グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > 第9回学生通訳コンテストが開催されました(11/28)

第9回学生通訳コンテストが開催されました(11/28)



2015年11月28日(土)に第9回学生通訳コンテストが開催されました。
今回は「グローバル社会における移民問題」をテーマに、全国12大学から集まった代表学生たちが日本語と英語で話される内容を逐次通訳し、内容の正確さや表現の豊かさを競い合いました。
本番ではどの出場学生もコンテストに向けて準備をしてきた成果を示す素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。
本学からは現代英語学科4年の桜本亜沙美さんが代表として出場し、見事優勝に輝きました。

コンテストの結果は以下の通りです。
優勝 名古屋外国語大学 4年 桜本亜沙美
準優勝 東京外国語大学 4年 高尾桃子
第3位 大阪大学 2年 石橋奈々
The Japan Times 賞 獨協大学 3年 赤羽咲紀

桜本さんのコメント

小さい時から通訳者を目指していた私にとって、通訳コンテストへの出場は入学時からの夢であり目標でした。
特訓は大変でしたが、今までの学習成果を最大限に発揮できたことに満足しています。今回得た経験と自信を元に、これからも常に成長できるよう努力し続けようと思います。
最後になりましたが、ここまで私を導いて下さった浅野先生、スタッフの皆様方に心から感謝致します。

コンテスト終了後には、神田外語大学の柴原先生による同時通訳デモンストレーション、マッコーリー大学 大学院講師の井上泉先生によるオーストラリアにおける通訳翻訳事情についての講演会が行われました。

名古屋外国語大学 現代国際学部
現代英語学科4年 桜本亜沙美さん

出場学生、また関係者のみなさん