グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > 227名が長期海外留学へ出発!-亀山学長より励ましの言葉が送られる-

227名が長期海外留学へ出発!-亀山学長より励ましの言葉が送られる-



8月上旬から11月中旬にかけて長期留学に出発する学生の「留学壮行会」が、7月22日(水)に本学において開催されました。今学期は、これまでで最多となる227名が世界10か国(地域)に留学します。
 
亀山学長は「社会に出ると「自立的にものを考えているか」ということが重要視される。自立的にものを考える経験を積む機会、言い換えれば「他者を経験できる」チャンスが海外留学である。この人生最大のチャンスを活かし、自立的な思考、「自分が自分である」ということを見つけて帰って来て欲しい」。と激励の言葉を送りました。
また、「冒険は常に危険・リスクと隣り合わせである。みなさんにとっての「冒険」とは「知的な冒険」、「精神的な冒険」のみであり、それ以外はリスクである、ということを認識して欲しい。大切なのは無事に逞しく帰って来ることである」。と注意も促しました。

今年度は、春に174名の学生が既に出発しており、2015年度は今回出発する学生と合わせて、これまでで最多となる401名が長期海外留学へ出発します。
長期海外留学へ出発する学生は、毎年右肩上がりで増加しており、今年度は昨年度より100名以上も増加しました。これは、本学の学生の海外志向の高さを表していると言えるでしょう。