グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

亀山 郁夫Kameyama Ikuo


亀山 郁夫

教員の教育・研究活動報告

役職/職名 学長/ワールドリベラルアーツセンター長/出版会会長/教授                    
ふりがな かめやま いくお 生年 1949年
学歴 東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業(1972年)
東京外国語大学大学院外国語学研究科修士課程修了(1974年)
東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学(1977年)
学位 文学修士(東京外国語大学)(1974年)
研究分野 ロシア文学・ロシア文化論
研究テーマ ドストエフスキー研究、スターリン時代文化論

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
『ドストエフスキーの現在』 1985 JCA出版
アレクサンドル・ドーリン
『約束の地の奴隷――終焉のソビエトから』
1991.1 中央公論社
チンギス・アイトマートフ
『チンギス・ハンの白い雲』
1991.4 潮出版社
サイモン・カーリンスキー
『知られざるマリーナ・ツヴェターエワ』
1992.4 晶文社
コンスタンチン・ケドロフ
『星の書物――東方的・詩的宇宙のヴィジョン』
1994.2 岩波書店
『ポエジア―言葉の復活』 1995.8 国書刊行会
『ロシア・アヴァンギャルド』 1996.6 岩波新書
『ファシズムの想像力』 1997.2 人文書院
ユーリイ・ボーレフ
『スターリンという神話』
1997.2 岩波書店
ソフィヤ・ヘーントワ
『驚くべきショスタコーヴィチ』
1997.3 筑摩書房
アンドレイ・プラトーノフ
『土台穴』
1997.11 国書刊行会
スヴェトラーナ・セミョーノヴァ
『フョードロフ伝』
1998.6 水声社
『破滅のマヤコフスキー』 1998.9 筑摩書房
ウラジーミル・ソローキン
『愛』
1999.1 国書刊行会
『ワールド・ミステリー・ツアー13 6』 1999.3 同朋社
『現代ロシア文化』 2000.3 国書刊行会
ボリス・グロイス
『全体芸術様式スターリン』
2000.7 現代思潮新社
『熱狂とユーフォリア スターリン学のための序章』 2003.11 平凡社
『モダニズムの越境』1-3 2004.4 人文書院
『ドストエフスキー 父殺しの文学 〈上下〉』 2004.7 日本放送出版協会〈NHKブックス〉
『「悪霊」神になりたかった男』 2005.6 みすず書房[理想の教室]
ジョン・アードイン
『ゲルギエフとサンクトペテルブルグの奇蹟』
2005.12 音楽の友社
『大審問官スターリン』 2006.1 小学館
『翻訳家の仕事』 2006.12 岩波新書
ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』1-5 2006-2007 光文社古典新訳文庫
『「カラマーゾフの兄弟」続編を空想する』 2007.9 光文社新書
『ドストエフスキー 謎とちから』 2007.11 文春新書
『悲劇のロシア  この人この世界 シリーズ「知るを楽しむ」』 2008.1 日本放送出版協会
『ロシア 闇と魂の国家』 2008.4 文藝春秋
『新訳「カラマーゾフの兄弟」 「父殺し」の深層 シリーズ「NHKカルチャーアワー」』 2008.9 日本放送出版協会
『ドストエフスキー 共苦する力』 2009.4 東京外国語大学出版会
『甦るフレーブニコフ』 2009.4 平凡社ライブラリー
『終末と革命のロシア・ルネサンス』増訂版 2009.5 岩波現代文庫
『「罪と罰」ノート』 2009.5 平凡社新書
フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』1-3 2009-2010 光文社古典新訳文庫
『磔のロシア スターリンと芸術家たち』 2010.11 岩波書店
『ドストエフスキーとの59の旅』 2010.6 日本経済新聞出版社
『現代思想 臨時増刊 ドストエフスキー』 2010.4 青土社
『私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった』 2010.8 文藝春秋
フョードル・ドストエフスキー『悪霊』1-3 2010-2011 光文社古典新訳文庫
『チャイコフスキーがなぜか好き』 2012.2 PHP新書
フョードル・ドストエフスキー
『悪霊 別巻「スタヴローギンの告白」異稿』
2012.2 光文社古典新訳文庫
『謎解き「悪霊」』 2012.8 新潮選書
『ドストエフスキー「悪霊」の衝撃』 2012.4 光文社新書
『村上春樹の読みかた』 2012.7 平凡社
『あまりにロシア的な。』 2013.1 文春文庫
フョードル・ドストエフスキー
『新訳 地下室の記録』
2013.3
集英社
『偏愛記 ドストエフスキーをめぐる旅』 2013.6
新潮文庫
『そうか、君はカラマーゾフを読んだのか。』 2014.12 小学館
『新カラマーゾフの兄弟<上下>』 2015.11 河出書房新社
フョードル・ドストエフスキー『白痴』1 2015.11 光文社古典新訳文庫
『世界が終わる夢を見る』 2015.12 名古屋外国語大学出版会
『ゴルバチョフに会いに行く』 2016.6 集英社

