グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

加藤 有子Ariko KATO


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 准教授 所属 外国語学部 世界教養学科
ふりがな かとう ありこ 生年  
学歴 2008年3月 東京大学総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程単位取得退学 
2000年3月 東京大学総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース修士課程修了
1998年3月 東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業
学位 2010年 博士(学術) 東京大学
2000年 修士(学術) 東京大学
1998年 学士(文学) 東京大学
研究分野 ポーランド文学・文化、表象文化論
研究テーマ 20世紀ポーランド・中東欧の前衛芸術・文学; ホロコーストや戦争の記憶; ポーランド・ウクライナ国境地帯(ガリツィア)の文化

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
『東欧の想像力―現代東欧文学ガイド』 2016年1月 松籟社 奥彩子、西成彦、沼野充義編
担当「ポーランド」(41-47)、「ブルーノ・シュルツ」(50-51)、「アンジェイ・スタシュク」(67)
Incarnations of Material Textuality: From Modernism to Liberature 2014年10月 Newcastle upon Tyne: Cambridge Scholars Publishing Katarzyna Bazarnik and Izabela Curyllo-Klag (eds.)
Bruno Schulz jako filozof i teoretyk literatury: Materiały V Międzynarodowego Festywalu Brunona Schulza w Drohobyczu 2014年 Drohobycz: Polonistyczne Centrum Naukowo-Informacyjne im. I.Menioka Państwowego Uniwersytetu Pedagogicznego im. I. Franki w Drohobyczu Wiera Meniok (ed.)
ブルーノ・シュルツの世界 2013年11月 成文社 加藤有子編

ブルーノ・シュルツ―目から手へ
2012年3月 水声社
ユーラシア世界―第二巻ディアスポラ論 2012年 東京大学出版会
Białe plamy w schulzologii 2010年 Lublin: Wydawnictwo KUL Małgorzata Kitowska-Łysiak (ed.)
Inspiracje Schulzowskie w literaturze: Materiały naukowe IV Międzynarodowego Festiwalu Brunona Schulza w Drohobyczu 2010年 Drohobycz, Ukraine: Polonistyczne Centrum Naukowo-Informacyjne im. I. Menioka Państwowego Uniwersytetu Pedagogicznego im. Iwana Franki w Drohobyczu Wiera Meniok (ed.)
(Un)masking Bruno Schulz: New Combinations, Further Fragmentations, Ultimate Reintegrations 2009年10月 New York and Amstrerdam: Rodopi D. De Bruyn & K. Van Heuckelom (eds.)
岩波世界人名大辞典 2013年12月 岩波書店 ポーランド文学人名共同担当
ゾフィア・ナウコフスカ『メダリオン』 2015年12月 松籟社 翻訳(単訳)
ピーター・M・デイリー編『エンブレムの宇宙―西欧図像学の誕生と発展と精華』伊藤博明監訳 2013年11月 ありな書房 翻訳(単訳):12章ヤヌシュ・ペルツ「ポーランドのエンブレム」
アンジェイ・スタシュク「ババダグに向かって (抄訳)」『石井光太責任編集ノンフィクション新世紀』所収
河出書房新社 2012年8月
2012年 河出書房新社 翻訳(単訳)
関口時正・沼野充義編『チェスワフ・ミウォシュ詩集』 2011年 成文社 翻訳(単訳):「これ」ほか9篇
ボリス・ヴォズニツキ 編・解説『ピンゼル』 2011年10月 未知谷 翻訳(単訳)
デボラ・フォーゲル「アカシアは花咲く」『モンキービジネス』7号 2009年 ヴィレッジブックス 翻訳(単訳)
アンジェイ・スタシュク「場所」(『ガリツィア物語』より)飯島周・小原雅俊編『ポケットのなかの東欧文学』諸州 2006年11月 成文社 翻訳(単訳)
スタニスワフ・レム『高い城・文学エッセイ』 2004年 国書刊行会 翻訳(単訳):「ツヴェタン・トドロフの幻想的な文学理論」、「ロリータ、あるいはスタヴローギンとベアトリーチェ」、「A&Bストルガツキー『ストーカー』論

