グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



前期課程は本学外国語学部、現代国際学部、世界共生学部及び世界教養学部にまたがる修士課程として設置しています。
カリキュラムは、学部の学習課程を考慮して、英語・日本語及びグローバルコミュニケーションと広範な分野に亘っていますが、研究志向及び就職分野をより明確にすることを意図して、専攻に下記の3コース2プログラムを設け、高い教養と優れたコミュニケーション能力に基づいた学際的で豊かな研究能力を備えた人材育成を目的としています。


また、リクルート大学&大学院.netでは、博士前期課程の社会人在学生インタビューが見られます。
コース 取得できる学位
英語・英語教育コース(英語・英語教育プログラム) 修士(英語・英語教育)
英語・英語教育コース(英語教授法(TESOL)プログラム) 修士(英語・英語教育)
日本語・日本語教育コース 修士(日本語・日本語教育)
グローバルコミュニケーションコース 修士(国際文化)

英語・英語教育コース(英語・英語教育プログラム)

本プログラムには、英語言語学、英語文学、英語教育の3つの領域があります。最初の英語言語学は、音声学・音韻論、統語論、意味論、語用論、 語彙論等、現代理論言語学の主な領域をカバーし、英語文学は、英語圏文学の作品研究や作家研究、またそれらが背景とする社会や文化の研究を含みます。そして英語教育は、英語教育の方法論、指導論や評価論、さらに第二言語習得研究等の応用言語学分野を含みます。
本プログラムでは、英語コミュニケーションを専門とする研究者、広い視野と深い学識を備えた高度職業人専門家、卓越した専門性をもつ語学教師を育てることを目指しています。

日本語・日本語教育コース

言語学・日本語学、日本語教育学、日本文学・日本文化学の3領域に関する幅広い知識をもとに、グローバル社会や多文化共生社会に貢献できることばと文化の専門家を育成し、同時に、日本語教育の高度専門職業人養成という社会の要請に応えることを目指します。
 言語学・日本語学領域においては、言語の普遍性と個別性を学ぶとともに、日本語の様々な諸領域(文法、音声、談話、語用など)を客観的に観察、分析します。日本語教育学の領域では、学習者の多様性に応じた日本語教育実践、言語習得理論、第二言語としての日本語の習得研究、日本語の評価法などを研究します。日本文学・日本文化学領域においては、文化の要素、日本文化の位置づけ、文化の接触・受容・変容・進化、日韓の大衆文化についての知見を得て、日本文化学ならびに日本文学研究の意義を見出します。

グローバルコミュニケーションコース

国際社会で活躍する専門的知見を有するグローバル職業人の育成を目指します。世界の言語・文化・社会・情報などについて文理の枠を超えた視点からグローバル教養を修得し、多様な文化的背景をもつ人々との相互理解を図る多文化理解力を涵養するとともに、世界に向けて情報発信を的確に行う高度なコミュニケーション能力を養成します。外務省職員、国際公務員、国連職員、国際ジャーナリスト等への就職を念頭に、外交官、外務省在外公館専門調査員などの各種資格試験にも積極的にチャレンジするコースです。


英語・英語教育コース(英語教授法(TESOL)プログラム)

中学校、高校、英会話学校(個人教授を除く)等の英語教師(外国人教師・ALTを含む)を対象とした社会人対象コースとして、2007年4月に設置されました。生徒の実践的コミュ二ケーション能力の育成のための英語教師の指導能力の向上を目的としています。
 講義科目は、それぞれの教育現場の状況やそこで学ぶ生徒に合った指導法を開発するためのアクションリサーチ及び研究発表など現場教員のニーズに応える実践的な科目で、すべて英語により行われます。
 土曜日や夏季休暇中の集中講義、Webによる個別指導、名古屋中心部(新栄)の教室での開講など現職教師が学びやすい環境を整えており、Hawaii Pacific University、The University of Newcastle(オーストラリア)及びGriffith University(オ-ストラリア)の大学院TESOLコースへ1年間の交換留学ができます(留学費用全額支援制度あり)。

科目等履修生制度

本コースは、大学院入学前に5科目(10単位)まで科目等履修が可能であり、科目等履修生として修得した単位は、本大学院入学後、10単位まで修了要件に必要な単位として算入されます。
また、大学院入学後、科目等履修のために支払われた検定料・入学金・入学後単位認定された科目の履修料は、全額2年次の授業料の一部に充当されます。よって、2年間の学費で3年間の受講が可能になります。

科目等履修制度を利用することにより、タイムスケジュール、授業内容、レベル等の入学後の不安が解消でき、正規入学後、授業にスムーズに入れるだけでなく、仕事を続けながら大学院で学ぼうとする社会人にとっては、事前に仕事との両立のペースを把握することができるため、正規入学の準備期間(試用期間)とすることができます。
This MA program focuses on site-based application of learning toward the development of curriculum and teaching methods. Much research has shown that traditional professional development programs have little impact on teachers’ practices because teachers do not have opportunities to apply what they have learned to their own classes. This program features a component of action research so that participants can integrate theory and practice. For this purpose, university teachers will be fully involved in this program, including site-based visits and consultations concerning curriculum development and teaching methods.

Non-degree students course
If you are a non-degree student before entering the program, the amount of money you paid in that period is deducted from the tuition of the second year. Credits you earned as a non-degree student will be transferred to this program. It means you can take this course for three years with the tuition of two years.

1. More information
2. For application forms

Contact:Administrative Office of Graduate School
Phone:0561-75-1740