グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

吉富 志津代Shizuyo YOSHITOMI


吉富 志津代

教員の教育・研究活動報告

役職/職名 教授 所属 世界共生学部 世界共生学科
ふりがな よしとみ しづよ 生年  
学歴 京都外国語大学イスパニア語学科卒業
神戸大学大学院国際協力研究科博士前期課程修了
京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了
学位 神戸大学修士(国際学)、京都大学博士(人間・環境学)
研究分野 多文化共生、移民政策、コミュニティメディア、NGO/NPO活動、社会的起業
研究テーマ ・二つ以上の言語環境で育つ子どもの支援体制
・持続可能な多言語・多文化マネジメント
・外国人コミュニティのエンパワーメント

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
多文化共生社会と外国人コミュニティの力:ゲットー化しない自助組織は存在するか? 2008.10 現代人文社
Multicultural Symbiotic Society
and the Power of the Foreign Community―Do self-help groups that avoid ghettoization really exist? ―
2010.3 現代人文社
グローバル社会のコミュニティ防災−多文化共生のさきに− 2013.3 大阪大学出版会
在日日系南米人の母語教育-草の根活動の現場から公的支援を考える- 2001.2 神戸定住外国人支援センター 『日系南米人の子どもの母語学習』(KOBE外国人支援ネットワーク編)
NGO/NPOがめざす多文化共生社会 2003.3 財団法人千里文化財団  『多みんぞくニホンー在日外国人のくらしー』(国立民族学博物館編)
在日スペイン語系南米出身者の日本語使用 2005.10 岩波書店 『事典 日本の多言語社会』
多文化が活かされる地域社会-神戸の事例から- 2007.9  明石書店 『「多文化パワー」社会』
コミュニティビジネスを起業する~地域のマイノリティとの協働のかたち~ 2007.12 日本評論社 『現代地域メディア論』
多言語・多文化共生のまちづくり-阪神・淡路大震災で気づいた多様なマイノリティたちの活力- 2009.2 東信堂 『多元的共生を求めて―市民の社会をつくる―』
AMARCとは何か 2010.3 晃陽書房 『コミュニティメディアの未来』
外国人被災者の心理的特徴と援助 2010.2013 メディカ出版  ナーシング・グラフィカEX5『災害看護』
災害復興と多文化共生 2011.7 ひょうご震災記念21世紀研究機構 ぎょうせい 『災害対策全書』(復旧・復興篇)
市民意識と多文化共生―阪神・淡路大震災の経験から東日本大震災の支援へ― 2012.3 明石書店 移民・ディアスポラ研究2 『東日本大震災と外国人移住者たち』
「言葉の壁を乗り越える法」、「災害時の外国人支援」 2012.3 合同出版  『日本にやってきた移住者が幸せに生活できるための30の方法』 移住労働者と連帯する全国ネットワーク[編]
コミュニティビジネスとしての医療通訳 2013.9 大阪大学出版会 『医療通訳士という仕事』 
外国人住民支援とNGO/NPO 2013.11 丸善出版 『人の移動辞典』
多文化共生 2014.5 生活書院 『3.11以前の社会学』 

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
ことばでつなぐ多文化共生のまちづくり 2003.7 国土社『教育』
少数者の発信活動に取り組んで-長田から世界へー 2004.1 部落解放・人権研究所『 ヒューマンライツ』
震災救援活動から多文化共生のまちづくりへ-協働するネットワーク- 2005.3 国際交流基金『遠近』
新渡日外国人の自助組織に関する一考察
-兵庫県における事例から-
2005.3 神戸大学大学院修士論文
新渡日外国人による自助組織の形成プロセス-兵庫県における事例から― 2007.2 多文化関係学会『多文化関係学』
市町村におけるコミュニケーションのあり方 2007.4 全国市町村国際文化研修所
『国際文化研修』
多文化共生社会における新渡日外国人自助組織形成プロセス―兵庫県の事例から考察する具体的施策― 2008.3 京都大学博士論文
地域医療における医療通訳の当然性―兵庫県のシステム構築に向けた取組みから― 2009.5 移民政策学会『移民政策研究』創刊号
地域社会の豊かさを考えるー多文化共生の活動現場から― 2012.6 計画行政学会, 特集論説『計画行政学会誌』
日系南米人コミュニティ形成に関する一考察—ひょうごラテンコミュニティの事例から— 2013.7 京都外国語大学スペイン語学科創設50周年記念論文集 『スペイン語世界のことばと文化Ⅲ』

