グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

真田 郷史SANADA Satoshi


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 教授 所属 外国語学部 世界教養学科
ふりがな さなだ さとし 生年 1955年
学歴 南山大学文学部哲学科卒業(1980年)
名古屋大学大学院文学研究科哲学専攻博士前期課程修了(1984年)
名古屋大学大学院文学研究科哲学専攻博士後期課程満期退学(1988年)
学位 文学士[南山大学](1980年)、文学修士[名古屋大学](1984年)
研究分野 哲学・倫理学
研究テーマ スピノザの哲学・倫理思想

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
『わたし・あなた・いのち』 1994.3 学術図書出版社
『シェリング読本』 1994.10 法政大学出版局
『実存思想論集XIV』 1999.8 実存思想協会
『名古屋大学哲学論集』 2000.3 名古屋大学哲学会

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
スピノザにおける個物認識の構造 1982.3 名古屋大学大学院『院生論集』 査読無
スピノザにおける感情制御の問題 1982.11 『哲学の探究』 査読無
スピノザ感情論による感情(affectus)の基本的構造に関する考察 1984.1 名古屋大学大学院修士論文
スピノザの倫理思想(とりわけその行為論)における目的因の否定について 1986.3 中部哲学会 査読有
Le Déterminisme et la Liberté chez Spinoza(仏文) 1987.3 名古屋大学大学院『人文科学研究』 査読無
スピノザ哲学における「決定論と自由」の問題 1987.5 日本哲学会 査読有
スピノザの倫理思想における目的因の否定-人間本性の型を巡って- 1987.9 京都哲学会 査読有
スピノザの倫理思想における「決定論と当為」の問題 1988.3 日本倫理学会 査読有
〈驚き(admiration)〉をめぐる問題-スピノザのデカルト批判を手がかりにして- 1989.2 愛知女子短期大学『研究紀要』 査読無
スピノザにおける「善」のメタ倫理学的考察(上)-スピノザの価値論(1) 1989.10 名古屋外国語大学『紀要』 査読無
On the Significance of conatus in the Ethics of Spinoza (1)(英文) 1994.1 名古屋外国語大学『紀要』 査読無
スピノザとシェリング-力の概念をめぐって- 1994.10 法政大学出版局『シェリング読本』 査読無
スピノザにおける「悪の問題」-コナトゥス論の圏内- 1999.8 実存思想協会 査読無
コナトゥスと変化-コナトゥス論への予備的考察- 2000.3 名古屋大学哲学会 査読無
コナトゥスと階層(一) 2002.8 名古屋外国語大学『紀要』 査読無
コナトゥスと階層(二) 2003.2 名古屋外国語大学『紀要』 査読無
コナトゥスと階層(三) 2003.8 名古屋外国語大学『紀要』 査読無

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
スピノザにおける感情制御の問題 1982.7 全国若手哲学研究者ゼミナール
スピノザにおける目的因の否定と倫理規範 1985.3 フランス哲学研究会
スピノザの倫理思想における目的因の否定について 1985.10 中部哲学会
「スピノザの決定論」再考-行為論的視点から- 1986.10 名古屋哲学会
スピノザにおける責任の問題について 1987.7 デカルト研究会
高邁をめぐる問題 1990.3 デカルト研究会
価値判断の普遍妥当性をめぐる問題 1991.7 デカルト研究会
コナトゥスの論理 1993.3 デカルト研究会
オランダにおけるスピノザ研究の一端 1995.12 デカルト研究会
コナトゥスと変化-「コナトゥス論」への予備的考察- 1997.4 スピノザ協会
コナトゥスと悪 1999.4 名古屋大学哲学会
コナトゥスと階層 2002.1 スピノザ協会

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
キャリアプラン講座において、業種・職種研究を課題としたレポートを作成させ、PowerPointによるプレゼンテーション演習を指導。 2006.4~2010.3

作成した教科書

教科書名(対象講義名) 単・共 年月 備考
『わたし・あなた・いのち』(倫理学概論) 1994.3
『教養入門』(教養入門) 2008.3~2013.3

主な職務上の業績

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
文部省大学入試センター教科専門委員会委員 1996.4~1998.3 文部省大学入試センター
文部省大学入試センター試験問題等データベース教科・科目別作成委員会委員 1998.6~2002.3 文部省大学入試センター

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本哲学会、日本倫理学会、日仏哲学会、実存思想協会、スピノザ協会、名古屋大学哲学会、京都哲学会、中部哲学会

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
スピノザ協会運営委員 2002.4~2016.7

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1987.10~1993.3 愛知女子短期大学非常勤講師
1988.4~1992.3 名古屋外国語大学講師
1992.4~2003.3 名古屋外国語大学助教授
1992.4~2004.3 南山大学非常勤講師
2003.4~現在 名古屋外国語大学教授
2005.4~現在 名古屋学芸大学非常勤講師

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
現代を生きる哲学、CASPI・II、教養ゼミ 外国語学部