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
Awangarda i tradycja. Wizja Lwowa hybrydycznego w
„Sygnałach” i działalność artystów żydowskich Zrzeszenia Artystów Plastyków „artes"
2017年10月 Montaże.
Debora Vogel i nowa legenda miasta (Łódź: Muzeum Sztuki w Łodzi, 2017)
253-260.
Rewriting Europe: The Central Europe of Yuri Andrukhovych and Andrzej Stasiuk, 2016年3月 Slavic Eurasian Studies 30: Perspectives on Contemporary East European Literature: Beyond National and Regional Frames 91-102.
Eduard Fuchs i Bruno Schulz 2017年2月 Schulz/Forum 7 https://www.dropbox.com/s/us5stx67ga8eif2/SchulzForum7.pdf?dl=0
カントル『死の教室』とヴィトカツィ『脳腫瘍氏』-ホロコーストの物語として 2016年7月 『タデウシュ・カントル生誕100周年記念事業記録集』
Schulz i Lille 2014年 Schulz / Forum 3
ポーランド・ウクライナ国境地帯からみた「ヨーロッパ」-ユーリィ・アンドルホヴィチとアンジェイ・スタシュクの中欧論 2014年6月 『現代思想』42(10)
ポーランド都市部におけるホロコーストの記憶の現在形―ポーランド・ユダヤ人の歴史博物館からバウカ《アウシュヴィッツヴィエリチカ》まで 2014年6月 『チェマダン』4
顔のない肖像画―ナボコフ「ラ・ヴェネツィアーナ」 2014年3月 東京大学文学部現代文芸論研究室論集『れにくさ』5号
A kőnyv mint az irás és a rajz toposza: Bruno Schulz illusztrációi a Szanatórium a Homokóráhoy cimü kőtetében 2012年7月 Balkon (Budapest, Hungary) trans. Kovacs Edit
物語/歴史の操作――ジョナサン・サフラン・フォアの小説の視覚的要素 2012年3月 東京大学文学部現代文芸論研究室論集『れにくさ』3号
物語/歴史と祖型―ブルーノ・シュルツの小説にみられるドイツ語圏の同時代作家の『影響』再考(マン、カフカ、ロート、クービン) 2011年 西スラヴ学論集 (14)
イメージ、テクスト、書物―ブルーノ・シュルツの『砂時計の下のサナトリウム』の挿絵と『偶像賛美の書』 2010年 スラヴ研究 (57)
ブルーノ・シュルツ『偶像賛美の書』とザッヘル=マゾッホ『毛皮を着たヴィーナス』―マゾヒストの身振り、あるいは創作の作法 2010年 東京大学文学部現代文芸論研究室論集『れにくさ』2号
ブルーノ・シュルツの〈書物〉について 2009年 西スラヴ学論集 (12)
Żółte niebezpieczeństwo 2008年 Midrasz (Warsaw, Poland) (6) trans. P. Paziński
W galicyjskim tyglu. Wizja Galicji wielokulturowej w środowisku literacko-artystycznym skupionym wokół czaspomisma Sygnały 2007年 Obóz (Warsaw, Poland) (44)
デボラ・フォーゲル『アカシアが花咲く-モンタージュ』考察-1930年代ルヴッフの造形美術家集団アルテスとの関係 2006年 西スラヴ学論集 (9)

