グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

ホワイト・マッシューMathew WHITE


ホワイト・マッシュー

教員の教育・研究活動報告

役職/職名 准教授 所属 外国語学部 英語教育学科
ふりがな ほわいと・まっしゅー 生年 1971年
学歴 カリフォルニア州立大学チコ校東洋学部卒業(1998年)
インターナショナルハウスバセロナ校ケンブリッジRSA CELTA卒業(2000年)
バーミングハム大学大学院(UK)卒業 Master of Arts in Teaching
English as a Second/Foreign Language(2003年)
学位 修士[バーミングハム大学大学院(UK)](2003年)、学士[カリフォルニア州立大学チコ校](2000年)
研究分野 多読多聴、ボランティア活動、生徒による自主的学習の推進
研究テーマ どれだけの生徒が授業で身につけた多読多聴の習慣を自主的・意欲的にその後継続していけるのか。

主な研究業績

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
Challenge and Change in OC5 2001年 国際英語学部紀要創刊号 国際英語学科の3年生のオーラル
コミュニケーションコースの改正についての過程
“Extensive Speaking: Pair Audio Taping Outside of Class at Chukyo University” 2003年 中京大学国際英語ジャーナル第3 2年生のオラールコミュ二ケーションクラスに
カセットレコーダーを使いクラスメイトとの
英会話を宿題にする。
“Ring the Bell—It’s Time for EL!” 2002年 English Teaching Journal (ETJ), Volume 5, No. 2 学生が自分で選び聞き取り易い英語の
教材使いリスニングを上達させる。
“Nurturing Global Listeners: increasing familiarity and appreciation for world Englishes.” 2005年8月 World Englishes,
Blackwell 出版社
IAWE (International Association of World
Englishes/国際英語学会)弟10国際会議、
Syracuse University, New York のプレゼ
ンテーションについてのレポート。
“Passion, flow and content-based instruction.” 2007年 JALT Proceedings
JALT, Tokyo
複数の講師の経験に基づき、各自の
テーマについて7週間の英語のクラスの作成。
“ER Outreach Project Mexico: Planting Seeds in Mexico” 2012年 Extensive Reading Journal, Volume 5, No. 1, p. 4-7 2週間Benemérita Universidad Autónoma de Puebla, MexicoとUniversidad Veracruzana, Mexicoで多読の方法に特化したコースやレッスンに関するワークショップでの講演についてのレポート。

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
“Building a Reading Community at Chukyo University” 2003年11月22日 JALT (全国語学教育学会)
第29回国際会議、北木優秀
“Building a Reading Community at Chukyo University”  の説明と教育方法を 講演。
“Nurturing Global Listeners: increasing familiarity and appreciation for world Englishes.” 2004年8月 IAWE (International Association of
World Englishes/国際英語学会)
弟10国際会議、 Syracuse University, New York
“Nurturing Global Listeners: increasing
familiarity and appreciation for world
Englishes.” 色々な英語圏の英語の発音、
表現、特別な文法などを聞き取れる学習を発表
“Student Discoveries of World Englishes” 2005年8月21日 IAWE (International Association of
World Englishes/国際英語学会)
弟11国際会議、West Lafayette, Indiana, U.S.A.
学生が国によって違う表現の仕方について
理解し聞き取れる授業方法を講演。
“Extensive Listening and Extensive Reading” 2005年11月12日 名古屋外語大学、金山プラザホテル “Extensive Listening and Extensive Reading”
の説明と教育方法を 講演。
“Human Rights, Disney, and You” 2006年11月2日 JALT (全国語学教育学会)
第32回国際会議、北木優秀
“Human Rights, Disney, and You”
人権をテーマにし英語の授業の教育方法を講演。
“Extensive Listening” 2006年11月11日 名古屋外語大学、国際センター “Extensive Listening” グレイデットリーダー
のオーディオなどインターネットを使い聞き取り
易い英語学習を講演。
“Extensive Listening” 2008年7月13日 JALT (全国語学教育学会), Nagoya Chapter “Extensive Listening”授業の教育方法を講演。
“Engaging Students through Extensive Listening” 2008年10月26日 ETJ (English Teachers in Japan), Chubu “Engaging Students through Extensive Listening”
学生の英語学習を促進させる多聴の方法に関する講演。
“Outlining an Extensive Reading and Listening Course” 2008年11月1日 JALT (全国語学教育学会)
第34回国際会議、Tokyo
“Outlining an Extensive Reading and
Listening Course” 多読と多聴を用いた
コースの実践例の発表。
“Exploring FUNdamentals in Teaching Topic Studies” 2008年11月8日 名古屋外語大学, NSC College, Shin-Sakae “Exploring FUNdamentals in Teaching Topic
Studies” トピックを主体としたコースやレッスン
に関するワークショップでの講演。
“Student-led Conventions: The Odyssey Continues” 2009年11月22日 JALT (全国語学教育学会)第回35国際会議、Shizuoka “Student-led Conventions: The Odyssey Continues”
生徒主体による研究発表会の実践例の発表。
“Intelligent Choices: Designing Lessons that Cater to the Diversity of Learning Preferences in Your Class” 2009年10月10日 名古屋外語大学, NSC College, Shin-Sakae “Intelligent Choices: Designing Lessons that
Cater to the Diversity of Learning Preferen
ces in Your Class”学生の得意な学習方法に
特化したコースやレッスンに関するワークショップでの講演。
Using Video in the Classroom 2010年12月 名古屋外語大学, NSC College, Shin-Sakae ビデオを授業で活用し、生徒の4技能
(聴く、読む、書く、話す)を養う方法。
Coordinating Three-year Extensive Listening and Reading Program 2011年9月4日 The First Extensive Reading World Congress, 京都産業大学 所属学科のカリキュラム目標達成の為の授業
改善。また、多読多聴に対する教授の理解を
深める取り組み。
“Extensive Reading the Motivation Booster” 2012年2月9日 Benemérita Universidad Autónoma de Puebla, Mexico 大学で多読を主体としたコースやレッスンに関する説明の発表。
“What’s Extensive Reading?” 2012年2月9日 Benemérita Universidad Autónoma de Puebla, Mexico 多読を主体としたコースやレッスンに関するワークショップでの講演。
“Graded Readers and Extensive Listening” 2012年2月13日 Benemérita Universidad Autónoma de Puebla, Mexico グレイデッドリーダーズ説明。また、多読多聴に対する教授の理解を深める取り組み。
“Fundamentals in Implementing Extensive Reading at the Academic Level” 2012年2月17-18日 Universidad Veracruzana, Mexico 大学で多読を主体としたコースやレッスンに関するワークショップでの講演。
“Graded Readers: The Missing Links in Content-Based Courses” 2012年6月22日 The 11th Annual Pan-SIG Conference, Hiroshima University トピックを主体としたコースでグレイデッドリーダーズ利用する方法。
“Reading for Independence, Tibetan Program” 平成25年2月18日〜3月8日 Extensive Reading Workshops、Tibet Charity, India 三週間多読を主体としたコースや講演。
“Stories of Outreach: Extensive Reading Over There” 平成25年5月19日 The 11th Annual Pan-SIG Conference, Nanzan University 海外で多読講演会やワークショップする方法。
“Better Readers through Buddy Reading or Butter Readers through Beddy Reading?” 読書のコースで相手に音読する方法。 平成25年6月2日 JALT CALL 2013 Conference and 6th Annual ER Seminar, Shinshu University 読書のコースで相手に音読する方法。
"English e-books: Evoking Emotions of Elation or Irritation in Japanese University Students?" 平成26年6月8
JALT CALL 2014 Conference, Sugiyama Jogakuen University, Nagoya 学生がグレイデッドリーダーズを読む時電子書籍か紙かどちらのが好きと特に何が好きの研究を発表。
“Bridging the Person-Centered Approach with Japanese University Students” 平成27年1月29日 2015 Carl Rogers Annual Conference, San Diego, California 日本で日本人の大学生に人間性心理学の教育の方法。
“Connecting Japanese University Students and International Exchange Students Through the Person-Centered Approach” 平成28年1月30日 2016 Carl Rogers Annual Conference, Sand Diego, California 日本で日本人の大学生と留学生に人間性心理学の教育の方法。英語教育学科ゼミナールの立場からの公演。

