グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

山内 進Susumu Yamauchi


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 教授 所属 外国語学部 英米語学科
ふりがな やまうち すすむ 生年 1949年
学歴 琉球大学法文学部英語英文学科卒業 (1972年)
University of Texas at Austin /テキサス大学オースティン校修了 (1986年)
学位 文学士(琉球大学)
Master of Arts / 文学修士 (テキサス大学)
研究分野 外国語教育
応用言語学
社会言語学
研究テーマ 外国語教育
第二言語習得論
Reading Development

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
『戦後沖縄とアメリカ: 異文化接触の20年』
1995 沖縄タイムス社 編著者:照屋義彦、山里勝己
『アメリカTESOL留学教師たちの大学院物語』 1999 沖縄時事出版 編著者:山内 進
『言語教育学入門:応用言語学を言語教育に活かす』
2003 大修館書店 編著者:山内 進

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
Teaching Culture in Japanese EFL Class 1986 Southern Review. No. 1, 43-57. 沖縄外国文学会
Cloze Test for Japanese English Learners
1989 Southern Review. No. 4, 126-139. 沖縄外国文学会
An Experiment with Cloze Procedure on Japanese EFL Learners: On the Diagnostic Power of Cloze Procedure. 1990 Ryudai Review of Language and Literature. No. 35. 1-25.
琉球大学
Why Can’t Taro and Hanako write good English Paragraphs? 1991 『紀要』第19号、6-16.
九州英語教育学会
理想的な英語教師作成テストの特性について 1991 沖英研紀要』第1号、3-16.
沖縄英語教育研究会
アメリカにおけるバイリンガル教育の現状と課題 1992 『アメリカ文明と地域の役割』 59-76.
琉大アメリカ研究会
Validity of Measuring Oral Production Ability on Paper-and-Pencil Tests 1992 『紀要』第20号、72-82.
九州英語教育学会
Cloze Procedure and Listening Comprehension Tests 1993 『言語文化研究紀要』
第2号、51-64. 琉球大学
Development of Freshman EFL Students’ Listening Comprehension Ability 1993 Ryudai Review of Language and Literature. No. 38. 173-198. 琉球大学
変革期の学校英語教育—アンケートにみる沖縄県高等学校英語教育の現状と課題 1996 『沖英研紀要』 第5号、39-94. 沖縄英語教育研究会
パラグラフ概念の明晰生と曖昧性 1996 『琉球大学欧米文化論集』 第31号、 77-98.
社会言語学的問題としてのエボニックス論争 1999 沖縄英語教育学会紀要』 第1号、 55-84.
外国語教育におけるG-T Method 2000 沖縄英語教育学会紀要』 第2号、 35-62.
言語と社会 2004 言語教育学入門:応用言語学を言語教育に活かす』 大修館書店 3-22.
終戦直後の沖縄における初等学校英語教育—沖縄版Let’s Learn Englishの分析 2006 『沖縄英語教育学会紀要』 第5号、 1-32.
多様化する英語と日本における受容—社会言語学的視点からの言語教育 2007 『月刊 言語』Vol.35, No. 4, 58-63. 大修館書店
ハファダイ・グアム!
〜グアムの社会言語事情〜
2009 『沖縄英語教育学会紀要』第9号. 37-56.
外国語教育における音読と黙読の役割 2009 『紀要』 第37号、43-52.
九州英語教育学会
ボンジュール・カナダ
〜多言語・多文化主義国家を旅する〜
2010 『沖縄英語教育学会紀要』 第10号. 67-90
The Interrelationship between Reading Comprehension and Inferencing in
Incidental Vocabulary Meaning Acquisition in L2 Reading
2012 『紀要』第40号、31-40
九州英語教育学会

主な教育上の業績

作成した教科書

教科書名(対象講義名) 単・共 年月 備考
『改訂版・高校英語の基礎』 1983年4月 高校生用文法書
『言語教育学入門:応用言語学を言語教育に活かす』 2003年12月 大学高学年及大学院生用

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
中学校・高等学校教員免許状(英語)
1972年3月 沖縄県

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
沖縄科学技術研究都市形成に関する調査検討業務「教育施設に関する専門委員会」委員 1999年1月24日〜2000年3月31日 沖縄県
沖縄県国際交流財団・人材育成財団留学生専攻委員会委員 2001年4月1日〜2003年3月31日 沖縄県
沖縄県スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール(SEL Hi)運営指導委員(委員長) 2003年8月22日〜2006年3月31日 沖縄県教育庁
沖縄県立球陽高等学校評議員 2005年4月1日〜2007年3月31日 沖縄県立球陽高等学校

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
全国英語教育学会、九州英語教育学会、沖縄英語教育学会

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
全国英語教育学会 理事 2010年4月〜2014年3月
九州英語教育学会 会長 2010年4月〜2014年3月 2014年11月より顧問
沖縄英語教育学会 会長 1999年4月〜現在

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1974年4月〜1982年9月 沖縄県立宮古水産高校、名護高校、首里高校(英語教諭)
1988年10月〜1992年3月
琉球大学教養部 講師
1992年4月〜1995年3月  琉球大学教養部 助教授
1995年4月〜2015年3月 琉球大学教育学部 教授
2015年4月〜現在 名古屋外国語大学英米語学科 教授

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
U-S Japan Foundation Fund(米日財団、本部ニューヨーク) 『沖縄県の中学・高校におけるアメリカ教育:社会科及び英語科の共同授業の導入』 U-S Japan Foundation(米日財団、本部ニューヨーク) 2000年〜2001年の3年間