グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > 韓国等におけるMERSの発生について(注意喚起)

韓国等におけるMERSの発生について(注意喚起)



2015年6月6日
名古屋外国語大学

学生の皆さんへ

韓国等におけるMERSの発生について(注意喚起)

 既にご存じの通り韓国において中東呼吸器症候群(MERS)の感染拡大が報じられています。
 MERSはコロナウィルスが変異したもので、飛沫感染や接触感染で伝播し、強い毒性があるとされています。さらに現時点で有効なワクチンはなく、罹患すれば高い致死率となっています。予防には(1)手洗い・うがいの励行、(2)人混みを避けマスクを着用、(3)休息、栄養を十分に取り、体に抵抗力をつける、などが推奨されています。
 つきましては、韓国を含むMERS感染国に渡航中またはこれから渡航予定の学生の皆さんにおかれましては、十分予防に努めるとともに、同感染症に関する情報を、現地メディア、および日本政府が発信する下記のサイトなどから頻繁に収集するよう努めてください。また本件に関わらず、渡航の際には必ず外務省が実施している渡航登録サービス(旅レジ、在留届け)への登録を行うなど万全を期してください。
外務省海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/
厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/
以上

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。