を目標としている。
本ワークショップでは、上記について実例を示しながら考える。
タイトル The Effects of Language and Psychology in the Learning of English
開 催 主 催: 名古屋外国語大学 英語教員ワークショップ
後 援: 名古屋外国語大学ワールドリベラルアーツセンター
日 時 2019年12月14日(土) 10:30~12:00、13:00~14:30
講 師 吉田 研作(上智大学特任教授・言語教育研究センター長)
会 場 名 称: 名古屋外国語大学 2号館226教室
所在地: 〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
会場へのアクセスについて
申 込 当日参加も可能ですが、準備の都合がありますので、事前のお申し込みをお願いいたします。
申込みのフォームに必要事項をご入力・送信してください。
2019年12月14日 ワークショップ参加申込フォーム
主な対象 中学校・高校・大学の英語教員、本学教職員、ALT、学生、一般
その他 参加無料
使用言語は英語です
問合せ 名古屋外国語大学 英語教員ワークショップ 事務室
TEL: 0561-74-1111(代表)、0561-75-2044(直通)

吉田 研作(よしだ けんさく)

1948年京都市生まれ。上智大学、米国ミシガン大学で学ぶ。現職、上智大学特別招聘教授・言語教育研究センター長。元上智大学国際言語情報研究所所長、元上智大学外国語学部長文科省、「英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用促進に関する連絡協議会」委員、大学入試センター「英語四技能実施企画部会」部長、「大学入試センター運営評議委員会委員」、「国土交通省航空英語能力証明審査会」会長、「NPO小学校英語指導者認定協議会」会長、「Asia TEFL」Journal Advisory Board Member、など。