グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > 日本航空(JAL)と名古屋外国語大学との包括的連携に関する基本協定書の締結について

日本航空(JAL)と名古屋外国語大学との包括的連携に関する基本協定書の締結について



日本航空株式会社(以下「JAL」と略称)と名古屋外国語大学(以下「名古屋外大」と略称)は、国際的人材育成に寄与することを目的とする包括的連携に関する基本協定書(同年8月1日発効)を締結しました。

締結式は、2015(平成27)年7月31日(金)午後3時から名古屋外大第1会議室において、JAL総務本部広報部溝之上正充部長、名古屋外大亀山郁夫学長の出席のもとに実施されました。初めに出席者全員の紹介がありました。続いて、「名古屋外国語大学と日本航空株式会社との包括的連携に関する基本協定書」(記名押印者は名古屋外大が亀山郁夫学長、JAL側が執行役員日岡裕之総務本部長)の押印が行われました。当該基本協定書の記名押印がなされたことを踏まえて、JALを代表して溝之上広報部長、名古屋外大は亀山学長からそれぞれ包括的連携協定の締結についての抱負が述べられました。

このたびの包括的連携協定によって、JALと名古屋外大は、これまでに築き上げた質の高い業務活動を基盤として、広範多岐にわたる相互交流を展開してまいります。特に航空業界に関する講義・講演、施設見学などの面においては、優れたJALのサポートをいただき、国際社会で活躍できる有為な人材の育成を目指していきます。

協定書を手にするJAL総務本部広報部溝之上正充部長(左側)と
名古屋外大亀山郁夫学長

この包括的連携協定の主な概要は、次のとおりです。

目的

人的・知的資源の交流と活用を図り、教育・研究・文化などの分野において、社会の発展と教養豊かな国際人材育成に寄与することを目的とします。

連携・協力事項

  1. 教育・研究・文化の発展・向上に関する相互支援の実施
  2. 名古屋外大の学生及び教職員とJALの社員の相互交流の実施
  3. 名古屋外大の学生の人材育成・キャリア形成に資する支援
  4. 名古屋外大の学生及び教職員の研究成果・活動のJALの業務への活用
  5. 地域社会の発展・活性化への貢献