グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 外国語学部 > 英米語学科(英米語専攻、英語コミュニケーション専攻、英語教育専攻)

英米語学科(英米語専攻、英語コミュニケーション専攻、英語教育専攻)




名古屋外大の英米語学科が、新たに「3専攻体制」へ。
英米語学科では、英語文化圏の文化・文学・社会などを学ぶ「英米語専攻」とコミュニケーション能力向上を主眼とした「英語コミュニケーション専攻」に加え、総合的な人間力、英語教育の専門家を育成する「英語教育専攻」を設置し、学科として「世界に通じる英語教育、教養教育、コミュニケーション教育、人間教育」をさらに徹底させる教育方針を取りました。高度な Speaking・Listening・Reading・Writingの4技能運用能力のさらなる向上という英米語学科共通の目標をめざして、学生の志向において専攻を選択することができます。

深い教養と専門性を備えた語学力は、国際社会を動かす推進力になる。

社会は今やボーダレスの時代。世界中の人々が、世界中の情報が、世界中の経済が、国境を越えてめまぐるしく行き来しています。さまざまな国際機関の公用語、教育言語、商業言語、科学技術を伝達する主要言語として、《英語》はあらゆる分野・業界に不可欠な言語になっています。今、社会が求めてやまないのは、《英語》を通して国際問題や教育、ビジネスなどを最適な解決・答えに導く推進力を備えたグローバルな人材。英米語学科の4年間は、そこに到達するための必要な要素をすべて凝縮しています。

論理的思考力を兼ね備えた語学力。
説得力の高さの根底に、豊かな教養が存在する。

言葉とは相互理解を図るための道具(ツール)であり、語学力を高めることは、学びの最終目標ではありません。実社会で通用する語学スキルに加え、豊かな教養や専門性を習得し、物事を論理的かつ構造的に思考する力が、国際社会で活躍する鍵となります。その領域に達することが、英米語学科で学ぶうえでのゴールと言っても過言ではありません。
そのため、徹底した少人数教育や個別指導、習熟度別のクラス編成、専門ゼミナールなどを通して、英語で物事を考え、英語で議論・プレゼンテーションを行い、物事の本質をとらえることのできる総合的な語学力を養う点が英米語学科の特長。世界の生きた教養や専門性を身につけ、さらに世界基準の英語教育システムや留学経験を通して身につく語学力に満足することなく、会話のコンテンツ力、ロジカル・シンキング(論理的思考力)を備えることが大切です。
そして、語学を軸とした深い学びを経て培った本質的なコミュニケーション能力を、日本はもとより世界のさまざまな地域で発揮してもらいたいと考えています。

専攻紹介

どの専攻も、「世界に通じる英語教育、教養教育、コミュニケーション教育、人間教育」をさらに徹底させる教育方針を取っています。高度な Speaking・Listening・Reading・Writingの4技能運用能力のさらなる向上という英米語学科共通の目標をめざして、学生の志向において専攻を選択することができます。

英米語専攻

北米、イギリス、オセアニアを中心とする英語圏の言語、文学、芸術、社会などについて学びながら、異なる文化・社会的背景を持つ人々の考え方や行動様式についてより深く掘り下げて考えることができる、知的思考に優れた能力を身につけます。

英語コミュニケーション専攻

ことばを媒介とする人と人との情報交換による相互理解というコミュニケーション現象を多角的にとらえ、情報の発信と受容に関するスキルを習得し、目まぐるしく変化する情報化社会にいつでも柔軟に対応できる、実践的な英語能力を身につけます。

英語教育専攻

最新の英語教授法を英語で学び、教育現場でのインターンシップを組み込んだ独自性の高い国内・海外研修プログラムを通して、「人間力」「英語力」「授業力」をベースに、国際理解力を含めたグローバル時代の英語教員となるための能力を身につけます。

英米語学科についてもっと知りたい方へ

英米語学科では学科でホームページを運営しています。英米語学科についてより詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

>>英米語学科運営サイトへ(別ウィンドウで開きます)