グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 図書館・附属機関 > ワールドリベラルアーツセンター > 2016年度 > 12月11日「甦えるショスタコーヴィチ」を開催します

12月11日「甦えるショスタコーヴィチ」を開催します



暴力、アイロニー、熱狂、そしてユーフォリア。人間と歴史が織りなす悲劇のドラマを渾身の力で描きだしたロシアの作曲家ドミートリー・ショスタコーヴィチ(1906~1975)。21世紀グローバル時代に入り、その存在はますます輝きを増しつつある。今回、その生誕110周年を記念し、シンポジウム&コンサートの形式をとおして、矛盾に満ちた彼の音楽の全体像に迫る。

どなたでもご参加いただけるシンポジウム&コンサートを開催いたします。
興味のある方はお気軽にお申込みください。
開 催 主 催: 名古屋外国語大学、名古屋外国語大学ワールドリベラルアーツセンター 
共 催: 愛知ロシア音楽研究会・名古屋モーツァルト協会
期 日 2016年(平成28年)12月11日(日)13:00~16:45 (開場12:30)
会 場 名 称: 701教室≪名古屋外国語大学7号館 地下1階 大講義室≫、コミュニケーションプラザ
所在地: 〒470-0197 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57
会場へのアクセスについて
※専用バス時刻表は、下記をご確認ください。
日曜日開催の為、本数が限られますのでご注意ください!

お車でお越しの方は、下記の駐車場案内図をご確認ください。
対 象 どなたでもご自由に参加できます。入場料は無料です。
申込み方法 ※本学学生、教職員の方もこちらから申込みをしてください。
下記URLより、申込みのフォームに必要事項を入力、送信してください。
(当日参加も可能ですが、資料準備の都合がありますので、事前申込みをお願いいたします。)
2016.12.11イベント申込みフォーム
(メールまたはFAXでもお申込みいただけます。氏名、電話番号、12月11日(日)イベント参加希望の旨を明記の上、下記連絡先までお送りください。)

当日のバス時刻表

12月11日は本学近くに大型商業施設「イオンモール長久手」がオープンした翌々日の日曜日です。
大学周辺道路の渋滞が予想されますので、時間に余裕をもってお早目にご乗車くださいますようお願いいたします。
このバスは無料でご乗車いただけます。来場時は本イベントに参加の旨を運転手にお伝えください。
日曜日開催の為、運行本数が限られますのでご注意ください!
  上 社 線   赤 池 線
行先/
時刻
上 社 駅 発 大 学 発 行先/
時刻
赤 池 駅 発 大 学 発
10 10
11 45 11 45
12 00 15 30 12 15
13 13
14 14
15 00 30(配車40頃発) 15 00 30(配車40頃発)
16 16
17 00 10 17 10
備考 ※運行状況は、下記営業所にお問い合わせ下さい。
道路交通状況・天候等により遅延する場合があります。あしからずご了承願います
バスの運行・忘れ物等のお問い合わせ先     豊栄物流(株)日進営業所 TEL 0561-76-0778 
(関係者用…上社線のみ 上社駅9:00発、大学18:00発を予定しております。)

お車でご来場予定の方へ

下記PDFファイルに大学周辺の簡単な地図と、駐車場のご案内を掲載しております。
お手数ですが、お車でご来場予定の方は、ご確認をお願いいたします。

演奏者紹介

野村友紀(チェロ) 愛知県立瑞陵高校、京都市立芸術大学音楽学部卒業。2005年渡独、州立カールスルーエ音楽大学にてディプロムを、室内楽コースで国家演奏家資格を取得。
現在、名古屋市立菊里高校音楽科、愛知県立芸術大学音楽学部非常勤講師。
愛知ロシア音楽研究会会員。
山下勝(ピアノ) 愛知県立芸術大学卒業、同大学院修了。 ミュンヘン国立音楽大学留学。
2007年名古屋音楽ペンクラブ賞、平成24年度名古屋市芸術奨励賞、受賞。
現在、名古屋芸術大学、金城学院大学、各非常勤講師。愛知ロシア音楽研究会、CBCクラブ各会員。

パネリスト紹介

青澤隆明
(音楽評論)
東京外国語大学英米語学科卒。『レコード芸術』、『音楽の友』ほかの紙誌に寄稿。著書に『現代のピアニスト30-アリアと変奏』(ちくま新書)、ヴァレリー・アファナシエフとの『ピアニストは語る』(講談社現代新書)など。
新井鷗子
(東京藝大特任教授、音楽プロデューサー)
東京藝術大学楽理科・作曲科卒業。NHK教育番組の構成で国際エミー賞入選。NHK交響楽団や読売日本交響楽団のコンサート、「題名のない音楽会」等の構成を手がける。著書に「おはなしクラシック」、「頭のいい子が育つクラシック名曲45」等。
松本良一
(読売新聞、読売日本交響楽団)
慶応大学文学部卒業後、読売新聞社に入社。地方部、経済部などを経て、文化部でクラシック音楽の取材を担当。現在、読売日本交響楽団勤務。著書(部分執筆)に「一柳慧 現代音楽を超えて」。
安原雅之
(愛知県立芸術大学教授)
東京芸術大学音楽学部卒業。同大学院修了。その後、インディアナ大学で音楽学、ロシア・ソヴィエト学、およびオルガンを学ぶ。メリー・ボルドウィン・カレッジ(米ヴァージニア州)非常勤講師、山口大学教育学部助教授を経て、現在、愛知県立芸術大学音楽学部教授。
亀山郁夫 名古屋外国語大学学長。ロシア文学者。主著「磔のロシア」(大佛次郎賞)、「謎解き『悪霊』」(読売文学賞)、訳書「カラマーゾフの兄弟」(プーシキン賞)。「チャイコフスキーがなぜか好き」他。
お問合せ 名古屋外国語大学ワールドリベラルアーツセンター
 wlac_gg@nufs.ac.jp
 Tel:0561-74-1111(代表) Fax:0561-75-1723

下記リンクよりチラシをご覧いただけます

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。