グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 図書館・附属機関 > ワールドリベラルアーツセンター > 2017年度 > 3月26日「中国の日本語教育の現状及び通訳・同時通訳の養成について」を開催します

3月26日「中国の日本語教育の現状及び通訳・同時通訳の養成について」を開催します



 2018年3月26日(月)14:00~15:30、本学5号館2階522教室において、日本語学科主催講演会「中国の日本語教育の現状及び通訳・同時通訳の養成について 中日友好交流の視座より」を開催します。
 1972年の中日国交正常化を機に新中国における日本語教育は大きく発展し、現在では、510余りの大学に日本語主専攻があり、日本語学習者はおよそ100万人で世界でもっとも多い。こうした量的拡大だけでなく、中国の日本語教育はこの50年ほどの間に質的にも大きく向上してきた。講演では、こうした日本語教育の発展について大連大学の実例を通して紹介する。
また、中日両国の交流で意思疎通の橋渡し役となる通訳者の育成は日本語教育の重要な課題である。30年以上の同時通訳と同時通訳養成の経験を踏まえて、通訳養成の方法論と教学上の課題についてお話しし、これからの日本語教育を展望したい。

 どなたでもご参加いただける講演会です。お気軽にお越しください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

講師プロフィール

宋協毅(そう・きょうき)(大連大学副学長、日本語言文化学院長)
 専門は日本言語文化論、日本語教授法、通訳・同時通訳法。名古屋大学文学研究科日本言語文化専攻博士課程修了、博士。中国日本語教学研究会副会長、東アジア日本語教育・日本文化研究国際学会副会長、中国教育部日本語教学指導委員会委員などを歴任。『現代日本語補助動詞研究』、『日本言語文化研究』『日本文化精解』などの著書、『新編日漢・漢日同時通訳教程』などの教科書多数。

概要

タイトル 中国の日本語教育の現状及び通訳・同時通訳の養成について 中日友好交流の視座より
開 催 主 催: 名古屋外国語大学日本語学科
共 催: 名古屋外国語大学ワールドリベラルアーツセンター、一般社団法人愛知華僑総会
日 時 2018年3月26日(月) 14:00~15:30 (13:30開場)
会 場 名 称: 522教室≪名古屋外国語大学 5号館2階≫
所在地: 〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
会場へのアクセスについて
イベント開催日は、春季ダイヤでの運行予定です。
講 師 宋 協 毅 (そう・きょうき) (大連大学副学長、日本語言文化学院長)
申 込 当日参加も可能ですが、準備の都合がありますので、事前のお申し込みをお願いいたします。
申込みのフォームに必要事項をご入力・送信してください。
https://req.qubo.jp/wlac/form/20180326
2018.03.26「中国の日本語教育の現状及び通訳・同時通訳の養成について」参加申込みフォーム
対 象 どなたでも参加できます
その他 参加無料
問合せ 名古屋外国語大学日本語学科事務室 TEL:0561-75-2699(直通)