グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > 「マナー・プロトコール学内検定優秀校」表彰について

「マナー・プロトコール学内検定優秀校」表彰について



本学では、2016年度に初めて学内で文部科学省後援「マナー・プロトコール検定」3級試験を実施いたしました。この検定は、NPO法人日本マナー・プロトコール協会が実施する、日本、そして社会人として必須のマナーやプロトコール(国際儀礼)に関わる知識と技能を認定する資格です。
今回の152名という受験者数は、任意受験の初回としては最も多い人数だそうです。短時間の講座で受験に臨んだことに不安はありましたが、結果として2016年度の「学内検定優秀校」に選出されました。これは合格率95%以上または平均点120点以上(150点満点中)に贈られる栄誉です。
9月には同協会より明石理事長が来学し、亀山学長に表彰状を授与いただきました。
今年度は新たに2級を加え、今泉景子准教授(マナー・プロトコール検定1級取得)による試験対策指導および学内検定を1月に実施する予定です。

MP検定表彰