グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 大学院 > 博士後期課程

博士後期課程



博士後期課程は、前期課程の基礎のうえに立って、「英語学・英語教育学」「日本語学・日本語教育学」、言語科学と文化研究を中心とし、フランス語や中国語或いは国際経営分野や国際関係分野を中心に学習してきた学生の多様な知的関心にも対応し得る「国際文化」の3分野にわたり、専門性の高いカリキュラムと研究体制を整備して、高度な専門的職業人、教育者、或いは研究者を養成しようとするものです。
分  野 取得できる学位
英語学・英語教育学分野 博士(英語学・英語教育学)
日本語学・日本語教育学分野 博士(日本語学・日本語教育学)
国際文化分野 博士(国際文化)

学びの特色

後期課程では本研究科の特色である総合性・学際性を損なわぬよう配慮しつつ、研究指導を中心に前期課程で養われた幅広い視野を基盤に、特定の分野について更に深い専門的研究能力を滋養し、それらの知識を実社会で自立して実践できる高度な学識を養成することを目的としており、特に分野編成の中の英語学・英語教育学分野及び日本語学・日本語教育学分野にあっては、上級の専門的教育者育成への傾向が強まると考えています。

加えて、この英語学・英語教育学分野及び日本語学・日本語教育分野における学部(学科)、博士前期課程、後期課程と体系的に構築された教育プログラムでは、博士号の授与に積極的に取り組むことを目的の一つとしており、その意味で高度な研究者養成機関としての役割も十分に果たし得る課程となっています。

一方、前期課程に設置されているフランス語、中国語の2コースについては区分毎の独立した分野として設定はしていませんが、これらを包括して国際文化分野と対応しています。

国際社会において各国間の依存関係が急速に進展していく中で、我が国の国際的地位に鑑みて、例えば国連、ジェトロ、国際協力事業団(JICA)、ユネスコ、海外経済協力基金(OECF)、アジア経済研究所(IDE)、世界銀行、IMF、各種の開発援助専門機関及び国際的シンクタンク、或いは国際ジャーナリスト等の分野で積極的に実務に携われる日本人スタッフの需要が増大しているにも関わらず、その人数は極度に不足しています。

これら専門機関等ではその業務遂行上、博士号(Ph.D)を取得していることが前提となりつつあり、我が国の高等教育政策面で立ち遅れているこれらの人材の養成及び供給は急務であり、後期課程において国際文化分野を主に専攻した学生はこれらの期待に十分応え得るでしょう。

英語学・英語教育学分野

この後期課程では、英語学や英語教育学の分野を渉猟し、先行研究を批判的に吟味し、有意義な課題を自分で設定、調査、考察し、その成果を博士論文として書くことを通して、自立した研究者や高度な専門職者を育てることを目指します。
かかる分野には文学(文化社会論を含む)も密接に関係するので、英語の文学研究も奨励します。

日本語学・日本語教育学分野

国内・海外の高等教育機関で日本語研究、日本語教育研究に従事し、日本語教員の養成に携わることができる高度専門家を育成することによって世界の日本語教育に貢献することを目ざしています。具体的には、博士論文の執筆を通して学術研究の能力を伸ばすのに加えて、言語および言語教育一般に関する幅広い知識と深い洞察力、さらには実践的な日本語教育能力を身につけるよう指導します。

国際文化分野

英語文化、日本文化、中国文化にフランス文化も加えて、英語学・英語教育学分野及び日本語学・日本語教育学分野の補完的役割を担うと同時に、特にそれぞれの地域文化を中心に幅広く研究対象として、地球規模で活躍する高度専門職業人の養成を目指します。