グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

ポール アレン クレインPaul Allen CRANE


ポール アレン クレイン

教員の教育・研究活動報告

役職/職名 准教授 所属 外国語学部 英語教育学科
ふりがな ぽーる あれん くれいん 生年  
学歴 ミシガン州立大学(米国)経営学部卒業
Michigan State University / College of Business

アストン大学(英国)大学院卒業
Aston University
学位 学士 [ミシガン州立大学] Bachelor of Arts (BA) in Business Administration-Supply Chain Management with emphasis in Purchasing and Operations Management

修士 (アストン大学) 応用言語学−英語教育学 Master of Science (MSc) in Applied Linguistics and TESOL
研究分野 Teacher Development、Curriculum Design、World Englishes
Second Language Writing、Second Language Acquisition
International Service Learning
研究テーマ Teaching and Learning English as an International Language
Intercultural Communication Competency

主な研究業績

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
Texture in text: A text discourse analysis using Halliday and Hasan’s model of cohesion(結束性の分析) 2006 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第30号 pp. 131-156
Japanese Sentence Patterns for Effective Communication(日本語文型ハンドブック) 2007 “The Language Teacher” (JALT学会誌) 論 第30巻 pp. 49-50

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
Using Video Feedback To Reduce Fossilization 2000 JALT国際大会, 静岡
Shizuoka, Japan
A Community of Motivated Language Learners 2006 JALT国際大会, 北九州
Kitakyushu, Japan
How to Use Moodle in Your Classes 2008 名古屋外国語大学
学内ワークショップ
Nisshin, Japan
Conversation Strategies: Who, What, When, Why, and How 2008 名古屋外国語大学
英語教員ワークショップ
Nagoya, Japan
Rubrics for Busy Teachers 2010 名古屋外国語大学
英語教員ワークショップ
Nagoya, Japan
Developing Communicative Skills Using Input and Output Activities 2010 名古屋外国語大学
英語教員ワークショップ
Nagoya, Japan
The Power of an Integrated Curriculum Through TBLT 2011 JALT国際大会, 東京
Tokyo, Japan
X-Rated: The Explicit Teaching of Language Learning Strategies 2011 JALT Nagoya Chapter 発表会
Nagoya, Japan
Introduction to Language Learning Strategies 2012 名古屋外国語大学
英語教員ワークショップ
Nagoya, Japan
Building a Community of Practice through Curriculum Integration 2012 第9回極東英語教育国際研究集会、ウラジオストク、ロシア
Far Eastern English Language Teaching Association (FEELTA) 9th International Conference, Far Eastern Federal University, Vladivostok, Russia
「4技能の総合を目指カリキュラムによる学習効果」で本学科の英語カリキュラムについての発表
Building a Community of Practice Through Collaborative Dialogue 2013 The 5th Biennial International Conference on Task-Based Language Teaching
(TBLT 2013), University of Alberta, Canada
The Impact of International Service Learning on Students' Intercultural Communicative Competence 2014 Japan Association of College English Teachers (JACET) 53rd International Convention, Hiroshima City University, Hiroshima, Japan This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 25580141
The impact of a short- term study abroad program on the international understanding of Japanese and Korean students studying together in the U.S. 2014 The 20th Conference of the International Association of World Englishes (IAWE)
Amity University - Noida
Delhi, India
This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 25580141
The impact of non-native interactions on intercultural communication competency in the context of an international volunteer work camp in Vietnam 2015 The 21st Conference of the International Association of World Englishes (IAWE)
Boğaziçi University, Istanbul, Turkey
This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 25580141
The ICC Development of Japanese Learners 2015 2015 JALT国際大会,
Shizuoka, Japan
This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 25580141
Improving EFL learners' communication skills through volunteer work projects in Asian countries 2016 12th Annual CamTESOL Conference on English Language Teaching
Institute of Technology Cambodia
Phnom Penh, Cambodia
This work was supported by JSPS KAKENHI Grant Number 25580141

