グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ポリシー




卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

世界教養学部では、幅広く豊かな教養を礎に、日本及び世界の諸地域の言語・文化・社会に関する高い専門性と高度な言語運用能力を身につけ、日本が抱える社会課題や世界規模の課題に対応できる豊かな共感能力と鋭利な国際感覚に裏打ちされたグローバル教養人の育成を目的とし、その実現のために各学科に編成された教育課程において学修し、所定の期間在学して卒業に必要な単位を修得した者に対し、専攻分野の名称を付記した学士の学位を授与します。
学科 学位
世界教養学科 学士(世界教養) 
国際日本学科 学士(日本語)

学修成果

■豊かな教養
世界教養学部において所定の期間在学して卒業に必要な単位を修得した者は、日本及び世界諸地域の課題に対応できる汎用的能力(情報処理力、批判的思考力・表現力・判断力)、言語運用能力(英語と日本語及び英語以外の複言語のコミュニケーション能力)、世界教養(世界の言語・文化・政治・経済・自然などに関する教養)を身につけている。

■高い専門性
世界と日本の言語・文化・歴史・社会について高度な専門知識を身につけている。

■高度な外国語運用能力
グローバル教養人に不可欠な外国語と日本語による高度なコミュニケーション能力を身につけている。

■豊かな共感能力・国際感覚
グローバル社会の中で、世界と日本を双方向的に捉え、日本語・外国語を適切に使用する知識・能力を有し、個々の状況に対する批判的な思考力と同時に、異なる文化や価値観に対する共感能力を備え、グローバル+ローカルな視野で意思伝達ができる国際感覚を身につけている。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1. 学位授与方針、人材養成の目的と整合性のとれた教育課程の編成を行います。

  1. 外国語大学にふさわしい充実した外国語教育プログラムを提供します。そのために、全学共通の「英語基幹プログラム」と「複言語プログラム」(世界教養学科においては、英語以外の10の言語から任意の1言語、国際日本学科においては、英語)に加え、学部独自の「専攻言語プログラム」で高度な言語発信力の修得を図ります。「複言語プログラム」では、11の外国語すべてにおいて初級・中級・上級の段階的履修を可能にします。
  2. 大学での学習に必要な知識と、「超スマート社会」を生き抜くための基本スキルを育成するため、「アカデミックスキルズプログラム」、「ICTプログラム」、「世界教養プログラム(導入)」を置きます。
  3. 世界教養学部の人材養成像に照らし、とくにキャリア志向の強い学生に対しては、「アカデミックスキルズプログラム」の一環としてキャリアスキルズの涵養を目的とした「Creative Presentation」科目を開設し、世界教養ジョイントプログラムの基盤科目として位置付けます。
  4. 世界教養学部では、世界に通用する教養(world liberal arts)の育成を重視します。そのために、「世界教養プログラム(応用)」のほか、学科を超え、日本及び世界諸地域の関係性に関わる基礎的な教養を学ばせる世界教養ブリッジ科目を開設します。
  5. 世界教養学科における専門教育は、「ワールドスタディーズコース」(人文系)と「グローバルスタディーズコース」(社会系)の2コースにおいて行い、スキル系、学際系の授業科目についてはこれらを共通科目と位置付けて提供します。また、キャリア意識の向上とキャリアスキルの具体的養成のために「世界人材育成プログラム」を開設します。
  6. 国際日本学科における専門教育は、「国際日本文化コース」(文化研究系)と「国際日本発信コース」(国際発信系)の2コースにて行い、キャリア意識の向上とキャリアスキルの具体的養成のために「日本語教育プログラム」を開設します。
  7. 専門教育の総仕上げとして、専門ゼミナールを開設します。世界教養学科においては、世界諸地域の言語・文化に関するゼミナール(ワールドスタディーズ系)とグローバル社会における人間・環境に関するゼミナール(グローバルスタデイーズ系)の2つの系、国際日本学科においては、「国際日本文化コース」(文化研究系)と「国際日本発信コース」(国際発信系)のゼミナールを用意します。
  8. 世界教養学科及び国際日本学科の枠を超え、世界教養学部における人材育成の理念に照らし、2つのプログラムから構成される「世界教養ジョイントプログラム」(「報道スペシャリストプログラム」、「国際協力コーディネータープログラム」)を開設します。

2. 学位授与方針に則して順次性のある体系的な教育課程を編成します。

人材養成の目的と学修成果の達成に向けて、初年次から卒業年次に至るまで、「全学共通基幹科目」、「専修科目」、「自由選択科目」及び各系列内の科目群の系統性に配慮し、順次性のある体系的な教育課程を編成します。

外国語教育プログラムは、1年次に「英語基幹プログラム科目」すべてと「専攻言語プログラム科目」の一部を学習します。2年次からは「専攻言語プログラム科目」において必要な難易度の高い読解力と表現力の訓練を行います。また、「複言語プログラム」では、11の外国語のすべてにおいて初級・中級・上級の段階的履修が可能になっています。世界教養学科では、英語以外の10の外国語、国際日本学科では、英語がその対象となります。

世界教養学部では高度教養人の育成を最大の目的としていますが、1年次にはまず「アカデミックスキルズプログラム」において大学における学びの意味と学びのための基礎的スキル、「世界教養プログラム(導入)」及び「世界教養ブリッジ科目」において日本と世界をめぐる教養を修得し、その上で2年次以降における専門科目、すなわちそれぞれ2つのコース科目に繋げます。3・4年次には、それぞれ2つの系列に属する「専門ゼミナール」において高度な研究を行います。それと同時に、「世界教養人材プログラム」、「日本語教育プログラム」によってキャリア意識の向上を目指します。

