グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

浅川 照夫Teruo ASAKAWA


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 英米語学科長/英語コミュニケーション専攻長/教授 所属 外国語学部 英米語学科
ふりがな あさかわ てるお 生年 1950年
学歴 宇都宮大学教育学部中学校教員養成課程英語科卒業 (1972)
東京教育大学大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了 (1976)
学位 文学修士(東京教育大学 1976)
博士(情報科学)(東北大学 2003)
研究分野 英語学、英語教育
研究テーマ 英語前置詞の意味拡張
英語構文の発生と衰退

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
『助動詞』(新英文法選書第4巻) 1986.2 大修館書店

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
"Remarks on Unbounded Adverb Preposing" 1978.6 Studies in English Linguistics
"Where does the Extraposed Element Move to?" 1979.7 Linguistic Inquiry
"Evidence for the Layered VP Structure" 1981.11 Studies in English Linguistics
「遊離数量詞に関する一考察」 1983.3 金沢大学文学部論集・文学科編
「Hard Nut 構文と動的文法理論」 1984.6 東北大学教養部紀要
「名刺表現の派生的性質について」 1984.6 月刊「言語」
「動詞の補部ー基本から特殊へ」 1984.12 英語教育
「文補部と障壁について」 1987.3 東北大学教養部紀要
「There seem 構文について」 1990.5 『現代英語学の諸相』
"Lexical Extension of the Verbs of Appearance" 1992.4 Synchronic and Diachronic Approaches to Language
"Dynamism and Tough Constructions" 1994.6 Interdisciplinary Information Sciences
"A Dynamic Approach to Tough Constructions in English and Japanese" 1995.3 Tough Constructions in English and Japanese: Approaches from Current Linguistic Theories
"Habituals, Frequency Relatives and Sum Situations" 1996.8 Interdisciplinary Information Sciences
"On Aspectual Away" 2000.12 Empirical and Theoretical Investigations into Language
「継続・反復の away」 2003.12 英語青年
「動詞の意味と構文の拡張(1)」 2003.7 国際文化研究科論集
「沈黙・抑圧の down」 2005.12 英語青年
「動詞の意味と構文の拡張(2)」 2007.12 国際文化研究科論集
「前置詞 "out" 再考(1)」 2009.12 国際文化研究科論集
「前置詞 "out" 再考(2)」 2010.12 国際文化研究科論集
「前置詞 across の通路用法について」 2013.10 『言語におけるミスマッチ』

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
"A Genesis of the Time-Away Construction" 2000.10 東北英文学会
「事例研究からみた英文法の一断面」 2008.5 日本英文学会
「経路を表す前置詞の意味について」 2013.10 英語コーパス学会

主な職務上の業績

資格・免許

資格・免許の名称 取得年月 発行者・登録番号 備考
中学校教員英語免許状1級 1972.3 栃木県教育委員会
高等学校教員英語免許場2級 1972.3 栃木県教育委員会

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
外部評価委員会委員長 2005.6-2005.12 大阪大学言語文化研究科
国立大学教育研究評価委員会専門委員 2008.2-2009.6 独立行政法人大学評価・学位授与機構

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本英文学会、日本英語学会、東北英文学会

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
日本英語学会・大会準備委員 1992.5-1994.4
日本国際文化学会・常任理事 2006.7-2008.3

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1976.4-1980.3 北見工業大学一般教育等人文系講師
1980.4-1984.3 金沢大学文学部助教授
1984.4-1993.3 東北大学教養部助教授
1993.4-2003.3 東北大学情報科学研究科助教授
2003.4-2007.3 東北大学国際文化研究科教授
2007.4-2014.3 東北大学高等教育開発推進センター教授
2014.4-2015.3 東北大学高度教養教育・学生支援機構教授
2015.4- 名古屋外国語大学教授

科学研究費等外部資金採択実績

名称 題名 機関名(採択時) 年度 備考
科学研究補助金・基盤研究(C) 英語構文の意味と構造の拡張 東北大学 2007-2008
科学研究補助金・基盤研究(C) 経路を表す前置詞の意味と用法の研究 東北大学 2009-2011

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
英語B 外国語学部英米語学科
英文研E(言語A) 外国語学部英米語学科
英語教育法研究・語用論 大学院国際コミュニケーション研究科
英語教育法研究・語彙論 大学院国際コミュニケーション研究科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
英語理解の基本となる語彙力と文法力を伸ばすために、意味のわかっている語彙でも辞書を丹念に読むこと、やや複雑な構文では意味が通じるように自分の力で徹底的に構文解析をおこなうこと、の二つを指導する。