グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 現代国際学特殊講義 > 現代国際学特殊講義B > 現代国際学特殊講義B 2018年度1期 > 第7回「多様性に富む社会:カナダが経験しているもの」在日カナダ大使館首席公使

第7回「多様性に富む社会:カナダが経験しているもの」在日カナダ大使館首席公使



現代国際学特殊講義B(2018年7月9日)講師:ナディア・ブルジェー氏
在日カナダ大使館首席公使
CIS Special Lecture B (2018.7.9) Guest speaker: Minister and Deputy Head of Mission Ms. Nadia Burger
Title:A Diverse Society, the Canadian Experience
演題「多様性に富む社会:カナダが経験しているもの」



Ms. Nadia Burger, a Canadian diplomat, and Mr. Ikuo Kameyama, NUFS President,
discussed Canada’s diversity and inclusion policies, including with respect to Indigenous peoples.ナディア・ブルジェーカナダ大使館首席公使は名古屋外国語大学の亀山郁夫学長と、カナダの多様性と先住民族に関するものを含む、インクルージョン政策について議論した。

Canada’s economy remains strong even though its population is aging. Canada’s experience with immigration is very positive and a source of Canada’s success.カナダの人口は高齢化しているにもかかわらず、カナダ経済は堅調である。カナダは移民政策については大変積極的で、それがカナダの成功の源である。

Many people think of Canada in terms of its natural beauty, but the lecture focused on three important aspects of Canada and its polices:
immigration, gender equality and Indigenous people. In Canada, Indigenous peoples and their voices are important. Canada’s prime minister has publicly apologized to Indigenous Peoples for mistakes of the past. The Canadian government is committed to a renewed relationship with
Indigenous Peoples, one based on the recognition of rights, respect, co-operation, and partnership.多くの人はカナダというと自然の美しさと結びつけると思いますが、今日の講義は、カナダとその民族の三つの重要な側面に焦点を絞りました。移民、男女間の平等に関する問題、先住民の問題です。カナダでは、先住民とその声は重要です。カナダの首相は公の場でカナダという国家がおかした過去の過ちについて公の場で謝罪しました。カナダ政府は先住民の権利、敬意、協力、連携の認識を基に、先住民との新たな関係づくりを約束しています。

Ms. Burger was pleased to answer more than 10 questions not only from citizens of Nagakute but students of NUFS. She was impressed by the quality of the well-researched questions. She had engaging conversations with NUFs students after the lecture. ブルジェーさんは10個以上の質問が学生や市民らから出て喜んでいた。事前研究の成果か、質問の内容に感心した。講義の後、学生と談笑。

Student Report1(吉田純菜さん、国際教養科2年生)

今回、カナダについての講義を聴いて、カナダはとても進んでいる国であり、どんな国よりも移民に対して寛容な国であるということがわかった。また、女性の社会進出に関しては日本よりもはるかに進んでいると言える。それは内閣の閣僚の半数を女性が占めていることである。日本で、最近になりやっと少しずつ女性の国会議員が増え始めているところ、カナダでは女性が政権に対しても大きな役割を担っていることがわかる。
 次に、移民に対する受け入れ態勢についてで、カナダでは人種の異なる人達がカナダという同じ国に住んでいる。その多くはアジアから来た人たちで、つまり、カナダでは様々な国の言語や宗教が使われていることになる。私が事前に調べたときにもそのことについてはよく取り上げられており、宗教の違いから問題が起こることもしばしばあった。私はこの講義で講師に対し、小学校での教育と宗教の問題について尋ねた。一昨年、性教育のやり方がある宗教では認められておらず、地方の政府と市民の間で抗議が起こったからだ。しかし、講師はこのようなことは一部の地域のみで、今は教育と宗教に関して問題はないと述べていた。さらに、異なる宗教をもつ人たちに対して、自分たちで学校を選べる制度があり、カトリックの学校、仏教の学校、など自分の信仰する宗教の学校に行けるようにしているとも述べていた。この策に対し、私はとても驚嘆した。日本ではそういうような選べる仕組みはないからである。日本が移民、難民の受け入れをほとんどしていないことが関係しているが、カナダのように、国民だけでなく、移民に対してもこれほど手厚くサポートするのは、国としての経済的余裕がなければ難しいことだと私は思った。また、宗教や移民の点で他の受け入れ国よりも問題や争いが少ないことから、安全な国であること、異なる人たちに対する差別が少ないことも言えるだろう。
 しかし、カナダではある問題も起きている。それは日本で現在起きている高齢化である。現在のカナダは日本ほど高齢化していないが、50年後の人口の予想をみると、現在の日本のような坪型のピラミッドになっていた。まだまだ先のことではあるが、高齢化は経済を支えていく上で重要な問題に発展していくと思われる。
 このように今回、自分の質問を通して知れた、宗教と教育の問題、またカナダの寛容さ、これからの課題について知ることができた。今後のカナダの発展にも興味がわく講義だった。

Student Report 2 (Ms. Tamaki Ito, sophomore of the Department of Liberal Arts and Global Studies)
Canada is one of the famous countries where many Japanese students want to study. I got a lot of information about Canada from today’s presentation.
First, I was quite surprised to hear that Ms. Nadia Burger, Minister and Deputy Head of Mission in Japan, is not a native English speaker. Her mother tongue is French. She told us that she has been learning English since she went to university. Canada adopts two official languages, English and French, and some people who live in the east of Canada cannot speak English.
Second, Canada is a country which has accepted many immigrants, which I had already known before entering university. Four years ago, when I went to Canada in my school trip and stayed at a Canadian home. I still do not have any idea where my host family is from, but my friend’s family is from China, and other friends’ are from Italy. A friend of mine who stayed with a family from China said that she ate Chinese food every day. When I went to the language school, I met a teacher and tutor from the United States. That was my first time to experience a diverse society. Recently, the Canadian population has been increasing because of an increase in the number of immigrants. There are many more immigrants from Asian countries such as China, Korea, and the Philippines, not European countries.
I hope Japan will follow Canada’s policy. In Japan, gender inequality is one of the most serious problems. In Japan, there are not many female Diet members, much less female Cabinet members. The ratio of men to women in the Canadian cabinet, however, is 50 to 50. Over 80% of the women’s population is working. It is not easy to become such a country as Canada which has accepted many immigrants and refugees from all over the world and is trying to solve problems from gender inequality. However, this is the one of the good ways to make people happy.