グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

高士 京子TAKASHI (WILKERSON) Kyoko


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 教授 所属 外国語学部 日本語学科
ふりがな たかし きょうこ 生年 1962年
学歴 帝塚山学院大学文学部英文学科卒業 (1985年)
米国ジョージタウン大学大学院 修士課程 言語学専攻 修了(1987年)
同大学大学院 博士課程 応用言語学専攻 理論言語学副専攻 修了(1990年)
学位 文学学士 [帝塚山学院大学] (1985年)、言語学修士(Master of Science in Linguistics)[ジョージタウン大学] (1987年)、言語学博士(Ph.D. in Linguistics))[ジョージタウン大学] (1990年)
研究分野 社会言語学
研究テーマ クリティカル談話分析
ポリティカルコレクトネス
ネーミング研究

主な研究業績

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
Emotivity in Narrative Discourse: Cross-cultural and Cross-gender Perspectives 2007 The Dynamics of Language Use.
Recovering the “Japanese” in Narrative 2008 Oral and Written Narratives and Cultural Identity:Interdisciplinary Approaches.
Linking Behavioral Training and Scientific Thinking 2011 Emerging Literacy: Children’s Books from 0 to 3.
Cape Roca and Beyond:Journey into Self-Discovery 2013 Intercultural Communication, Representations and Practices: A Global Approach.
The Price of Home: Names and Prestige of Domicile in Japan


2013 Names in the Economy: Cultural Prospects

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
Karoushi and WorkplaceReform: Language and Cultural Patterns in the Creation of New Diseases 2007.10 1st International
Conference on Language and Health Care
Individuation and Formulaic Expressions in Japanese 2010.3 FLaRN 2010 Conference
(Interdisciplinary Conference on Formulaic Language)
Cape Roca and Beyond: Journey into Self-Discovery 2011.5 II International Conference on Intercultural Studies
(ISCAP)
What's in a Name? : Prestige Levels of Residence Names 2012.6 4th Names in the Economy Syposium
Democracy of Signs: Prescription and Liberty in Japanese Names 2013.6 4th Prescriptive Confenrece:
Prescription & Tradition in Language

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
学部生と留学生が履修する「英文日本事情」の授業で、日本人学生をインフォーマントするグループプロジェクトを通して、日本人学生と留学生の共同作業を奨励 2001.9
ムードル利用による、提出課題に対しての学生間のフィードバックや教師からの迅速な添削指導 2011.4

主な職務上の業績

社会的活動等

活動事項 期間(年月) 活動機関名
名古屋市女性会館主催講座「表現する女たち」を担当 2008.6 名古屋市女性会館
(備考:1)「言葉の性差:力関係がものをいう?」
2)「女言葉・男言葉:イメージと実態」)

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
アメリカ応用言語学会(AAAL)、アジア研究学会(ASA)、全米日本語教育学会(ATJ)、日本語教育学会

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
米国日本語教師学会 会計 1990.9-1994.5

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
1987.8-1990.6 米国アメリカン大学外国語学部 非常勤講師 
非常勤講師
米国アメリカン大学外国語学部   
非常勤講師
1990.9-1996.8 米国ミドルベリー大学日本語学部 助教授
1996.9-1998.7 米国ウェイクフォレスト大学東アジア言語文学部 助教授
助教授

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
英語B5・6 (英語講読・文法)

外国語学部日本語学科
日本文化研究B1・2 (社会言語学)
外国語学部日本語学科
英語概説 外国語学部日本語学科
日本語D3・4 (言語と社会)
外国語学部日本語学科
言語文化研究Ⅷ (応用言語学)
大学院
言語文化研究Ⅷ (対照言語学) 大学院