グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 大学案内 > 教員紹介

伊藤 達也ITO Tatsuya


教員の教育・研究活動報告

役職/職名 フランス語学科国際交流委員/教授 所属 外国語学部 フランス語学科
ふりがな いとう たつや 生年 1968年
学歴 慶應義塾大学文学部文学科フランス語フランス文学専攻修了(1992年)
フランス国立パリ大3大学言語学科修士課程(慶応義塾派遣交換留学)(1993年)
フランス国立パリ第7大学言語学科修士課程修了(1995年)
慶應義塾大学文学研究科フランス文学専攻修士課程修了(1997年)
フランス国立パリ第7大学DEA課程修了(1998年)
フランス国立パリ第10大学博士課程修了(2003年)
学位 文学士[慶應義塾大学](1992年)、言語学修士(75796AA0045)[フランス国立パリ第7大学](1995年)、文学修士[慶應義塾大学](1997年)、DEA(No PARVII 848349)[フランス国立パリ第7大学](1998年)、言語学博士(No 22034115)[フランス国立パリ第10大学](2003年)
研究分野 フランス語学、語彙意味論、日仏対照言語学
フランス語圏文化、翻訳理論
研究テーマ 動詞の語彙意味論
日仏対照言語学
統語の意味論的側面、統語の意味に対する自律性
多義性
談話標識の意味論
翻訳理論

主な研究業績

著書

題名 単・共 発行日 発行所名 備考
Interactions en jeu dans la variation sémantique des unités morpho-lexicales. Deux études de cas : l’adjectif bon en français et la réduplication en japonais. 2003.3 Université de Paris X - Nanterre 博士論文(仏語)
423p.

学術論文

題名 単・共 発行・発表日 発行雑誌又は発行学会等の名称 備考
Sur la réduplication des pronoms interrogatifs en japonais –
nani nani, dare dare, itsu itsu, doko doko
1999 Japon Pluriel 3, Philippe Picquier, Société Française des Etudes Japonaises 仏語
pp. 315-322
「形容詞bonの多義性の理解に向けて」 2004.5 『フランス語学研究』日本フランス語学会 38号 pp. 1-11
Sarah de VOGUE et Rémi CAMUS (eds) Linx No 50 Variations
sémantiques et syntaxiques des unités lexicales : études de six
verbes français, Université Paris X.
2005.5 『フランス語学研究』日本フランス語学会 39号 pp. 80-81
「量を表す目的語を伴う仏語couperと日本語ワル、キルの意味論的考察」 2006.8 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 30号 pp. 83-106
「Voir と「見る」に於ける知覚動詞の多義に関与する異質的要因の研究(第一部)」 2006.8 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 31号 pp. 43-58
「Voir と「見る」に於ける知覚動詞の多義に関与する異質的要因の研究(第二部)」 2007.2 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 32号 pp. 157-170
「フランスにおける言語起源論の再燃」 2007.5 『フランス語学研究』日本フランス語学会 41号 pp. 64-68
「「出る」とSortir : トポロジー空間の召還と構築的意味論」 2008.2 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 34号 pp. 105-122
Nozoku (entrevoir /excepter) est-il polysémique? 2008.8 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 35号 pp. 63-73
「ハズとカネルのモダリティ的用法について」 2010.2 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 38号 pp.77-92
「Jouerと「あそぶ」の意味論的考察」 2010.8 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 39号 pp.53-70
「フランス語動詞courirの意味論的研究:同一性の把握」 2012.8 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 43号 pp. 20−29
「ローラン・ゴスランのモダリティ論 - 表象の認定としてのモダリティ」 2012.12 『フランス語と日本語におけるモダリティ』2008年度〜2012年度科学研究費補助金 基盤研究(C)課題研究 20520348 (研究代表者渡邊淳也/筑波大学) pp. 20-30
「語彙意味論に適する「相互依存的」構成性について」 2015.2 『名古屋外国語大学紀要』名古屋外国語大学外国語学部 48号 pp.135-143
Etude des emplois de quoi en clôture 2016.8 『名古屋外国語大学紀要』
名古屋外国語大学外国語学部
51号 pp.35-49

