グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

水谷 忠資MIZUTANI Tadashi


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 教授 所属 外国語学部 英語教育学科
ふりがな みずたに ただし 生年 1951年
学歴 関西学院大学経済学部卒業(1974年)
学位 経済学士[関西学院大学](1974年)
研究分野 英語教育
研究テーマ 日本の中学校、高等学校の英語教育における問題点
英語教育インターンシップ
コミュニケーションのための英文法
英文精読

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
融然の探検 2012.8 清水弘文堂書房

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
英語教育インターンシップにおける学生の学びのプロセス 2014.2 名古屋外国語大学外国語学部紀要
日本の中学校、高等学校の英語教育における問題点は何か 2015.10 『KJ法研究』33号 KJ法本部・川喜田研究所編

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
創造思考クラブ18年間の歩み 1996.6 20周年記念KJ法経験交流会
Field Science高大教育におけるKJ法の実践フィールドと将来展望 2010.11 第33回KJ法学会
英語教育インターンシップにおける問題解決学習 2013.6 第37回KJ法経験交流会
日本の中学校、高等学校の英語教育における問題点は何か 2013.10 第36回KJ法学会
中学校、高等学校における英語教育問題の探検 2014.5 第38回KJ法経験交流会
英語教育の改善に向けて 2014.10 第37回KJ法学会
英語の基本動詞の世界 2015.5 第39回KJ法経験交流会
日本人のための実践英文法 2016.5 第40回KJ法経験交流会

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
高等学校教諭専修免許状(外国語・英語) 1989.7 愛知県教育委員会 平1高専第153号
高等学校教諭1種免許状(社会・公民) 1974.3 兵庫県教育委員会 昭48高2第1909号

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
平成19年度愛知県県立学校英語新任教員研修講師 2007.10 愛知県教育委員会
日進市英語指導業務委託事業者選定委員会委員 2010.2 日進市教育委員会

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
KJ法学会

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1974,4~1995.3 愛知県立丹羽高等学校教諭(英語) 学年主任を4年間担当
1995.4~2007.3 愛知県立一宮高等学校教諭(英語) 学年主任を6年間担当
教務主任を2年間担当
2007.4~2008.3 愛知県立一宮西高等学校(英語) 教頭を1年間担当
2008.4~現在 名古屋外国語大学外国語学部英語教育学科教授

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
文部科学大臣優秀教員表彰 2007年2月

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
Intensive Reading I・II 外国語学部英語教育学科
英語学A・B 外国語学部英語教育学科
言語習得研究 外国語学部英語教育学科
英語教育総合演習A 外国語学部英語教育学科
英語教育インターンシップC(中学校) 外国語学部英語教育学科
英語教育研究ゼミナールIII,Ⅳ 外国語学部英語教育学科
英語科教育研究A 外国語学部英語教育学科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
クラウドサービスで提供される、ポートフォリオシステムを使って実地研修の成果をポートフォリオに貯め、研修学生本人の振り返りや、学生同士の相互評価を実践し、中間報告会や最終報告会でKJ法による図解化と口頭発表会を含む叙述化を行い、その成果を学生だけでなく研修先の中学校や教育委員会へ報告し、実地研修の改善に努めている。
英語教育研究ゼミナールにおいて日本の中学校、高等学校の英語の授業が抱える問題点について、累積KJ法の手法を用いることにより、学生自身による問題解決学習の実践とその体得を目指している。