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
書かれた/描かれたピウスツキ――ユダヤ系雑誌・新聞、切手、
博物館
2017年9月30日 シンポジウム『ユゼフ・ピウスツキ――様々な肖像』(JICA地球ひろば、東京)
Recepcja Holokaustu w Japonii w kontekście zrzucenia bomby
atomowej na Hiroszimę-Nagasaki oraz zbrodni armii japońskiej
2017年6月8日 Jewish Historical Institute (Warsaw, Poland)
Falling Persons and a Polish Context of the Holocaust:
Rereading Zofia Nałkowska’s Medallions and the Photographs of The Stroop Report
2017年5月31日 The
Afterlife of the Shoah in Central Eastern European Cultures: Concepts, Problems, and the
Aesthetic of Postcatastrophic Narration (Hamburg University, Germany)
Recepcja Holokaustu w Japonii w perspektywie porównawczej:
Auschwitz-Nankin-Hiroszima
2017年1月31日 Seminarium Zespółu Badań nad Literaturą Zagłady (Polish Academy of Sciences, Warsaw, Poland)
Manga, taniec, przekłady japońskie 2016年11月18日 Schulz – słownik mówiony (University of Gdańsk)
O Brunonie Schulzu i nie tylko...
2016年11月8日 Bruno4ever (Lublin, Poland)
Nieznana wersja Palę Paryż Brunona Jasieńskiego 2016年6月24日 VI Światowy Kongres Polonistów (U of Silesia, Katowice, Poland)
Motyw ręki u Schulza i Rilkego 2016年6月7日 VII International Festival of Bruno Schulz (Drohobycz, Ukraine)
ガリツィアの文化的複層性―彫刻家ピンゼルを手がかりに 2015年12月12日 2015年度フォーラム・ポーランド会議《ポーランドと隣人たち》第2回(青山学院大学アスタジオ)
カントルとヴィトカツィ―ヴィトカツィ原作作品をめぐって 2015年11月14日 タデウシュ・カントル生誕100周年記念展「死の劇場―カントルへのオマージュ」シンポジウムpart2「カントルと各文化圏における文学・演劇(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA)
An Unknown Version of Bruno Jasienski's I Burn Paris 2015年8月8日 ICCEES IX World Congress 2015 in Makuhari (Kanda U of International Studies)
Rewriting Europe: The Central Europe of Yuri Andrukhovych and Andrzej Stasiuk 2014年9月 International Symposium: Images of East European Literature: The Variable and Invariable in the Past and Present (Rikkyo U, Tokyo)
ポーランド・ウクライナ国境地帯の文学・美術と境界―ユダヤ人の動きを軸に 2013年10月 ロシア東欧学会第42回研究大会 (津田塾大学)
The Representation of Hands in Schulz and Rilke 2013年3月 Schulz lu et interprété en Europe Centrale : entre modernisme et modernité. Poétique, réception, regards croisés (INALCO, Sorbonne, Paris)
Bruno Schulz's Manipulation of Myths: “The Age of Genius” 2012年11月 Bruno Schulz, 1892-1942: Interdisciplinary Reassessments (U of Chicago)
Book as a New Genre: The Book Illustrations and Bookplates of Bruno Schulz 2012年9月 Third Biannual conference of the European Network for Avant-Garde and Modernism Studies (EAM) (Kent U)
Bruno Schulz i morfologia Goethego. Motyw transformacji w prozie Schulza 2012年9月 International Conference "Bruno Schulz as a philosopher and theoretitian of literature," Drohobycz (Ukraine)
両大戦間期ガリツィアの文芸界とユダヤ人 2012年7月 シリーズ「ユーラシア世界」刊行記念シンポジウム「ユーラシア研究の新しい地平」(東京大学)
両大戦間期ポーランド文学とドイツ文学 2012年6月 日本スラヴ学研究会発足記念シンポジウム(東京大学)
Dialogues with 'Authorities' in the Prose of Bruno Schulz 2011年11月 ASEEES (Association for Slavic, East European, and Eurasian Studies), Washington DC
目から手へ―ブルーノ・シュルツの短編「天才的な時代」と目、手、足 2011年6月 西スラヴ学研究会(立教大学)
Księga jako topos pisania i rysowania. Ilustracje Brunona Schulza do Sanatorium pod klepsydrą [ 2010年5月 IV International Bruno Schulz Festival, International Conference (Drohobycz, Ukraine)
大戦間期ルヴフの文芸界における東ガリツィアの多文化性への対応―1930年代のポーランド語雑誌『シグナウィ』を中心に 2009年1月 地域研究コンソーシアム次世代ワークショップ「人文学的アプローチによるポーランド地域主義研究」(東京大学)
“The Future Europe in the prose of Polish ex-Futurists and the Discourse of the “Yellow Peril”: Bruno Jasieński, Aleksander Wat” 2008年5月 EAM (European Network for Avant-Garde and Modernism Studies) Conference, Europa! Europa? (Gent U, Belgium)
Obraz i Księga. O autoreferencyjności w twórczości Brunona Schulza 2007年11月 Schulzowska jesień, Białe plamy w schulzologii (Lublin, Poland)
The Early Graphic Works of Bruno Schulz and Sacher-Masoch’s Venus in Furs 2007年5月 International Conference, The World of Bruno Schulz / Bruno Schulz and the World (Leuven, Belgium)
W galicyjskim tyglu. Wizja Galicji wielokulturowej w środowisku literacko-artystycznym skupionym wokół czasopisma Sygnały 2006年6月 homo utopicus, terra utopica (Przemyśl, Poland)