世界教養学部のコース科目については、1年次の「世界教養ブリッジ科目」の修得を通してコース選択の意欲を高め、2年次以降、それぞれのコースに分かれて学習します。専門学習を積極的に行うべき3・4年次には、学生が自ら選択したコースから10単位以上を履修します。

3. 多様な授業方法の採用や体験的な学修活動などの充実により教育方法の質的転換を図ります。

人材養成の目的に則して、講義形式の授業とともに、学生の主体的な学びを引き出すために少人数授業、習熟度別授業、双方向的・学生参加型授業、課題解決・探求型授業、ICTを活用した授業などのアクティブ・ラーニングを工夫するとともに、海外研修、海外留学、インターンシップ(国内外)、実習などの体験的な学修活動の充実を図るなど、教育方法の質的転換を図ります。また、外国人教員による授業の比率を高め、外国語学修環境を整備します。

4. シラバスの充実、充分な学修時間の確保などにより単位制度の実質化を図ります。

単位制度の実質化を図るために、シラバスに各科目の到達目標、学修内容、準備学修の内容・時間、成績評価の方法・基準などを明示するとともに、充分な学修時間を確保し、登録単位数の上限設定や授業時間外での学修指導の実施、海外留学・海外研修、インターンシップなどの単位認定を行い、学修の充実を図ります。

5. 明確な成績評価基準に従い、教育の質保証に向けた厳正で公平な成績評価の実施に努めます。

明確化された到達目標と成績評価基準に従い、厳正で公平な成績評価の実施を図るとともに、GPAなどの学修評価システムにより学修成果を組織的に評価する制度を活かして、教育の質保証に向けた成績評価の取り組みを行います。

入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  • 本学では、グローバル人材の養成に向けて、世界を舞台に活躍できる豊かな個性と人間味に溢れ、国際感覚を身につけた人材を育てることを目標にしています。そのため、4年間(編入学では、卒業まで)を通した教育課程の中で、真の国際人に必要な豊かな教養、高い専門性、高度な外国語運用能力とともに、多言語・多文化に関わる深い理解及び人間的共感力・国際感覚を身につけるように教育を行います。
    世界教養学部では、世界と日本の双方に関わる豊かな教養を礎に、世界と日本の言語・文化・歴史・社会に関する高い専門性と高度な言語運用能力を身につけ、鋭利な批判的能力と豊かな共感能力、さらには高いコミュニケーション能力の裏付けをもつ国際感覚を備えたグローバル教養人を育成します。

  • その教育を受けるためには、国際人になるための意欲・関心、外国語を学ぶ意志が必要ですが、基礎的な能力・資質も必要です。世界教養学部では、世界教養学科で英語を主専攻として、国際日本学科で英語を副専攻語として学びますが、英語を主専攻とする学科はもとより、副専攻語とする学科でも、英語力は学びの最も重要な基礎力です。そのため、「英語」はいずれの学科の入学試験においても必修科目としています。他方、日本語を主専攻語とする国際日本学科はもとより、世界教養学科においても外国語学修の基礎となる国語力は欠かせません。さらに、これらの学修を深化させていくためには、幅広い分野についての基礎学力が大変重要です。従って、世界教養学部を構成する両学科とも、専攻する言語は異なる場合があっても、共通の入学試験を採用しており、「英語」の能力が高い者を選抜することを重視しつつ、「国語」などの他教科の基礎学力についても充分配慮して、入学者選抜を実施します。

本学での選抜方法

【一般入試】
英語・国語を中心とする個別学力検査並びにセンター試験の利用、また、その両者を組み合わせることで、教科・科目の学修能力を多面的・総合的に評価する試験
  • 前期A方式、前期M3方式、前期M2方式、前期プラスセンター方式、センター利用前期(3教科・5教科)・後期(2教科)、後期の各試験
【推薦入試】
推薦基準(評定平均値<全体・外国語>、取得資格など)による出願資格を満たす者を対象に、調査書(一般公募推薦、指定校推薦)・適性検査(一般公募推薦)・面接(指定校推薦)による選抜
  • 一般公募推薦、指定校推薦の選抜方式
【特別選抜入試】
資格取得、言語・異文化・国際社会への関心、海外での学修歴を有する者などを対象とし、適性検査(複数教科を統合した総合問題を含む)・小論文・面接などを組み合わせ、評価する選抜
  • 英語等有資格型、国際社会志向型、世界人材志向型(世界教養学科)、発信コミュニケーション型(国際日本学科)、海外帰国生徒特別選抜、外国人留学生特別選抜などの選抜方式

そこで、次のような人の受験を期待します

  • 学ぶ意志と意欲をもち、そのために必要な英語力・国語力などの基礎学力がある人
  • 言葉(外国語・日本語)への強い関心がある人
  • 言葉を通して人への関心、グローバル社会に関心がある人
  • 日本及び世界諸地域の言語・文化・歴史・社会について豊かな教養を身につけたい人
  • 日本語及び英語の高度なコミュニケーション能力を身につけたい人
  • 豊かな人間性・共感能力、国際感覚を身につけ、グローバル社会で活躍したい人
学ぼうとする意欲、人へのやさしさ、社会への参加意識をもって入学してきて欲しいと期待します。