グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 世界教養学部 > 世界教養学科

世界教養学科




“世界”を立脚点として、日本を含む世界全体を幅広く学び、
世界の知見を日本に還元できる人材を育成する。

『世界教養“WorldiberalArts”』とは、世界の多元性・多文化性に立脚したグローカル(グローバル+ローカル)な「教養」のあり方を意味するものであり、グローバル化時代を生き抜くための知恵であり、次世代型の教養と言えます。そこで、世界教養学科では、“世界”に軸足を置き、日本を含む世界諸地域の言語・文化・歴史・社会などに関する幅広い教養を身につけて、世界の知見を日本に還元できる人材を育成します。また、豊かな人間性と共感力や批判的思考力、国際感覚を磨いて、世界と地域社会の人々との交流の促進や双方の平和的発展に貢献できる力を備えます。

「英語」と「複言語」の高い言語運用能力を身につける学びを根底とし、
グローカルな教養と専門的知識を備える学びを展開します。

世界教養学科は、世界共通語である“英語”を基盤とし、「英語基幹プログラム」「専攻言語プログラム」「複言語プログラム」を通して、英語と複言語による高い言語運用能力の強化を図ります。また、世界諸地域の文化、社会・経済、歴史に関する基礎的および専門的知識とその日本への還元力を、「世界教養プログラム(導入・応用)」および「世界教養ブリッジ科目」、さらには「ワールドスタディーズコース」「グローバルスタディーズコース」双方のコース科目などで総合的に習得させ、国や世代を超えて通用する「グローカル人材」を育成します。

志向に合わせて選択できる2つのコース

「ワールドスタディーズコース」

世界の多元性・地域性に着目し、世界の文化・文学・芸術などを総合的に学ぶコースです。具体的には、世界の美術・音楽・映画・メディアといった文化的な分野の教養を、さまざまな地域と時代にわたり学んでいきます。
特徴的な科目
「文学と翻訳」「芸術と社会」「表象文化と批評」
「映画とメディア」「ワールドカルチャーズ」 など

「グローバルスタディーズコース」

地球規模の越境性に着目し、人間・社会・文明などを総合的に学ぶコースです。具体的には、人間と社会、政治・経済、自然環境、宗教、ジェンダーなどをテーマに、幅広い教養と批判的思考力を磨きます。
特徴的な科目
「東アジアと世界」「グローバル共生」「地域振興とツーリズム」「文明と宗教」「心の科学」 など

世界教養学科についてもっと知りたい方へ

世界教養学科では学科でホームページを運営しています。世界教養学科についてより詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

>>世界教養学科運営サイトへ(別ウィンドウで開きます)