グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



魯迅後期試探 (ろじんこうきしたん) 中井政喜 著

魯迅没後80年の記念の年。わが国の魯迅研究の第一人者による決定的研究・集大成。
【目次から】「祝福」について…「離婚」について…「阿金」について…1926年27年の民衆観…「進化論から階級論へ」…「蘇俄的文芸政策」について……。
【あとがきから】…。日本において、これまでの魯迅研究は、数多くの優れた研究がなされてきた。しかし魯迅の文学論と思想面の研究における、前期と後期の継承と発展の関係について論究したものは少ないと思われる。それゆえに、また、この課題に対する私の論究は「試探」の名にふさわしい。
  中井政喜 (なかいまさき 名古屋外国語大学名誉教授)
  価格 ¥6,500(税別)
  発行年月 2016年10月
  出版社/提供元 名古屋外国語大学出版会
  ページ数/巻数 424ページ(A5判)  
  ISBN 978-4-908523-04-5