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
Integrated Content-based English Curriculum (CBEC) Co-coordinator

Academic Writing Program Coordinator
(1st year Academic Writing I/II, 2nd year Academic Writing III/IV,
3rd year Writing & Presentation I/II) as part of the Integrated Content-based English Curriculum

University English Speech Contest - Chairperson
2010 - 現在に至る

2010 - 現在に至る


2008 - 現在に至る
「自我作古」第3:海外研修特集:New Perspectives: The Australia Study Program at Australia Catholic University 平成23年3月31日
「自我作古」第4:コンテンツベースの英語カリキュラム特集: Content-based English Curriculum Course Outlines and Original Sample Teaching Materials 平成24年3月31日
「自我作古」第5:英語教育学科開設来4年間の反省:The Content-based English Curriculum (CBEC) in the Department of English Language Teaching: The First Five Years and Beyond 平成25年3月31日
「自我作古」第6:英語教員養成特集:Making a Difference in English Education: The Department of English Language Teaching at Nagoya University of Foreign Studies 平成26年3月31日

主な職務上の業績

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
Asian Youth Forum 7 – Manila, Philippines – Student Advisor 2009年12月 Asian Youth Forum
特別英語の講座「初めてEnglish!」 2011年1月 日進市教育委員会生涯
建築ボランティアーカンボチア 2011年1月 ハビタットフォーヒューマニティ、
Habitat for Humanity –
Cambodia – Volunteer
Global Passport: Global Communication Program
模擬授業実施(東海学園高等学校)
2012 - Present 高大連携プログラム

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
Teaching English to Speakers of Other Languages (TESOL), Japan Association of College English Teachers (JACET), International Association of World Englishes (IAWE), Japanese Association for Asian Englishes (JAFAE), Japan Association of Language Teachers (JALT), JALT College and University Educators SIG, JALT Teacher Development SIG

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1990年1月~1991年3月 ジョンソンコントロールズ株式会社勤務
1991年3月~1993年3月 ブルーミントンノーマルシーティングカンパニー勤務
1993年5月~1994年11月 イーオン英会話 英語講師
1995年1月~2001年2月 ECC外国語学院 英語講師、講師トレーナー
1997年4月~2002年3月 明徳短大(星城大学)
1999年4月~2002年3月 愛知医科大学 英語非常勤講師
2001年4月~2005年3月 椙山女学園大学 英語非常勤講師
2001年4月~2005年3月 名古屋短大(桜花学園大学) 英語非常勤講師
2001年4月~2005年3月 名古屋学院大学  英語非常勤講師
2001年4月~2005年3月 金城学院大学  英語非常勤講師
2001年4月~2005年3月 名古屋外国語大学  英語非常勤講師
2005年4月~2007年3月 名古屋外国語大学英米語学科  招聘講師
2010年4月~2013年3月 中京大学(国際英語学科) 英語非常勤講師

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
挑戦的萌芽研究 アジアにおける若者の国際ボランティア活動がグローバル人材育成に与える効果について 名古屋外国語大学 平成25年度~平成27年度 研究分担者

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
English Education Research Seminar I/II/III/IV

Language Learning Strategies

Academic Writing I/II/III/IV

Writing and Presentation (I/II)

Discussion and Debate (III/IV)
Department of English Language Teaching
英語教育学科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
(1) Original and custom teaching materials are used in all classes (very little use of commercially-produced textbooks)
(2) Learning Reflection Logs (LRL) for student reflection on course content learning
(3) MOODLE (online course management system) used to create a ‘blended learning environment’ for additional content input and student submission of LRL and reports
(4) All English Mode (AEM) rule in all classes to allow for maximum student input and output of English
(5) Student-centered discussion groups
(6) Seminar students research and write academic reports each semester which are collected and published in the form of a book
(7) Extensive feedback on all student output (homework and writing assignments)
(8) Extensive language input through audio-visual aids such as Powerpoint presentations, news reports, movie clips, and music