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
学芸員資格 1998年3月 東京大学

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
客員研究員 2016年9月~2017年9月 ポーランド科学アカデミー文学研究所
共同研究員 2015年4月~ 北海道大学スラヴ・ユーラシア研究センター
客員研究員 2013年4月~ 中央大学人文科学研究所

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本スラヴ学研究会
表象文化論学会

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
Schulz/Forum 編集委員 2012年9月~現在
日本スラヴ学研究会 会計 2013年10月~2015年6月
表象文化論学会 編集委員 2012年10月~2016年6月
日本スラヴ学研究会 企画編集委員 2013年6月~2017年6月

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
2010年4月~2014年3月 東京大学 文学部・人文社会系研究科 助教
2008年4月~2010年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)/東京大学

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
第4回表象文化論学会賞  『ブルーノ・シュルツ―目から手へ』 2013年6月

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
科研費・国際共同研究加速基金(国際共同研究強化) ポーランドの文学、美術、公共空間におけるホロコーストの記憶のジャンル横断的研究 名古屋外国語大学 2016~2018年度
科研費・若手研究(B)
代表者
ポーランドの文学、美術、公共空間におけるホロコーストの記憶のジャンル横断的研究 名古屋外国語大学 2015~2017年度予定
科研費・基盤研究(B)
分担者
東欧文学の多言語的トポスをめぐる研究 代表者:井上暁子・熊本大学 2015~2018年度予定
科研費・若手研究(B)
代表者
大戦間期ガリツィアのポーランド系ユダヤ人作家、画家の芸術思想的系譜とモダニティ 東京大学 2011~2014年度
科研費・基盤研究(B)
分担者
東欧文学における「東」のイメージに関する研究 代表者:阿部賢一・立教大学 2012~2014年度
科研費・基盤研究(A)
分担者
越境と変容―グローバル化時代におけるスラヴ・ユーラシア研究の超域的枠組みを求めて 代表者:沼野充義・東京大学 2013~2017年度予定
科研費・基盤研究(B)
分担者
グローバル化時代における文化的アイデンティティと新たな世界文学カノンの形成 代表者:沼野充義・東京大学 2010~2012年度
科研費・特別研究員奨励費・代表者 大戦間期ポーランド領ルヴフのアヴァンギャルド―枠組み提起と「新しいリアリズム」考 東京大学 2008-2009年度

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
ドイツ語初級B-1 外国語学部、現代国際学部、世界共生学部
ドイツ語初級B-2 外国語学部、現代国際学部、世界共生学部
世界の美術と音楽 外国語学部・世界教養学科
絵画から世界をみる 外国語学部
スラヴ・ユーラシア研究B 外国語学部
異文化接触A 外国語学部
日本理解の方法 外国語学部