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
被災地から生まれた新たなつながり ~福祉教育・ボランティア学習の未来を問う 2005.11 日本福祉教育・ボランティア学習学会 日本福祉教育・ボランティア学習学会全国大会基調パネルディスカッション
コミュニティメディアの可能性 2006.3 日本学術振興会 日本学術振興会人文・社会科学振興プロジェクトフォーラム
移住労働者の子どもと、彼らが日本の若者に与える影響 2006.3 欧州評議会 欧州評議会第3回異文化フォーラム(於:ブカレスト/ルーマニア)
統合か同化か?Integration or Assimilation?― 2006.11 ベルリン日独センター 日独シンポジウム(於:ベルリン/ドイツ)
日本の多文化社会―多文化共生社会の形成と地域社会への展開における日本の現状と課題 2007.7 韓国忠南女性政策開発院 韓国忠南女性政策開発院女性フォーラム(於:ソウル/韓国)
コミュニティラジオにおける女性の役割
―日本の中のラテンアメリカ―
2008.2 世界コミュニティラジオ放送連盟(AMARC) 世界コミュニティラジオ放送連盟(AMARC)設立25周年記念セミナー(於:ボゴタ/コロンビア)
日本の立場で移民政策について 2008.10 UNDP(国連開発計画) NDP(国連開発計画)国際会議(於:マニラ/フィリピン)
社会的サービスと市民参加―地域の視点から― 2008.12 国際公共経済学会 国際公共経済学会年次大会基調パネルディスカッション
ソーシャル・デザイナー、新しい社会革新を実験する 2009.10 韓国希望製作所 日韓国際フォーラム(於:韓国/ソウル)
移民とコミュニティメディア 2010.2 世界コミュニティラジオ放送連盟 AMARC-AP (於:インド/バンガロール)
日本の移民政策の現状と課題 2010.11 日本の移民政策に関するセッション コロンビア大学(於:ニューヨーク)
マイノリティ言語とコミュニティラジオの連携 2010.11 世界コミュニティラジオ放送連盟世界大会 AMARC(於:ラプラタ/アルゼンチン)
自然災害とグローバルコラボレーション:3.11東日本大震災から共に学ぶ  Process of Recovery from Natural Disaster for and among the Migrant Community in Japan: Case Studies of the 1995 and 2011 Earthquakes 2011.9 大阪大学GLOCOL Seminar UPCIS-Osaka University 大阪大学(於:フィリピン大学ディリマンキャンパス)
災害復興過程における移民コミュニティー神戸と東日本の大震災の事例からーImmigrant communities in Japan and the Process of Recovery from Natural Disaster:Considering the Kobe and Tohoku Earthquakes 2011.10 大阪大学フォーラムin 上海 大阪大学(於:中国/上海)
司法へのアクセスが不平等な住民たちと、その解決にむけた実践 ”Poblaciones en Desigualdad de Acceso a la Justicia y Soluciones Concretas Puestas en Práctica-utilizando radios comunitarios en caso de desastres naturales-" 2012.9 コスタリカ最高裁判所フォーラム    『アクセシビリティ、正義と平和』(於/サンホセ,コスタリカ)
映画『HAFU』が示唆するもの 2014.4 パリ第7大学内国立東洋言語文化大学(INALCO) (於/パリ,フランス)
Relations between Communities and Local Media in a Disaster: -Minority Perspective Seen from Examples- 2015.2 スロベニア移民研究所公開セミナー  スロベニア移民研究所(於スロベニア/リビュリャナ)
阪神・淡路大震災から22年の復興にむけた活動 2016.11 災害後の地域復興における市民参加 国際交流基金 日米草の根交流プログラム(於:ガルベストン、ニューオーリンズ(U.S.A)

