グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > CLOSEUPS > 外国語学部での新たな学び

外国語学部での新たな学び



外国語学部での新たな学び
 外国語学部長 高梨 芳郎
日本の大学を取り巻く状況は大きく変化しています。グローバル化、少子高齢化の進展,AI時代の到来などに伴い、大学では個性化・活性化とともに教育の質保証の取り組みが喫緊の課題となっています。そのため,大学での学修は勉強から学びに移行します。学びは自ら設定した課題と対話する探究の過程で、学んだ内容の受容だけでなく、批判的に省察し、自らの考えを表現し、他者と共有する協同的な営みです。
外国語学部では、英語・フランス語・中国語について,高度な外国語運用能力の養成とともに、世界の地域の言語・文化・社会,コミュニケーション、教育についての高い専門性の養成を目指して授業を行います。国内外での留学、外国語能力試験の成績向上と共に、オンライン学修の成果も含め、外国語で世界を学び、外国語で世界に発信する世界人材の育成を志向します。外国語学部で新たな学びを行い、世界の人々と手を携えて未曾有の危機を乗り越えましょう。