グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 留学・国際交流 > 在学留学 > 海外留学 > 留学制度の紹介

留学制度の紹介



本学には「TESS*Ⅰ(ダブルディグリー)留学」、「TESSⅡ(スタンダード)留学」、「TESSⅢ(2か国)」、「認定留学」、「UCR特別留学」があり、それぞれについて説明します。
※TESS=Total Expense Support System(留学費用全額支援制度)の略

TESSⅠ(ダブルディグリー)留学

これは、留学費用全額支援のもと、本学と共同学位授与協定を交わした海外の大学に、在籍期間4年間のうち1年もしくは2年間留学をし(学部レベルの場合)、本学および当該大学の双方から学位を取得できる留学生派遣制度です。

TESSⅡ(スタンダード)留学

これは、留学費用全額支援のもと、本学と学生交流協定を締結している外国の大学に、交換留学生として半年もしくは1年間派遣する制度です。この制度での留学内容は、最も標準的なものになります。

TESSⅢ(2か国)留学

この最新の留学制度は、留学費用全額支援のもと、2か国(または地域)それぞれに留学できるもので、留学期間は両方合わせて1年または1年半になります。留学のパターンとして、専攻言語×2または専攻言語+複言語があります。

交換留学

この制度は、上記「TESSⅡ(スタンダード)留学」と内容がほぼ同じです。両者の違いは、「交換留学」のほうが支給奨学金が少ないことと採用基準が若干緩やかなところです。なお、この制度は、2015年度入学者までを対象とし、かつ2017年度募集・2018年度派遣をもって廃止となります。

認定留学

認定留学とは、外国の正規の大学(学部学生については付属機関を含む)に本学の許可を得て留学する制度です。この制度の最も大きな利点は、採用基準が比較的容易であることと、学生が留学先をある程度自由に決定することができることです。

ただし上記TESSⅠ~Ⅲおよび交換留学と違い、留学先大学の学費は自己負担となります。奨学金(年額)は授業料が格段に高額な英語圏6か国が60万円、その他の国・地域が20万円になります。

UCR特別留学

このユニークな留学制度は、全米屈指の名門校であるカリフォルニア大学リバーサイド校(UCR)において、前半に英語集中コースで英語力アップを図り、後半にUCR の「ホスピタリティー・観光マネジメントコース」で学ぶ1 年間の留学プログラムです。後半のコースにおいては既存の「ディズニー国際カレッジコース」に、2013年度から新たに「ヒルトン系リゾートコース」が加わりました。

この留学プログラムの特色は、後半のコースで貴重な有給インターンシップの機会が与えられることです。実施については、「ディズニー国際カレッジコース」が1 期出発(4 月開始のもの)と2 期出発(9 月開始のもの)と年2 回の派遣サイクルであるのに対して、「ヒルトン系リゾートコース」については2 期出発( 8 月開始のもの)の年1 回となります。

このプログラムは将来、ホスピタリティー分野、ツーリズム分野などの業界を目指す人向けのものと言えるでしょう。費用については、本学からの奨学金と実習の給与とを合わせて、ほぼ飲食費や個人経費以外の留学費用がカバーされるよう設定されています。
なお、対象はUCR の規定により英米語学科、世界教養学科、現代英語学科、国際ビジネス学科、国際教養学科学生に限ります。

接客風景(ディズニー国際カレッジコース)

修了式(ディズニー国際カレッジコース)

接客風景(ヒルトン系リゾートコース)

修了式(ヒルトン系リゾートコース)

UCR特別留学パンフレット

留学制度比較表

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。