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
Боги, Числа, Революция. Поэтический мир Велимира Хлебникова (2), 2004 ≪Slavic Culture Studies≫, No.3
Murder of the Dictator ? World of Bulgakov’s Batum, 2006 ≪Slavic Culture Studies≫, No.5
Muse of Fear ― Mandelstam's ode to Stalin 2007 ≪Slavic Culture Studies≫, No.6

主な教育上の業績

作成した教科書

教科書名(対象講義名) 単・共 年月 備考
NHKスタンダード49 ロシア語 2000.2
NHKスタンダード49 ロシア語(普及版) 2008.10

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本ロシア文学会、日本文藝家協会員、日本ペンクラブ会員

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
朝日賞選考委員 2008.4~現在
日本学術会議連携会員 2008.10~現在
科学技術・学術審議会学術分科会臨時委員 2013.2~現在
FMインターウェーブ審議委員長 2014.4~2015.3
県立高等学校将来ビジョン検討会議委員 2014.6~2015.3
日本とロシアの友好親善を進める愛知の会名誉顧問 2014.7~現在
中央教育審議会委員 2015.2~現在
Bunkamuraドゥマゴ文学賞選考委員 2015.7~現在
東洋文庫ミュージアム諮問委員 2016.4~現在
公益財団法人読売日本交響楽団理事 2016.6~現在

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1977.4~1978.3 日本学術振興会特別研究員
1978.4~1987.3 天理大学 助手・講師・助教授
1987.4~1990.3 同志社大学 助教授
1990.4~1993.3 東京外国語大学 助教授
1993.4~2007.8 東京外国語大学 教授
2007.9~2013.3 東京外国語大学 学長
2013.4~現在 名古屋外国語大学 学長

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
第8回木村彰一賞 1998 木村彰一賞運営委員会
『破滅のマヤコフスキー』(筑摩書房)
第29回大佛次郎賞 2003.1 朝日新聞社
『磔のロシア―スターリンと芸術家たち』(岩波書店)
第61回毎日出版文化賞特別賞 2007 毎日新聞社
フョードル・ドストエフスキー著『カラマーゾフの兄弟』(全5巻、光文社)(翻訳)
プーシキン賞 2008.11 フョードル・ドストエフスキー著『カラマーゾフの兄弟』(全5巻、光文社)(翻訳)
第64回読売文学賞研究・翻訳賞 2013.2 読売新聞社
『謎とき「悪霊」』(新潮社)

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
基盤研究(B) ソヴィエト全体主義における文化と政治権力の相克および共生に関する超域・横断的研究 東京外国語大学 平成17-19年度
基盤研究(B) ソ連及び旧共産圏の文化におけるスターリン批判と雪解けに関する超域横断的研究 東京外国語大学 平成20-22年度
基盤研究(A) ポスト・グローバル時代から見たソ連崩壊の文化史的意味に関する超域横断的研究 名古屋外国語大学 平成23-26年度