グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > 中津川市と包括協定を締結!

中津川市と包括協定を締結!



本学と岐阜県中津川市は7月25日(火)、地域社会の発展、人材育成及び学術の振興に寄与することを目的として包括協定を締結しました。

出席者による記念撮影

左から片田定住推進部長、青山市長、亀山学長、恒川副学長
檜(ヒノキ)で製作された協定書(レプリカ)を同市から頂戴しました

本学で行われた締結式には、青山中津川市長、片田定住推進部長ら関係者をお迎えし協定書の署名等が行われました。
亀山学長は「観光と地域創生という文脈で本学の学生たちが中津川市において多くの事を学ぶ機会を得るだけでなく、同市の発展に少しでも貢献できればこれに勝る喜びはない」と述べました。
今回の協定締結に至った経緯は、宮川准教授(世界共生学科)のゼミの学生たちが、2014年から中津川市の道の駅を拠点として「地域づくり」や「人づくり」について学習してきたこと、様々なイベントのお手伝い、地域住民の交流サイトや土産物のメニューの翻訳等を通して地道な交流を継続して行ってきたことがきっかけとなりました。

青山市長(左)と亀山学長

青山市長(左)と亀山学長

笑顔で握手される市長と学長

笑顔で握手される市長と学長

今後の具体的な取り組みは、世界共生学科の「地域創成科目」のフィールドとして、学生自身が地域の具体的な課題を発見し、グループでその解決策を考える問題解決型授業(アクティブラーニング)に取り組む予定です。また、中津川市に「外国人が一人で来て一人で帰ることができる環境づくり」をサポートする活動を行っていく計画です。

出席者による記念撮影

出席者による記念撮影