グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > ワールドリベラルアーツセンター発足記念イベント「朗読と音楽による『カラマーゾフの兄弟』」 を行いました。

ワールドリベラルアーツセンター発足記念イベント「朗読と音楽による『カラマーゾフの兄弟』」 を行いました。



2015年6月23日(火)、本学7号館にて「名古屋外国語大学ワールドリベラルアーツセンター(World Liberal Arts Center :WLAC)」の発足記念イベントを開催いたしました。
 開催にあたり亀山学長が「批判的思考と共感力を兼ね備えたグローバルな教養人の育成を目指す」「このイベントが少しでも多くの学生や地域の方の感動を呼び、明日を生きる糧となることを願う」と挨拶の言葉を述べました。

亀山学長が翻訳した「カラマーゾフの兄弟」を舞台女優たかべしげこさんの朗読とヴァイオリニスト熊谷祥子さんの演奏のコラボレーションにより、フョードル・ドストエフスキーの世界が展開されました。

開会挨拶の亀山学長・WLACセンター長

会場の様子

会場に集まった一般の方、学生及び教職員約400名は、迫力ある朗読と優雅なヴァイオリンの音色に聞き入っていました。
ご参加いただきました学外の皆様に厚く御礼申し上げます。

ヴァイオリニストの熊谷祥子さん

舞台女優のたかべしげこさん

朗読とヴァイオリン演奏のコラボ

閉会挨拶の佐藤WLAC副センター長

ワールドリベラルアーツセンターは、日本を含む世界諸地域の言語、文化、芸術、教育、社会、政治等に係る種々の問題系を発掘し、総合的かつ複合的視点からこれを研究・調査するとともに、21世紀グローバル時代に相応しい教養教育の理念構築に寄与することを目的として、今年4月に設置いたしました。
今後、講演会・シンポジウム、公開講座、研究会などを開催し広く世界・地域に貢献する他、研究成果発表としてジャーナルの刊行などを予定しています。