グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

川原 功司Kawahara Koji


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 准教授 所属 外国語学部 英米語学科
ふりがな かわはら こうじ 生年  
学歴 ワシントン大学言語学科留学(文部省短期留学推進制度)終了(2001年)
大阪大学文学部英米文学英語学専修 修了(2002年)
大阪大学大学院文学研究科文化表現論英語学専修 博士前期課程修了(2004年)
連合王国ヨーク大学言語学科 博士課程修了(2010年)
学位 文学修士 [大阪大学](2004年)
PhD in Linguistics [The University of York] (2010年)
研究分野 統語論,意味論,語用論
研究テーマ 究極的な目標は,人間言語に固有の回帰的統語演算能力の仕組みと,それがどうやって概念・意図システムと関わりを持つのかを解明すること。個別的には,スケールに基づく自然言語の意味やそれにまつわる統語構造。

主な研究業績

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
A New Perspective on Japanese Sika-Nai Constructions 2007年11月 NELS 37, GLSA Publishers, 2:1-15
Indefinite Null Argument and its Interaction with Negation 2008年12月 LingO, the University of Oxford, 108-116
Standards of Comparison in Japanese 2009年1月
Workshop on Altaic Formal Linguistics 5, MIT Working Papers in Linguistics 58, 197-211
Phrasal Comparatives and their Composition 2009年1月 York Papers in Linguistics 9, 48-79
Gradability in the Theory of Grammar 2010年6月 PhD Thesis, The University of York, xiii+254 pp
The Semantics of Japanese Gradable Adjectives 2011年6月 Workshop on Altaic Formal Linguistics 7, MIT Working Papers in Linguistics 62, 123-138
Review of Introducing Semantics 2012年3月 Studies in English Literature, English Literary Society of Japan, 248-257
Right-Dislocation and the Syntax of Japanese Comparatives 2012年8月 Three Factors and Syntactic Theory, Hankuk Publishing, 194-211
幼児の日本語における段階的形容詞の比較基準について 2013年3月 JELS 30, English Linguistic Society of Japan, 91-96
Measurement by Difference Functions 2013年3月 Formal Approaches to Japanese Linguistics 6, MIT Working Papers in Linguistics 66, 97-108
About the Speaker: Towards a Syntax of Indexicality (review) 2013年6月 English Linguiistics, English Linguistic Society of Japan, 30:1, 392-403
Remarks on Argument Realization and Optionality in Syntax 2015年3月 言葉のしんそう(深層・真相),英宝社,275-284.

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
Differential Comparatives in Japanese and the Syntax of Measurement 2007年9月 The Syntax and Semantics of Measurability, University of Tromsø
Indefinite Null Argument and its Interaction with Negation 2007年9月 LingO, University of Oxford
A Direct Interpretation of Phrasal Comparatives and Quantificational Interference 2008年4月 18th Colloquium on Generative Grammar, University of Lisbon
Standards of Comparison in Japanese 2008年5月 Workshop on Altaic Formal Linguistics 5, SOAS, University of London
The Irrelevance of Natural Selection in Language Change 2008年7月 Biolinguistics: Acquisition and Language Evolution, University of York
Scope of Comparison 2008年9月 Theoretical East Asian Linguistics 5, Universität Potsdam
On Comparatie and Negative Scope 2008年9月 Linguistics Association of Great Britain Annual Meeting, University of Essex
Attributive Comparatives and Logical Form 2009年9月 Linguistics Association of Great Britain Annual Meeting, University of Edinburgh
The Semantics of Japanese Gradable Adjectives 2010年10月 Workshop on Altaic Formal Linguistics 7, University of Southern California
Right-Dislocation and the Syntax of Japanese Comparatives 2012年8月 14th Seoul Internfational Conference on Generative Grammar, Dongguk University
Measure Phrases and the Syntax of Adjectival Nominals in Japanese 2012年9月 Formal Approaches to Japanese Linguistics 6, ZAS, Berlin
Standards of Comparison in Child Japanese 2012年11月 日本英語学会第30回大会,慶應義塾大学
Aspects of Motion Events from a Typological Perspective 2014年6月 11th International Conference on Actionality, Tense, Aspect, Modality/Evidentiality (Chronos 11), Pisa (Scuola Normale Superiore)
A Scalar Analysis of Motion Events 2014年9月 Linguistics Association of Great Britain Annual Meeting, The Queens College, University of Oxford
Manner and Path in the Motion Events of Altaic 2015年6月 Workshop on Altaic Formal Linguistics 11, University of York
Absolute Implications in Children's Understanding of Gradable Expressions 2015年9月 Generative Approaches to Language Acquisition 12, Université de Nantes
Non-neutrality and Setting of Standards in Degree of Change 2016年9月 The 9th conference on Syntax, Phonology and Language Analysis, Masaryk Universtiy

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
教務委員 2013年4月〜
教職課程委員 2016年4月〜
FD委員 2013年4月〜
ワールドリベラルアーツセンター運営委員 2015年4月〜
オープンキャンパス委員 2014年4月〜
英語(言語学)研究コースのコーディネイター 2014年4月〜
3年生,4年生用英語精読のコーディネイター 2013年4月~

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
高等学校教諭第一種免許状(英語) 2002年3月 大阪府教育委員会
中学校教諭第一種免許状(英語) 2002年3月 大阪府教育委員会
高等学校教諭専修免許状(英語) 2004年9月 大阪府教育委員会
中学校教諭専修免許状(英語) 2004年9月 大阪府教育委員会

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本英語学会,日本言語学会,アメリカ言語学会 (Linguistic Society America),イギリス言語学会 (Linguistics Association of Great Britain)

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
日本英語学会 広報委員 2013年4月~現在

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
2010年4月1日〜2013年3月31日 藤女子大学 人間生活学部 専任講師
2010年9月1日〜2013年3月31日 北海道大学 メディアコミュニケーション研究院 非常勤講師
2011年4月1日〜2012年3月31日 北星学園大学 文学部英文学科 非常勤講師

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
科学研究費補助金若手研究 (B) スケールに基づく移動動詞のアスペクトと言語類型論的一般化に関する研究 名古屋外国語大学 2014〜2017年 研究代表者

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
Advanced Reading B-1, 2 英米語学科
英語学 英米語学科
言語学概論 英米語学科
英米文化研究E1, 2, 3, 4 英米語学科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
卒業論文におけるチュートリアルの採用:チュートリアルとは,主にカレッジ制の大学で採用されている個人指導のことである.卒業論文執筆者に対し,1期には参考文献のまとめ,批評・批判を書いたエッセーを持参させ,2週間に1回程度議論の場を設けている.2期にはオリジナルの意見をまとめたエッセーを持参させ,それについて議論する機会を増やし,洗練された論文の完成を目指す.