グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学習支援 > TTSS(TOEIC & TOEFL Study Support) > TOEIC(R) ・TOEFL(R)・IELTSとは

TOEIC(R) ・TOEFL(R)・IELTSとは



就職試験、留学選抜で問われる実力の証明
どれも世界共通基準の英語力判定テスト。
TOEICはビジネスシーンや日常生活での英語によるコミュニケーション能力、TOEFL・IELTSは留学で必要になる英語力がスコアで示されます。

TOEIC(R)とは

世界約120ヶ国で実施され、日本でも年間170万人以上が受けている英語コミュニケーション能力テストです。
『TOEIC(R) Listening&Reading Test』と『TOEIC(R) Speaking&Writing Test』があります。

『TOEIC(R) Listening&Reading Test』は、音声を聞いて問いに答える「リスニングセクション」、英文の読解力や文法・語い力などを試す「リーディングセクション」の2部構成で、結果は10~990点のスコアで出されます。ニュース記事、メール、広告などビジネスや日常生活に密着した内容が出題され、多くの企業で採用、昇進・昇給の評価基準として活用されています。本学では「IPテスト」(団体試験)を年3回無料で実施。

[参考]『TOEIC(R) Speaking&Writing Test』は、スピーキングとライティングの力を試すテストです。公開テストを受けることができます。

名古屋外大オリジナル 体感的TOEICレベル

レベル スコア How are you?と聞かれたら
国際人レベル 950以上 自分の病歴を詳細に説明できる
準国際人レベル 850以上、950未満 自分の健康状態を説明できる
外語大卒レベル 750以上、850未満 互いの健康について質疑応答ができる
上級レベル 650以上、750未満 疲れていれば、それなりに伝えられる
中級レベル 550以上、650未満 I'm fine, thank you. And you? と聞ける
準中級レベル(大卒) 450以上、550未満 I'm fine, thank you. と返せる

TOEFL(R)とは

英語を母語としない人が海外の大学・大学院に入学を希望する際に課せられる英語能力判定試験です。
大学の教室や学生生活で必要となる英語力を総合的にはかり、試験問題には論文や学術資料などのアカデミックな内容が多いのが特徴です。
スコアは最低が310点、最高が677点(PBT、ITPの場合)。620点以上はネイティブスピーカー並みの英語力と判断されています。また、留学先の大学によっては、公式試験である「TOEFL iBT」のスコア提示を要求されることがあります。

IELTSとは

IELTS (International English Language Testing System) は、海外留学や海外移住の際に必要な資格の1つで、英語力を判断するためのテストです。