主な教育上の業績

作成した教科書

教科書名(対象講義名) 単・共 年月 備考
自然環境と地域文化との調和―コミュニティ防災の視点から―(副読本&DVD映像5本) 2016.3 大阪大学未来共生イノベーター博士課程プログラムマルチメディア教材(監修)

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
添乗員資格(海外・国内) 1994.06 日本旅行業協会

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
兵庫2030年の展望企画部会委員 2017.1〜 兵庫県
京都府国土強靭化地域計画専門家会議委員 2016.5〜2017.3 京都府
大阪市姉妹都市交流推進事業補助金交付対象事業選考会委員 2016.3〜2017.2 大阪市
大阪市経済戦略局「外国人留学生との連携拡大及び起業支援事業」選定委員 2015.12〜2016.3 大阪市
自由都市・堺 平和貢献賞選考委員会 委員 2015.11〜 大阪府堺市
ひょうご安全の日推進県民会議 企画委員 2015.11〜 兵庫県
平成27年度大阪市多文化共生施策にかかる有識者メンバー 2015.6〜2016.3 大阪市
芦屋市帰国・外国人児童生徒支援連絡協議会委員 2015.4〜 兵庫県芦屋市教育委員会
豊中市国際交流センター指定管理者選定評価委員会委員 2015.1〜 大阪府豊中市
東大阪市外国籍住民施策懇話会委員 2014.4〜2016.3 大阪府東大阪市
特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会評議員 2013.7〜 特定非営利活動法人シャプラニール(東京都)
西日本地区入国者収容所等視察委員 2013.7〜 法務省
コミュニティ通訳ボランティアにおける通訳スキルレベルチェック事業推進委員会委員 2012.12〜2013.3 大阪府国際交流財団 
外務省NGO研究会「大学とNGOの連携」委員 2012.4〜2013.3 特定非営利活動法人関西NGO協議会
兵庫県長期ビジョン審議会委員 2012.4〜 兵庫県
医療通訳士協議会(JAMI)理事 2012.4〜 医療通訳士協議会
箕面市国際交流協会評議員 2011.4〜 公財)身の牛国際交流協会
ひょうごラテンコミュニティ特別顧問 2011.4〜 ひょうごラテンコミュニティ
自治体国際化協会情報共有化委員会委員 2010.9〜2011.3 一財) 自治体国際化協会CLAIR(クレア)
兵庫県専門的・高度外国人材活用政策懇話会委員 2010.4〜2011.3 兵庫県
兵庫県県民生活審議会委員 2009.4〜2012.3 兵庫県
多文化共生マネージャー全国協議会理事 2009.3〜 特非)多文化共生マネージャー全国協議会
兵庫県「若人の賞」審査委員 2007.4〜 兵庫県
ひょうご震災記念21世紀研究機構 母語教育支援研究部会委員  2007.4〜2008.3 財)ひょうご震災記念21世紀研究機構
旧神戸移住センター再整備基本計画検討委員 2007.4〜2008.3 神戸市
ひょうご海外技術研修員選考委員 2006.4〜2007.3 JICA兵庫
兵庫県国際交流協会 運営委員 2005.4〜2010.3 財)兵庫県国際交流協会
兵庫県生涯学習審議会審議委員 2005.4〜2009.3 兵庫県
ユニバーサル社会づくりひょうご推進会議委員 2005.4〜 兵庫県
ひょうご市民活動協議会 共同代表 2005.4〜 ひょうご市民活動協議会
日本国際交流センター「社会に活力を与える多文化社会
構築プロジェクト」 研究員
2005.2〜2007.9 財)日本国際交流センター(東京都)
日本学術振興会 人文・社会科学振興プロジェクト「多元的共生社会の構築―被災地の現場における共生社会の構築―」研究メンバー 2004.4〜2005.3 日本学術振興会
兵庫県多文化共生教育推進協議会委員 2004.4〜2005.3 兵庫県教育委員会
兵庫県・国際的な人の移動研究会委員 2004.4〜2005.3 兵庫県
国立民族学博物館共同研究員 2003.4〜2005.3 国立民族学博物館
兵庫県人権問題研究アドバイザー 2003.4〜 財)兵庫県人権啓発協会
CODE海外災害援助市民センター理事 2002.1〜 特非)CODE海外災害援助市民センター
入管協会インフォメーションセンタースペイン語相談員 2000.4〜2011.3 財)入管協会
たかとりコミュニティセンター常務理事 2000.4〜 特非)たかとりコミュニティセンター
兵庫県外国人県民共生会議メンバー 1999.10〜 兵庫県
阪神・淡路大震災記念協会推進委員 1999.4〜2006.3 財)阪神・淡路大震災記念協会
World Kids Community(ワールドキッズコミュニティ)
設立者・代表
1998.1〜 ワールドキッズコミュニティ
NGO神戸外国人救援ネット 設立メンバー/運営委員 1995.3〜 NGO神戸外国人救援ネット
関西中南米協会 会長(理事/事務局長を経て2016.3より) 1990.4〜 関西中南米協会

