グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


このページを閉じる

2014年度1期 地域交流活動
News&Topics

三重県菰野町との包括的連携に関する協定の締結 8月26日(火)

本学は、2014年8月26日に、三重県三重郡菰野町と包括的連携協定を結びました。
同町との連携は2011年度から始めており、本学現代国際学部国際教養学科横山陽二准教授の指導のもと、ゼミ生やマスコミ業界研究グループ所属の学生が中心となり、現地視察を通して発掘した地域資源を、キャッチコピーにして表現し観光ポスターとしてリリースするプロジェクトや、東京都内で同町の名産食材をPRするイベント「まこもナイトin六本木」の運営に協力するなど、積極的かつ継続的に交流を進めてきているところです。

このたびの協定では、これまでの個別の連携事業を踏まえつつ、新たに、同町の地域の様々な資源を活用しながら、学生が主体的な学修の体験を得る機会の提供を受け、学生が自ら地域振興の鍵となる課題を発見し解決しようとする力を伸ばす教育を推進していくことを目的として、次の3事項を連携いたします。
  (1)地域資源、知的資源及び人的資源等の活用に関すること
  (2)共同で実施する事業に関すること
  (3)その他目的を達成するために必要な事項に関すること
多様な分野でそれぞれの特性を活かして連携及び協力することで、双方の保有する地域資源、知的資源及び人的資源を活用し、菰野町の地域発展に寄与することを目指しています。

連携協定の締結にあたり、石原正敬菰野町長からは、「大学との連携は今回が初めてのケースであり、学生に学んでもらえる機会を提供し、相互に協力し合える連携を目指したい」、亀山郁夫学長からは、「観光資源が豊富な菰野町とさまざまな機会を通じて緊密な関係を保ち、有機的な連携としたい」、との抱負が語られました。

協定を交わし、握手する石原正敬 菰野町長(左)と亀山郁夫学長
(2014年8月26日 名古屋外国語大学にて)