グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > CLOSEUPS > 副学長から外大で学ぶみなさんへ 副学長 沼野 充義

副学長から外大で学ぶみなさんへ 副学長 沼野 充義



2020年4月より研究・国際担当の副学長を務めさせていただいています。こちらに着任するまで34年間東京大学に勤め、特に研究者育成と国際交流に力を入れてきました。その経験を新任の地での仕事に活かし、非力ながら名古屋外国語大学の発展に少しでも貢献したいと意欲を燃やしています。
「研究」は教員だけのことではありません。大学生もある意味では立派な研究者です。学生の皆さんは語学力や実践的なスキルを身に着けることを第一に考えると思いますが、授業で書くレポートも学術研究の第一歩です。ぜひその自覚をもっていただきたいと思います。
それを指導する教員は、教育者であると同時に、研究者でもあります。教育と研究の二つは、多忙な大学教員にとって両立させるのが難しい両輪ですが、優れた教育者が優れた研究者であってこそ、大学の価値が高まると信じております。
「国際」という側面について言えば、名古屋外国語大学の大きな特徴が留学制度の充実と多くの外国人教員・留学生を擁する国際的な学習環境であることは言うまでもありません。それに加えて、世界的な研究レベルでの学術交流や、国際学会の誘致などの積極的な活動を通じて、世界における存在感を高めることができるでしょう。
何か相談に乗れることがありましたら、学生の皆さんも同僚教員の方々も、気軽に副学長室にお立ち寄りください。美味しいお茶とお菓子がいつも待っています。