グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

フィリップ・アンソニー・ラッシュPhilip Anthony Rush


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 国際交流部長/教授 所属 外国語学部 英米語学科
ふりがな ふぃりっぷ・あんそにー・らっしゅ 生年 1955年
学歴 ウェリンバラ・グラマースクール卒業 (1973年)
オクスフォード大学クライストチャーチ校卒業 (1976年)
エクスター大学 教員免許取得 (1977年)
オクスフォード大学修士課程修了 (1980年)
学位 現代言語学士〔オクスフォード大学〕(1976年)、現代言語修士〔オクスフォード大学〕(1980年)
研究分野 Curriculum development, English language teaching, Minority languages
研究テーマ Towards an Integrated Curriculum The Future of the Cornish Language
International Education and links

主な研究業績

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
"Whither Cornish?" - the future of one of the UK's minority languages. 1997.3 南山大学「アカデミア」文学・語学編 第62号
"Reading Between the lines" - poetry in the ESL Classroom. 2006.2 Nagoya Gaikokugo Daigaku "Kiyo"30 p.71-82

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
Currently member of DBAS ELP Program, overseeing the creation of a new coordinated curriculum. Also responsible for the department's new Medium-term Internship Program. April 2011 -
Dean of the International Office of Students and Exchanges. Responsible for maintaining and developing links with academic partners abroad, and for the placement and welfare of all incoming and outgoing students. April 2014~

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
教員免許取得 1977 イギリス エクスター大学

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
British Association of Language Teachers 1977~1985 British Association of Language Teachers(コンウォール支局)
Association of Teachers of Spanish and Portuguese 1981~1985 Association of Teachers of Spanish and Portuguese (地方支局)
全国語学教育学会員(JALT) 1991~1997 JALT
西枇杷島国際交流 1994~1995 西枇杷島国際交流

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
NAFSA -North American International Education consortium

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1997.3~2009.3 名古屋外国語大学 外国語学部 英米語学科 助教授
2010.4~現在 同大学 同学部同学科 教授

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
英文研K-1,2,3,4(社会A) 外国語学部英米語学科
イギリス事情 外国語学部英米語学科
Advanced Reading A-1,2 外国語学部英米語学科
European Education Systems in Comparison WLA

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
Working with others towards a better integrated Reading course through Years 1-4, as well as towards tighter connections between our various departmental courses.
Widening and developing links with our international partners.