グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 世界教養学部 > 国際日本学科

国際日本学科




“日本”を立脚点として、日本と世界を複眼的に学び、
日本の魅力を世界に発信できる人材を育成する。

日本はこれから、今まで以上に外国にルーツを持つ人たちが増え、多言語化、多文化化、さらに、複言語化、複文化化が進み、日本全体が共生社会になっていく新たな時代を迎えようとしています。そのためには、国内の地域と世界の両方に目を向け、ローカル、かつグローバルに活躍する人材を育成することが必要です。国際日本学科では軸足を“日本”に置きながら、日本と世界に関する豊かな教養を身につけ、世界の知見を学び、日本の魅力を世界に発信できる人材を育成します。また、他者に対する共感力や、高度な言語能力を駆使したプレゼンテーション能力、よりよい人間関係を構築する対話力を身につけ、日本と世界の平和的共生に貢献できる力を備えます。

"日本語"と"英語"の双方に高い運用能力を身につける学びを根底とし、
グローカルな教養と専門的知識を備える学びを展開します。

国際日本学科では、専攻言語を“日本語”とし、「専攻言語プログラム(日本語)」「英語基幹プログラム」「複言語プログラム(国際日本学科の場合は英語が必修)」を通して、日本語と外国語(英語)による高い言語運用能力の強化を図ります。また、日本文化全般および日本を軸とする国際文化の基礎・専門知識、そして日本文化の発信力を「世界教養プログラム(導入・応用)」および「世界教養ブリッジ科目」、さらには「国際日本文化コース」「国際日本発信コース」双方のコース科目などで総合的に修得します。国際日本学科では、日本と世界の人々の交流を活性化させ、ひいては少子高齢化時代における日本の発展に新たな活路を拓く人材を育成します。

志向に合わせて選択できる2つのコース

「国際日本文化コース」

日本という国を、その歴史、文化、文学、伝統芸能などの異なる視点から客観的に眺め、日本に関する文化的・社会的な知識を深めることができるコースです。今まで身につけた断片的な知識を整理し、より大きな視点から日本を見つめ直します。
特徴的な科目
「現代日本の成立」「日本の伝統芸術」「現代日本の文学」「国際日本文化史」「日本語の文体」 など

「国際日本発信コース」

世界から見た日本を立脚点として、「日本人のコミュニケーション」「異文化の人たちとのコミュニケーション」「ジャーナリズム」「論説・評論」「日本を世界に紹介する英語力」「対話力(対人能力)」の養成を行います。
特徴的な科目
「日本の国際イメージ」「異文化間コミュニケーション」「日本語ジャーナリズム」「論説・評論」「日本観光英語」 など