グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

高田 康成TAKADA, Yasunari


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 現代英語学科長/教授 所属 現代国際学部 現代英語学科
ふりがな たかだ やすなり 生年 1950年
学歴 国際基督教大学教養学部卒業
東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退
学位 文学修士(東京大学)
研究分野 表象文化論、異文化コミュニケーション論
研究テーマ ルネサンス研究。戦後日本思想研究。

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
『キケロ ヨーロッパの知的伝統』 1999年 岩波書店
『クリティカル・モーメント 批評の根源と臨界の認識』 2010年 名古屋大学出版会
Transcendental Descent: Essays in Literature and Philosophy 2006 Ce ntre of Philosophy University of Tokoy
The Body and the Soul in Medieval Literature 1999 Boydell & Brewer
Platonism and the English Imagination, 1994 Cambridge University Press
The Classics and National Cultures, 2009 Oxford University Press

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
“How to Do Things with ‘Fall-Out” Systems in Troilus and Cressida,” 1984 Shakespeare Studies,Vol.20
“Hevene’ in Criseyde: Dante’s Festa’ and Chaucer’s ‘Feste" 1988 Philologia Anglica:((Tokyo:Kenkyusya)
“The Brooch of Thebes and the Girdle of Venus: Country Love in an Oppositional Perspective,” 1989 Poetica,29/39
“Vulcan Cuckolded by Mars: Archetypal Adultery and Its Subsequent Undercurrents,” 1991 Proceedings of the College of Arts and Sciences, the University of Tokyo,38
“From The House of Fame to Politico-Cultural Histories,” 1992 Chaucer to Shakespeare, Cambridge: Boydell & Brewer
“Against the Grain of Tragedy,” 1992 Proceedings of the College of Arts and Sciences, the University of Tokyo, 39
“Chaucer’s Use of Neoplatonic Traditions,” 1994 Platonism and the English Imagination, eds. S. Hatton & A. Baldwin (Cambridge: Cambridge University Press
“An Augustan Representation of Cicero,” 1996 Enlightened Groves (Tokyo:Shohakusha)
“Common Profit and Libidinal Dissemination in Chaucer,” 1999 The Body and the Soul in Medieval Literature (papers from J.A.W. Bennett Memorial Lectures), (D.S. Brewer)
”The Illusions of the Modern and the Pleasures of the Pre-Modern,” 2002 Overcoming Postmodernism: “Overcoming Modernity” and Japan, (eds.) Kevin Doak & Y. Takada (Tokyo: Shubun-kan)
“Leonardo Bruni’s Cicero Novus,” 2002 European Studies (DESK, the University of Tokyo,)
”Shakespeare as Shake-Scene,” 2004 Studies in World Literature and Translation (Beijing: Peking University),
“Postmodern Girl,” 2004 Cultural Studies in Asia, eds. S-K. Kim & A. Gordon (Seoul: Seoul National UP)
”A Shakespearean Distance,” 2005/6 Shakespeare Studies, XLIII
“Translatio and Difference: Western Classics in Modern Japan,” 2010 The Classics and National Cultures, eds S. Stephens & , P. Venusa (Oxford UP),
“Chaucer’s Allergy,” 2010 Poetica 73
“La diffusione di Virgilio e Orazio, ovvero la letteratura latina al di là delle culture,” 2013 Aspetti della fortuna dell’antico nella cultura europea: Atti dell’ottava Gironata di studi (Sestri Levante, 18 marzo 2012), a cura di S. Audano (Il Castello Edizioni),

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
“Valeria’s Speechless Eloquence: Coriolanus and the Liminality of the Roman World,” 13th March, 2013, 13th March, 2013, University of Huleva (Spain), SEDERI Conference.
“Notes Toward a Configuration of Postwar Japanese Philosophy,” 2 September, 2012 dvance Institute for Humanities and Social Studies, National Taiwan University.
“How to Do with Self-Fashioning in the Post-Showa Era: Tomoyuki Hoshino as a Point of Departure,” 8 June, 2012 Yonsei University (Korea)
“La Diffusione di Virgilio e Horazio,” 16 marzo, 2012 La Levante Sestri.
“The Black Book as a Postmodern Black Ship,” the annual convention of the American Academy of Religion, 21st November, 2011, San Francisco. 21st November, 2011 he annual convention of the American Academy of Religion, San Francisco.
Encounter of the Three Kinds: Copying with the Modern West,” 12th September 2011. at the Launch of the Irish Institute for Japanese Studies, University College Cork (Ireland)
“Archeologia del Gusto,” al 22 e al 23, marzo, 2011 Università degli studi di Bologna

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
東京大学大学院総合文化研究科付属グローバルコミュニケーション研究センター創設 2012
東京大学教養学部交換留学制度AIKOM創設 1995

作成した教科書

教科書名(対象講義名) 単・共 年月 備考
『ムーサよ語れ』(総合科目) 2002

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
文学修士 1976 東京大学

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
シェイクスピア原典講読 1990~現在 朝日カルチャーセンター新宿

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本シェイクスピア協会
国際シェイクスピア学会(ISA)

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
日本シェイクスピア協会 編集委員 2004~2010
日本英文学会 編集委員 1992~1997
日本英文学会 監事 2005~07
日本西洋中世学会評議員 2008~2012

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
大阪大学言語文化部 1976~1982 助手・講師
東北大学文学部 1982~1989 講師・助教授
東京大学教養学部 1989~1994 助教授
東京大学教養学部 1994-5 教授
東京大学大学院総合文化研究科 1995~2015 教授
名古屋外国語大学 2015~ 教授
Cambridge大学Emmanuel College留学 1978~1980 British Council給付生留学生
Yale大学留学 1985-86 フルブライト・フェロー
フィレンツェ大学1996-7 客員研究員
Leipzig大学研究員 2003 DAAD短期フェロー
Yale大学客員研究員 Yale=東大イニシアティヴ派遣研究員

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
科学研究費補助金 シェイクスピの近代初期改作と近代論に関する表象文化論的考察 東京大学 2013
科学研究費補助金 その受容に関する根源的表象分析 名古屋外国語大学 2016

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
専門書講読

専門書講読 II
現代国際・現代英語
現代英語総合演習II 現代国際・現代英語
現代英語総合演習IV 現代国際・現代英語

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
学生が少しでも興味と関心を示すような主題を模索して、1年生対象の「現代英語総合演習II」では夏季イギリス・アイルランド研修へ向けての内容とし、2年生対象の「現代英語総合演習IV」では時事ネタを中心に学生が材料を持ち寄るかたちとし、3年生対象の「専門書講読 II」次年度の卒業研究・卒業論文の準備として論文形式訓練となるようにした。