グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

高橋 直子TAKAHASHI Naoko


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 講師 所属 外国語学部 英語教育学科
ふりがな たかはし なおこ 生年  
学歴 米国ミシガン州ミシガン州立大学(Michigan State University)大学院言語学研究科修士課程修了(1996年)
米国ハワイ州ハワイ大学マノア校(The University of Hawaii at Manoa)大学院言語学研究科博士課程修了(2006年)
学位 言語学修士(M.A. in Linguistics) [米国ミシガン州ミシガン州立大学 (Michigan State University)] (1996年)
言語学博士(Ph.D. in Linguistics) [米国ハワイ州ハワイ大学マノア校(The University of Hawaii at Manoa)](2006年)
研究分野 言語学(語彙意味論)・英語教育
研究テーマ 以下のように長期的及び短期的目標を定め、英語と日本語に関する研究を進めていく。

長期研究 テーマ:動詞の語彙概念構造に関する日英比較研究
英語と日本語の動詞の語彙概念構造を分析するとともに、統語/認知構造との関連を明らかにする。そして、それらの研究がどのような形で英語教育において活用できるかを考える。

短期研究 テーマ:使役交替
英語および日本語の使役交替を行う動詞をカテゴリー別に分け、それらの語彙概念構造を詳しく分析する。また、各カテゴリーの使役交替が、反使役化、脱使役化、非対格性とどのように関わっているかを探っていく。

主な研究業績

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
The Negation of Metaphor 1996年3月 『白馬夏期言語学会論文集』
第7号 金星堂
Quantificational and Inherent Telicity of Locative Verbs 1996年8月 米国ミシガン州立大学言語学 修士論文
Quantificational and Inherent Telicity of Locative Verbs (Revised version) 1999年3月 『白馬夏期言語学会論文集』 第10号 金星堂
Syntactic and Semantic Complexity of Lexical Compounds: An Analysis of Komu, Dasu, and Saru Compounds in Japanese 2006年12月 米国ハワイ大学言語学博士論文
Determinants of Telicity 2007年2月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第32号
On Unaccusativity 2008年2月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第34号
誤用分析データ構築の手順と問題点:話し言葉編 2008年3月 杉浦正利(代表)『自然言語処理技術を応用した英語学習者の誤用に関する包括的かつ体系的分析』平成16年度~平成18年度科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書
誤用分析データ構築の手順と問題点:書き言葉編 2008年3月 杉浦正利(代表)『自然言語処理技術を応用した英語学習者の誤用に関する包括的かつ体系的分析』平成16年度~平成18年度科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書
学習者コーパスにおける誤用分析記述の適切性 2008年3月 杉浦正利(代表)『自然言語処理技術を応用した英語学習者の誤用に関する包括的かつ体系的分析』平成16年度~平成18年度科学研究費補助金(萌芽研究)研究成果報告書
Split Ergativity in Pashto 2008年8月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第35号
Syntactic Complexity of Komu-compounds in Japanese 2009年2月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第36号
The Structure of the Ponapean Language 2009年8月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第37号
Three Types of NP Modifications in Korean and Japanese 2010年2月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第38号
Grammaticalization within Dasu-compounds in Japanese 2011年2月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第40号
英語の二重目的語構文と与格構文に関する一考察 2011年8月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第41号
英語の与格交替をどう教えるか: 認知的アプローチの試み 2012年2月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第42号
Grammaticalization within saru-compounds in Japanese 2012年8月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第43号
Usage of Nouns and Noun Phrases 2014年2月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第46号
英語における衰退動詞の使役交替 2015年2月 『名古屋外国語大学外国語学部紀要』 第48号

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
Comparison between English Education in Japan and Other Countries 1986年8月 Workshop by British Council: Practical Approaches to English Teaching. British Council, ブリティッシュカウンシル主催、英語教育ワークショップ「英語教育における実践的方法」
The Negation of Metaphor 1995年8月 第27回白馬夏期言語学会
Locative Verbs in English and Japanese 1996年10月 The Annual Meeting of Michigan Linguistic Society, ミシガン言語学会定期大会
Quantificational and Inherent Telicity of Locative Verbs 1996年8月 第30回白馬夏期言語学会、長野県
Quantificational and Inherent Telicity of English Locative Verbs 2000年3月 Linguistics Society of Germany, ドイツ言語学会定期総会
Give型構文とbuy型構文をどのように教えるか:英語教育における認知言語学的アプローチの試み 2011年6月 大学英語教育学会第28回中部支部大会
Applied English Grammar based on the Latest Linguistic Theories (最新言語理論に基づく応用英語文法研究会 研究報告) 2011年8月 大学英語教育学会第50回大会記念国際大会
英作文指導における可算名詞と不可算名詞 2013年6月 大学英語教育学会第29回中部支部大会

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
教務委員、FD委員、自己点検・評価委員、オープンキャンパス委員 2011年
教務委員、FD委員、自己点検・評価委員、紀要編集委員、オープンキャンパス委員、中央図書館のあり方検討ワーキンググループメンバー 2012年
紀要編集委員、オープンキャンパス委員、中央図書館のあり方検討ワーキンググループメンバー 2013年
紀要編集委員、オープンキャンパス委員 2014年
ワールドリベラルアーツセンター運営委員、名古屋外国語大学出版会運営委員、自己点検・評価委員会プロジェクトチーム会議メンバー、紀要編集委員、オープンキャンパス委員 2015年
ワールドリベラルアーツセンター運営委員、名古屋外国語大学出版会運営委員、自己点検・評価委員会プロジェクトチーム会議メンバー、オープンキャンパス委員 2016年

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
中学校教諭一級普通免許(英語) 1984年 愛知県教育委員会 昭和58中一級普468号
高等学校教諭二級普通免許(英語) 1984年 愛知県教育委員会 昭和58高二級普492号

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
小学校における英語指導支援 2010年6月~2010年9月 岐阜県安八町立名森小学校および安八町教育委員会

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本言語学会、日本英文学会、大学英語教育学会

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1984年~1987年 愛知県公立中学校常勤講師
1987年~1989年 愛知県公立高等学校常勤講師
1989年~1992年 愛知県公立高等学校常勤教諭
1999年~2004年 ハワイ大学マノア校言語学科非常勤講師
(言語学入門/日本語)
2004年~2011年 名古屋外国語大学非常勤講師
2004年~現在 椙山女学園大学非常勤講師
2005年~2011年 中部大学非常勤講師
2008年~2011年 中京大学非常勤講師
2009年~2010年 名古屋学芸大学非常勤講師
2011年~現在 名古屋外国語大学外国語学部英語教育学科専任講師
2014年〜現在 豊橋技術科学大学非常勤講師

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
(前期)「英語教育研究ゼミナールI」「英語教育研究ゼミナールIII」「Cross-cultural communication」「Academic Writing I」「Writing and Presentation I」「教育インターンシップD(高等学校)」 外国語学部 英語教育学科
(後期)「英語教育研究ゼミナールII」「英語教育研究ゼミナールIV」「日英語対照研究」「Academic Writing II」「Writing and Presentation II」 外国語学部 英語教育学科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
英語教育学科では、コンテントベース学習により、英語の4技能である「聴く・話す・読む・書く」という能力を効果的に高める授業を行なっている。その中の「Academic Writing」や「Writing and Presentation」などの英作文関連の授業では、文章全体の構成、語彙、文法に関する指導を徹底し、学生がより優れた英語の文章を書けるように指導している。