グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 留学・国際交流 > 関連プログラム > 留学生との交流プログラム

留学生との交流プログラム



留学生との交流プログラムについてご紹介します。

留学生との交流

本学には、学部や大学院で学位取得目的で学ぶ留学生の他、協定大学から交換留学生として毎年多くの留学生を、日本語教育センターや学部・大学院で受け入れています。これら留学生の多くは日本人の学生の皆さんと活発な交流を期待しています。

国際交流部では、キャンパス内でこうした交流が活発になるよう各種イベントやパーティー、セミナーなどを実施しています。交流を希望する学生は、これらに参加したり、日常の授業内外のキャンパスライフにおいて積極的に交流を図ってください。

レジデンスアシスタント(RA)

本学には、留学生用の宿舎として「インターナショナルハウス(Iハウス)」と民間のアパートを留学生用に借り上げている「プロクシーフレンズ日進」があります。国際交流部では、これらの施設にレジデントアシスタント(RA)として入居を希望する大学院生や学部学生を、年数回募集しています。役割として、日常生活の手助けや、留学生にとって安全で快適な環境作り、緊急時の初動対応などがあります。応募方法などについては、RA募集説明会にて説明します。なお、採用については若干名となりますので、ご了承ください。

IハウスでのRA体験 

共に成長できる場所
現代英語学科 福地 みな美


アイハウスは、世界各国からの50名ほどの留学生が集まって生活をしているとても賑やかで楽しい場所です。私たち日本人レジデンスアシスタント(RA)は、留学生が日本での生活をより充実したものにできるように、一緒に生活している私たちだからこその視点から、留学生のために必要なことを考え、様々なサポートを行っています。
RAの主な仕事内容は、オリエンテーションへの参加、病院・市役所への引率、旅行の計画・予約の手伝いなどがあり、学習面で困っている留学生がいれば一緒に勉強したりもします。また、毎月、RAが中心となってミーティングを行い、入居者全員が快適な生活を送れるようにルールの確認を行ったり、話し合いをしたりします。
私がRAとして一番大切にしていることは、留学生全員とできるだけコミュニケーションをとり、留学生が話しかけやすい関係を築くことです。気軽に相談できる存在になり、頼まれたことに柔軟に対応できるように心がけています。
アイハウスでの生活は、毎日が新しい発見の連続で、とても新鮮です。留学生と一緒にたくさんのことを学び、大きく成長させてくれています。もしRAに少しでも興味があれば、ぜひ一度アイハウスに足を運んでみてください。きっと素晴らしい時間を過ごせると思います。

ランゲージラウンジ

ランゲージ・ラウンジとは、本学で学ぶ全学生を対象に、決められた時間・場所(主としてコミュニケーションプラザ2階ランゲージ・ラウンジ)において、決められた言語を使い、コミュニケーション能力の育成と外国人留学生との交流を図ることを目的としたものです。
ランゲージ・ラウンジには、英語、フランス語、中国語、日本語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語などがあります。
各言語ラウンジの開催スケジュール等は、掲示などで確認してください。

海外留学ネットワークパーティー

海外留学が決定している学生、過去に海外留学を経験した学生、交換留学生として本学で学ぶ学生を対象に、学生間のネットワークを広げる目的のため、毎学期、海外留学ネットワークパーティーを実施しています。

異文化交流パーティー

「留学生と知り合いになりたいけれど、きっかけがない・・・」という要望を受け、年数回、異文化交流パーティーを実施しています。
このパーティーには多くの留学生が参加し、アットホームで話しやすい雰囲気に包まれます。参加は任意ですので、奮ってご参加ください。詳細は掲示などを通してご案内します。

海外研修グループ生との交流

2016.4ロシア・シベリア地域
日本語学習青年グループ 

本学に様々な目的で海外研修グループ生が来訪します。それに合わせて在学生の皆さんと色々な形で交流の機会を設けています。