グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > CLOSEUPS > 現代国際学部の新たな出発のために

現代国際学部の新たな出発のために



現代国際学部の新たな出発のために
現代国際学部長 奥田隆男
2020年度のコロナ禍は、大学教育のあり方の再考を迫る経験でした。この経験を踏まえ、現代英語学科、グローバルビジネス学科、国際教養学科の3学科からなる現代国際学部は学部の方向性を再確認するとともに、新たなカリキュラムの編成に向けて歩み出しています。
本学部はこれまで、語学力育成をベースにしたキャリア教育を柱としてきました。キャリアを築き上げていくためには、何よりも自分で考え行動する力が必要です。その力をつけるための教育を専任教員が責任を持って行う態勢をとってきました。今後この方向性をさらに徹底します。22年度実施予定の新カリキュラムでは、1年次から4年次まで専任教員がセミナー科目を中心とした少人数クラスを指導します。さらに、新たな潮流に対応するため、データサイエンス、AIに関する科目を各学科の専門内容に応じた形で設置します。
学生の皆さん、一人一人の個性に応じたキャリア教育をこれからも現代国際学部は行っていきます。