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
移民政策学会 (2008〜 )
多文化関係学会 (2005〜 )
日本公共政策学会(2008〜2016)

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
移民政策学会理事 2008 〜2015, 2017〜 うち2013年〜2015年/常任理事・企画委員長

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1979-1981 在神戸アルゼンチン総領事館秘書
1990-1994 在神戸ボリビア名誉総領事館秘書
1990-1994 マリアテレサスペイン語スクール非常勤講師
1995-2016 エフエムわぃわぃ(1996年に株式会社として設立、2011年よりNPO法人に移行)取締役プロデューサーを経て代表理事 1996.1月ー8月まで職員、その後は役員(無報酬)
1996-1998 多文化共生センター神戸代表
1999-現在に至る 特定非営利活動法人 多言語センターFACIL理事長 2011年度より無報酬役員
2011-2016 大阪大学グローバルコラボレーションセンター特任准教授
2005〜現在に至る 関西学院大学経済学部、社会学部(2009まで)、大学院言語コミュニケーション文化研究科(2015まで) 非常勤
2009-2014 関西大学政策創造学部 非常勤
2011-現在に至る 京都外国語大学 非常勤
2012-2014 同志社大学大学院総合政策科学研究科 非常勤

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
兵庫県功労賞(国際協力) 2013.5 兵庫県
文化庁長官表彰 2013.6 文化庁

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
トヨタ財団国際助成 バイリンガル環境で育つ子どもたちの言語形成に考慮した教育環境整備事業—韓国との連携で広げるネットワーク構築へ— トヨタ財団 2013-2015 研究代表者
日米交流プログラム
(ハワイ東西センター)
災害後の地域復興における市民参加
国際交流基金 2015-2017 研究分担者
科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  二つ以上の言語環境で育つ子どもの支援体制に関する研究―日系ボリビア人の事例からー 日本学術振興会 2016-2018 研究代表者
二国間交流事業(大阪大学) 東南ヨーロッパと東アジアにおける移民:民族誌的事例研究からの展望 日本学術振興会 2017-2019 研究分担者

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
グローバルメディア科目ーネットワーク構築ー 世界共生学科
グローバルメディア科目ー国際情報分析ー 世界共生学科
多言語多文化マネジメント 学際系
グローバル共生研究Ⅰー多言語多文化マネジメント論ー 国際コミュニケーション研究科
グローバル共生研究Ⅴーグローカル視座からの多言語多文化社会論ー 国際コミュニケーション研究科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
文献から得られる知識だけではなく、実践現場で培ってきた独自の経験を具体的な事例として実感をもって伝えることにより、そこから学生たちが普遍的な理論を導きだす力を養ってほしいと考えています。そのため、映像や実際の掲載記事などわかりやすい教材を活用しています。