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
メディア情報委員 2010年

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
University Cambridge KET AND PET Examiner 2010年2月25日 BH04CC

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
Habitat for Humanity, Cambodia 2011年2月 NUFS Community Builders
(備考:海外建築ボランティアとして、カンボジアで、学生と教師11人で家を建設した。)
JALT Model UN 2010年11月 Japan Association for Language Teachers Annual Conference
(備考:5つの大学から学生が集まり、模擬国連を行った。)

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
The Japan Association for Language Teaching(全国語学教育学会)

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
学会役員 1998年
JALT Extensive Reading Special Interest Group, Outreach Chair (アウトリーチ長) 2011年~2012年

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1993年7月~1994年7月 美報外語学院 英語講師
1994年7月~1997年12月 ベル イングリシュスクール 英語講師
1999年4月~2000年3月 愛知教育大学附属高校
1999年4月~2000年3月 アラコ(株)(現トヨタ車体)
1999年4月~2000年9月 名古屋女子文化短期大学 非常勤講師
1999年4月~2001年3月 愛知産業大学短期大学部 非常勤講師
2001年4月~2002年3月 大同工業大学 非常勤講師
2002年4月~2003年3月 金城学院大学 非常勤講師
2001年~現在 中京大学 非常勤講師
2004年4月~2007年3月 南山大学英米学科 常勤講師
2007年4月~2008年3月 南山大学英語教育センターSenior Language Instructor 常勤講師

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
Discussion and Debate III & IV Department of English Language Teaching
Extensive Listening and Reading I,II,V &VI Department of English Language Teaching
English Education Research Seminar I & II Department of English Language Teaching
Discussion and Debate I & I Department of English Language Teaching

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
Each year I refine my lessons based on the feedback given to me by the students and my own observations. I often adapt new innovations, such as the use of MOODLE, iPads, social networking sites (www.goodreads.com) for posting about reading experiences and building an English reading community, and online vocabulary applications (www.quizlet.com). I will continue to adapt new technologies and methodologies as I continue to develop as a teacher. For the past few years, I have also been making the most of online resources, such as the TED Talks, Karma Tube, Short Films, ELLLO and Breaking News English. In DELT, the majority of classes are content-based, so we will continue to update the content to match the interests and issues of the current students.
Recently, thanks to the person-centered approach, I am learning more and more about my students and how I can best serve them as a teacher. I plan to continue to explore ways in which the individual needs and expectations of students can be met while still allowing me to be congruent as a teacher and a person with my own needs and expectations. In particular, students have shown great enthusiasm for project work that can be used beyond the classroom, such as videos uploaded to youtube in which they explain about Japanese culture and events.