グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

宇治谷 映子UJITANI Eiko


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 准教授 所属 外国語学部 英米語学科
ふりがな うじたに えいこ 生年 1957年
学歴 京都産業大学外国語学部英米語学科卒業 (1979年)
南イリノイ州立大学言語学部英語教育学科修士課程修了(1984年)
マードック大学教育学部博士課程終了(2007年)
学位 文学士〔京都産業大学〕(1979年)、英語教育学科修士〔南イリノイ大学〕(1984年)、博士(教育学)〔マードック大学〕(2007年)
研究分野 外国語教育、教育学、社会心理学
研究テーマ 異文化コミュニケーション能力
第二言語習得
English as a global language

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
New Ways in Teaching Reading 1993.4 TESOL(Teachers of English to Speakers of Other Languages,Inc.) 4篇を担当

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
Emotion Recognition From Voice Across American and Japanese Cultures 1998.10 SIETAR,Japan異文化コミュニケーションNo.2 (Journal of Intercultural Communication) 査読有
Differences and Similarities in Cultural Adaptation between North American University Students in Japan and Japanese Students in America 2001.2 名古屋外国語大学外国語学部紀要21号
(名古屋外国語大学外国語学部)
査読無
Socio-emotional challenges in international education: Insight into reciprocal understanding and intercultural relational development 2008.12 Journal of Research in International Education Vol. 7 No. 3 査読有
Outcomes of Intercultural Volunteer Work Experiences in Korea 2011.8 JALT 2011 Conference Proceedings 査読有
Impact of Cultural Exchange Programs in Asia 2013.2 名古屋外国語大学外国語学部紀要44号
(名古屋外国語大学外国語学部)
査読無
The Effect of a Short-Term Abroad Program on Intercultural Competence 2015. 5 Journal of Intercultural Communication No. 18 査読有

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
Learning about others' feelings in intercultural relational development: Significance of reciprocity, contextual affordances, cultural values and multiple subjectivities 2006.7 国際応用心理学会
Intercultural communication in practice: Filling the cracks in the system 2007.6 国際異文化間コミュニケーション研究学会
Raising cultural awareness through a slide-making project 2009.12 GloCall 国際学会
短期国際ワークキャンプがグローバル人材育成に及ぼす影響 2013.6 異文化間教育学会
The effect of a short-term study abroad program on ICC 2014.1 Fourth International Conference on the Development and Assessment of Intercultural Competence
The impact of international service learning on students' intercultural communicative competence 2014. 8 JACET
The impact of a short-term study abroad program on the international understanding of Japanese and Taiwanese students studying together in the U.S. 2014.12 IAWE
アジア新興国における海外体験プログラム―フィリピンでの実例からー 2015. 6 異文化間教育学会
A collaborative work camp with VPV 2015. 8 JACET
The impact of non-native interactions on intercultural communication competency 2015. 10 IAWE
The ICC Development of Japanese Learners 2015. 11 JALT
アジア圏でのワークキャンプの企画と実行ーコミュニケーション教育の観点から 2015.11 日本コミュニケーション学会東北支部研究大会
海外体験学習における一つの試みとその課題 2015. 12 東海地区大学教育研究会
Improving EFL learner's communication skills through volunteer work projects in Asian countries 2016. 2 CamTESOL

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
Moodleを利用した授業資料配布と課題の添削 2010

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
全国語学教育学会、日本コミュニケーション学会、異文化コミュニケーション学会、TESOL

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
日本コミュニケーション学会中部支部長 1998~2000
大学英語教育学会賞・学会出版物選考委員会委員 2015~2017
多文化関係学会関西・中部地区の研究会委員 2015~
異文化コミュニケーション学会年次大会委員長 2015~2016

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1986.4~1988.3 愛知女子短期大学兼任講師
1988.3~2001.3 名古屋外国語大学外国語学部英米語学科講師
2001.4~現在 名古屋外国語大学外国語学部英米語学科准教授

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
挑戦的萌芽研究 アジアにおける若者の国際ボランティア活動がグローバル人材育成に与える効果について 名古屋外国語大学 平成25年度~平成27年度

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
英米文化研究I-1,2,3,4(国際A), 英米文化C(言語)、Culture Studies A 外国語学部・英米語学科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
英米文化研究I(国際A)では、留学生のTAと共に、ロールプレイ、シュミレーション、グループディスカッション等を取り入れたアクティブラーニングを実施している。課外活動として、アジア諸国で給食支援などのサービスラーニングを、年に1回行っている。