グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

池内 正幸Masayuki Ike-uchi


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 英米語専攻長/言語教育開発センター部門長/教授 所属 外国語学部 英米語学科
ふりがな いけうち まさゆき 生年 1949年
学歴 東京教育大学文学部文学科英語学英文学専攻卒業(1972年)
東京教育大学大学院文学研究科英文学専攻(修士課程)修了(1974年)
東京教育大学大学院文学研究科英文学専攻(博士課程)単位取得後退学(1976年)
マサチューセッツ工科大学言語学・哲学科(フルブライト若手研究員)(1989-91年)
エジンバラ大学哲学・心理学・言語科学部 言語学・英語学科 言語進化・計算研究ユニット(津田塾大学在外研究員)(2007-08年)
学位 文学修士[東京教育大学](1976年)
博士(文学)[東京都立大学](2003年)
研究分野 進化生成言語学、生成文法理論、現代英語・日本語の統語論
研究テーマ 言語の起源と進化の研究、ミニマリスト・プログラムに拠る生成統語論研究

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
『名詞句の限定表現』 1985年 大修館書店
『言語研究入門——生成文法を学ぶ人のために』 2002年 研究社 編著. 大津由紀雄、今西典子、水光雅則
Current Issues in English Linguistics 2003年 Kaitaku-sha co-edit. Masatomo Ukaji, Yoshiki Nishimura
Predication and Modification—A Minimalist Approach 2003年 Liber Press
『明日に架ける生成文法』 2005年 開拓社 中島平三
『言語と進化・変化』 2009年 朝倉書店 編著
『ひとのことばの起源と進化』 2010年 開拓社
『生成言語研究の現在(いま)』 2013年 ひつじ書房 編著. 郷路拓也
『言語の設計・発達・進化』 2014年 開拓社 編著. 藤田耕司、福井直樹、遊佐典昭

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
進化生成言語学とは何か 2011 3 KLS 31: Proceedings of the 35th Annual Meeting of the KLS
進化言語学とは何か 2011 7 『ことばの事実をみつめて— 言語研究の理論と実証』
進化言語学研究の過去・現在・未来 2011 11 『日本語学』
進化生成言語学の最近のトピックスーー「学際性」をめぐって 2012 3 Studies in Language Sciences
Recent Archaeological Evidence Suggests Much Earlier Emergence of Human UG. 2012 3 Proceedings of Evolang 9
進化言語学の方法論:反証主義と”妥当性” 2012 3 『進化言語学の構築』
生成言語研究の現在(いま) 2013 3 『生成言語研究の現在(いま)』
FLNとFLBの創発に関する覚え書き:ミニマリスト・プログラムに拠るアプローチ 2014 11 『言語の設計・発達・進化』
Proposing the Hypothesis of an Earlier Emergence of the Human Language Faculty 2016 3 Advances in Biolinguistics

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
現代進化言語学の最近のトピックス 2010 9 慶応言語学コロキアム 招待講演
進化生成言語学の最近のトピックスーー「学際性」をめぐってーー 2011 11 立命館大学学術講演会 招待講演
現代進化生成言語学の最近の学際的トピックス 2011 12 第20回音声学セミナー(東京大学) 招待講演
Recent Archaeological Evidence Suggests Much Earlier Emergence of Human UG 2012 3 The 9th International Conference of the Evolution of Language, Kyoto, Japan
On the Irrelevance of E-languages to the Question of Language Evolution 2013 7 19th International Congress of Linguists, Geneva, Switzerland
On the Emergence of Human FLN and FLB 2013 12 生物言語学・東京ワークショップ(上智大学)
ヒトのことばは、「どのようにして」、「いつ」起源したのか? 2016 2 慶応言語学コロキアム 招待講演
ヒトのことばの起源と進化 2016 7 京都外国語大学 講演会 招待講演

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
中学校教諭1級普通免許(外国語) 1972年 昭47.中1普第14897号
高等学校教諭2級普通免許(外国語) 1972年 昭47.高2普第15798号
高等学校教諭1級普通免許(外国語) 1974年 昭49.高1普第773号

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
東京言語研究所 理論言語学講座 講師・運営委員会委員 2001 4~ 東京言語研究所
市河賞(語学教育研究所主催)選考委員会委員・委員長 2010 4~ 語学教育研究所
日本学術振興会科学研究費委員会専門委員 2013他 日本学術振興会

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本英語学会、日本言語学会、アメリカ言語学会、財団法人語学教育研究所、日本進化言語学フォーラム(Japan Evolutionary Linguistics Forum (JELF))、武蔵野生成言語学研究会(Generative Linguistics in Musashino (GLiM))

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
日本英語学会 編集委員 1991 4~1995 3
日本英文学会 編集委員 1996 4~2000 3
日本英語学会 事務局長 2004 4~2005 3
日本英語学会 評議員 2007 4~2016 3
日本英語学会 理事 2009 12~2014 3
日本英語学会 学会賞選考委員会委員長 2014 4~2015 3

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1976 4~1980 3 愛知県立大学文学部/愛知県立女子短期大学英文学科専任講師
1980 4~1984 3 愛知県立大学文学部/愛知県立女子短期大学英文学科助教授
1984 4~1993 9 上越教育大学助教授学校教育学部
1993 10~1999 3 上越教育大学教授学校教育学部
1999 4~2016 3 津田塾大学学芸学部英文学科教授
2008 11~2012 10 津田塾大学 学長補佐(学務担当)
2013 4~2015 3 津田塾大学大学院 文学研究科委員長
2015 4~2016 3 津田塾大学言語文化研究所 所長

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
市河賞 2004年 10月 語学教育研究所主催

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
科研費一般研究(C) 叙述に関する統語的・意味的研究ーー二次的叙述を中心に 上越教育大学 平成5~6年度
科研費基盤研究(C)(2) LFの内と外ーー最新ミニマリスト・プログラム研究 津田塾大学 平成11~12年度
科研費基盤研究(C)(2) ミニマリスト・プログラムにおける判読可能性条件の研究 津田塾大学 平成13~14年度
科研費基盤研究(C)(2) 最新極小主義理論研究ーー進化と複雑系の視点から 津田塾大学 平成15~17年度

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
英米文化研究I-1,2, I-3,4 外国語学部 英米語学科
Advanced Reading B-3,4 外国語学部 英米語学科
英語学研究III(生成統語論) 大学院国際コミュニケーション研究科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
ただ何となくこんな意味になるというような文解釈ではなく、文法、構文、語彙、談話・語用論の要素などを総合的に活用して"きちん"とした文解釈・理解ができるようにしたい。そして、それを通して、ヒトだけが持つ「ことば」の不思議さ(の一端)に辿り着ければと思う。