グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




地域交流・公開講座

お知らせ Announcement

2016年度のワークショップの詳細が決まりました。どなたでも参加できます。実践的なアイデアを一緒に考えましょう。詳細は下記の案内をご覧ください。年間スケジュールはここです。初めての方はここから登録して下さい。

また、「第16回名古屋外国語大学英語教員ワークショップ」(2016年度)は第15回に引き続き、愛知県、三重県、岐阜県、静岡県の各教育委員会から後援を受けました。

We'll have monthly workshop in 2016. Please register first from here. The annual schedule is here.
NUFS Workshop 2016 is officially supported by Board of Educations of Aichi, Gifu, Mie and Shizuoka Prefecture.

NUFS Workshop 2016 案内


次回のワークショップ Next Workshop

Workshop on May 14

<6月のワークショップ Workshop in June>

<日時 Date & Time>
6月11日(土) June 11, 2016,
10:30-14:30 : 第1部 Workshop (講師による講義及び実践活動の体験 Lecture and experience of activities)
14:30-17:00 : 第2部 AR session (アクションリサーチについてのグループディスカッション。見学は自由 Group discussion on Action Research)

<場所 Venue>
名古屋NSCカレッジ (名古屋市中区新栄1丁目9-6) 南館3階 A-31教室
Nagoya NSC College (1-9-6, Shin-sakae, Naka-Ward, Nagoya) Building Minami, Room A-31(3F)

名古屋市営地下鉄東山線「新栄町」1番出口より徒歩5分 詳細地図はここ またはGoogle mapをご覧ください。
Five-minute walk from Shinsakae-machi of Subway, Higashiyama Line. Detailed map is here and here (Google map).
    
<講師 Instructor>
Tim Murphey (神田外語大学 Kanda University of International Studies)

<内容 Title>
"Socially Scaffolding Singing Alignments at the Interface of Music, Mind, and Language”

<概要 Abstract>
I provide evidence for positively using conversational songlets in our educational endeavors to align people for more bonding, learning, and agency (Murphey, 2014). Singing and emotions in these senses go hand in hand and produce motor empathy and bonding creating a rich social ecology for language learning.
Linguistically, students learn lots of vocabulary and idioms, blended speech, time-stress accentuation, and how meanings can be constructed from vague communication. Socially, many learn that singing with others is not so embarrassing and that the songlets can help them remember important aspects of life, often coming from positive psychology.

<参加費 Admission>
参加費は無料です。Admission is free.

<参加申込方法 Reservation>
どなたでも参加できます。初めての方はここから登録して下さい。登録済みの方は杉浦(chiha143@nufs.ac.jp)へ参加申し込みのメールを送って下さい。
To make a reservation, please send an email to Chihaya(chiha143@nufs.ac.jp) if you have already registered. If you haven't, please click here to sign up.

<お問い合わせ Contact information>
e-mail(杉浦): chiha143@nufs.ac.jp
0561-75-2044(事務局)、0561-75-1722(大学庶務課),

NSCへのアクセスマップ Access Map to NSC College(Bldg. Minami)


「アクションリサーチ実践集2015」 Action Research Report 2015

アクションリサーチ実践集2015が出来上がりました。15名の小学校・中学校・高校・大学の教師のアクションリサーチ実践集です。ご希望の方はお申し出ください。ワークショップ開催会場で無料でお渡しします。郵送も可能です。

Action Research Report 2015 is available for free. 15 teachers of elementary, junior high, high school and university completed their own action research project. Let me know if you'd like one.

「英語授業を変えるパフォーマンステスト」(DVD)のお知らせ

ワークショップのコーディネータである佐藤一嘉教授が監修・解説する「アクション・リサーチから学ぶ英語教授法シリーズ」から福元有希美先生による「中学校におけるパフォーマンステストの実践」、奥田紀子先生による「高等学校におけるパフォーマンステストの実践」がジャパンライムより刊行されました。
明治図書から刊行されている「英語授業を変えるパフォーマンステスト」(中学1年・2年・3年・高校)の実践が収録されています。またワークシートと評価表の資料がPDFでデータとして添付されていて、大変役に立つDVDです。

【サンプルムービーはこちら

<目次>
①中学校におけるパフォーマンステストの実践
 -アクションリサーチについて
 -パフォーマンステストについて
 -パフォーマンステストの導入
 -パフォーマンステストを行うための授業案
 -福元先生の実際の授業(一部)
 -年間計画
 -アクションリサーチの結果
 -まとめ(パフォーマンステストを成功させるために:対談)

②高等学校におけるパフォーマンステストの実践
 -アクションリサーチについて
 -パフォーマンステストについて
 -パフォーマンステストの導入
 -パフォーマンステストを行うための授業案
 -年間計画
 -アクションリサーチの結果
 -まとめ(パフォーマンステストを成功させるために:対談)


「アクション・リサーチから学ぶ英語教授法シリーズ」にはすでに以下のDVDがあります。
*「コミュニカティブ・ライティング」高橋恵子先生(高校)
*「フォーカス・オン・フォーム」石飛典子先生(中学校)/ 久代美和子先生(高校)
*「スキルインテグレーション 4技能の統合」平野充先生(高校)

これらのDVDはワークショップライブラリから借りることができます。

The organizer of NUFS workshop, Prof. Sato and our members, Ms. Yukimi Fukumoto, Ms. Noriko Okuda, Mr. Mitsuru Hirano, Ms. Noriko Ishitobi, Ms. Miwako Kushiro and Ms. Keiko Takahashi have released wonderful DVDs which show how action research or performance tests works showing model lessons and the result in detail. (These DVDs are in Japanese.)

「ワーク&評価表ですぐに使える!英語授業を変えるパフォーマンス・テスト」発売中

佐藤一嘉教授の編著による「ワーク&評価表ですぐに使える!英語授業を変えるパフォーマンス・テスト」(中学1年)(中学2年)(中学3年)(高校)の4種類が明治図書より発売になりました。

パフォーマンス・テストの実践報告に加えて、ワークシート、テスト用シート、さらに評価表も掲載されているうえ、ホームページからダウンロードして自由に修正して使用することもできます。

パフォーマンス・テストを導入することによって授業が変わり、生徒が変わります。

ワークショップの開催会場で、または下記等で購入できます。

明治図書 
アマゾン

「ワーク&評価表ですぐに使える!英語授業を変えるパフォーマンス・テスト」(中学1年)の一部

「ワーク&評価表ですぐに使える!英語授業を変えるパフォーマンス・テスト」(中学2年)

「ワーク&評価表ですぐに使える!英語授業を変えるパフォーマンス・テスト」(中学3年)

「ワーク&評価表ですぐに使える!英語授業を変えるパフォーマンス・テスト」(高校)

"How to increase the Amount of English in your English Classes"

2010年のサマーワークショップでは
"How to Increase the Amount of English in your English Classes".
というタイトルでした。

Summer Workshop in 2010

Three Principles and Seven Techniques