グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 図書館・附属機関 > ワールドリベラルアーツセンター > 2017年度 > 11月25日「津田仙・初・梅子を語る」を開催します

11月25日「津田仙・初・梅子を語る」を開催します



 2017年11月25日(土)14:00~16:00、本学5号館1階511教室において、
ワールドリベラルアーツセンター主催講演会「津田仙・初・梅子を語る 近代日本グローバル人材の先駆けとなったファミリー」を開催します。

 仙は幕末に武道、漢学、蘭学、英学を学び、幕府派遣の外交使節団通弁を務めワシントンDCを訪問。明治4年に日本初の女子留学生として梅子(満6歳)を米国に送り出す。西洋の農学、野菜、果物を日本に普及。女子小学校・耕教学舎(現青山学院)、訓盲院(現筑波大学)などの創設に寄与。禁酒・禁煙や足尾鉱害などの健康・環境問題に関わる。妻の初は、仙との間に12人の子を産み、育てる。次女梅子は、女子英学塾(現津田塾大学)を創立。それぞれがグローバルかつ普遍的な志向で教育や食育に取り組む。人材育成、そしてウェルネスの側面で日本の近代化に貢献したツダファミリーのヒストリーを、21世紀の視座から仙の曽孫が語る。

 どなたでもご参加いただけますので、お気軽にお越しください。

講演者紹介

津田 守(つだ まもる)
 名古屋外国語大学教授。大阪大学名誉教授。東京生まれ。曾祖父の仙が創立者のひとりである青山学院の高等部・大学を卒業。フィリピン国立大学大学院に留学、同大社会学科専任講師。大阪外国語大学(教授)、ハーバードロースクール(客員研究員)、大阪大学グローバルコラボレーションセンター(教授)などを経て現職。専門はフィリピン社会、グローバル人流、公益通訳翻訳。編著書論文等多数。

概要

タイトル 津田仙・初・梅子を語る 近代日本グローバル人材の先駆けとなったファミリー
開 催 主 催: 名古屋外国語大学ワールドリベラルアーツセンター
日 時 2017年(平成29年)11月25日(土) 14:00~16:00 (13:30開場)
講演者 津田 守(名古屋外国語大学教授)
司会 篠崎 ひさこ(名古屋外国語大学特任教授)
会 場 名 称: 511教室≪名古屋外国語大学 5号館1階≫
所在地: 〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
会場へのアクセスについて
申 込 当日参加も可能ですが、準備の都合がありますので、事前のお申し込みをお願いいたします。
申込みのフォームに必要事項をご入力・送信してください。
https://req.qubo.jp/wlac/form/20171125
「津田仙・初・梅子を語る」参加申込みフォーム
対 象 どなたでも参加できます
その他 参加無料
問合せ 名古屋外国語大学ワールドリベラルアーツセンター 0561-75-2164 wlac_gg@nufs.ac.jp