グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > News&Topics > カナダ・メディスンハットカレッジグループ NUFSでの3日間

カナダ・メディスンハットカレッジグループ NUFSでの3日間



カナダナイトの模様

5/10(火)~12(木)にかけ、本学の協定校であるこの大学からの研修グループ総勢17名(学生14名、引率3名)が、日本語や日本文化、日本のビジネスを学ぶために本学に滞在しました。初日の亀山学長表敬訪問においては、一人一人自己紹介を行い、活発な意見交換を行いました。その後学内見学、夕刻にはカナダに縁のある教職員や学生が集う「カナダナイト」で楽しく談笑しました。
2日目は午前中に名古屋城を見学し、その優雅さに感動している様子でした。午後にはNUFSに戻り、即役に立つ入門日本語を楽しみながら学びました、続いてトヨタ自動車に関する講義を興味を持って学びました。夕刻には、学芸大学管理栄養学部の厚意により、日本料理体験(巻き寿司、いなり寿司)を行い、楽しいひとときを過ごしました。
3日目は、朝からハイライトの一つであるトヨタ工場見学を行い、皆感銘を受けていました。NUFSに戻ると、昨日習った日本語を学生たちと昼食を取りながら実践し、午後には、ホスピタリティーについて日本人学生とともに授業内で学び合いました。続く茶道体験では、おもてなしや作法と言った日本文化の一面を垣間見た様子でした。華道も、先生の手ほどきを受けつつ、一人一人花を活けるといった貴重な体験をしました。修了式では、このプログラムに関わってくれた日本人学生や、教職員らが集い、最後の別れを惜しんでいました。
5/13(金)は、名古屋駅まで送っていく際、習いたての日本語で「また会おう」と言ってくれたのがとても印象的でした。

(国際交流部 T.M)

工場見学や華道体験の模様