学会発表等

題名 単・共 発行・発表日 発行学会等の名称 備考
「フランス語の複合形容詞の意味」 2007.11.10 慶應義塾大学(三田)日本フランス語学会例会
「モダリティの意味、モダリティと意味―日仏対照言語学の視点から」 2008.12.7 筑波大学 科学研究費による招待講演
「日仏対照言語学の可能性:はしる/courirの分析を通じて」 2011.5.14-15 国際セミナー「日本語とフランス:語対照言語的アプローチ」
名古屋大学
"L’écriture académique et la pensée critique" 2015.2.21 名古屋大学 2nd International Symposium on Academic Writing and Critical Thinking 使用言語:仏語
“Iru et aru, deux verbes qui marquent l’existence en japonais” 2015.4.10-11 パリ東洋語学校(INALCO)
Prédication exsistentielle dans les langues naturelles : valeurs et repérage, structure et modalité
使用言語:仏語
「Marqueurs discursifs/particules énonciatives/coordonnants 談話標識の意味論的分類の試み」 2015.4.18 早稲田大学 日本フランス語学会特別研究推進プログラム
”Réexamen de quoi de ‘clôture’ et de bon discursif en français” 2015.5.2 慶應義塾大学(三田)Journée d’études “Marquers discursifs” 使用言語:仏語
自然言語の歴史的変化と文法化
– 日英仏語の事例研究と数理的アプローチの批判的検討を通じて-
2016.5.28 学習院大学
日本フランス語学会2016年度シンポジウム
企画、司会

主な教育上の業績

大学教育の改善に関する活動

活動事項 年月 備考
クラスアドバイザー 2005年~
卒論指導 2005年~

所属学会

所属学会名称

所属学会名称
日本フランス語学会

所属学会役員歴等

所属学会及び役員名 期間(年月) 備考
日本フランス語学会『フランス語学研究』編集委員 2014〜

主な職歴

期間(年月) 事項 備考
2005〜2006 名古屋外国語大学外国語学部フランス語学科助教授
2007〜2015 名古屋外国語大学外国語学部フランス語学科准教授
2016〜 名古屋外国語大学外国語学部フランス語学科教授

受賞学術賞

受賞事項 年月 備考
慶應義塾大学 塾派遣交換留学生 1993年~1994年 (パリ第3大学新ソルボンヌ校)
フランス政府給費留学生(第1部門) 1999年~2001年 (パリ第10大学ナンテール校)

主な担当科目と授業の改善と工夫

主な担当科目名 対象学部・学科

担当科目名 対象学部・学科
基礎フランス語、応用フランス語、フランス語圏文化、ゼミ(言語) 外国語学部 フランス語学科

授業の改善と工夫

改善と工夫内容
ネイティブ教員と共通教科書を使う授業では、初学者に対し、十分に説明が行き届くように、各章のはじめに、目的や重要ポイントなど全体的な説明を行った。小テストを頻繁に行い、暗記事項を定着させる工夫をした。中級レベルでは、複文の構造や、接続詞の機能、パラグラフの展開に気を配らせ、修飾/被修飾の関係、品詞、多義性、語彙のパラフレーズなど言語学的な要所を正確に把握させ、文章理解を助ける工夫を行った。フランス語圏文化の紹介では、フランス語の歴史から始まり、中世、ルネサンスを経て、アカデミーの創設、ヨーロッパの植民地獲得戦争、宗教と国家との関わり、フランス語の言語管理の実情、教育とメディア、世界のフランス語圏など、フランス語の世界の多様性に目を開かせ、フランス語学習に一層の興味を持たせるような授業を行った。ゼミでは論文指導を行い、内・外部の大学院進学者を育成した。