グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 外国語学部 > 日本語学科

日本語学科




日本語も世界の言語のひとつととらえ、
グローバル社会に通用する日本語力と英語力を磨く。

日本語学科では、日本語を「国語」ではなく「世界の諸言語のひとつ」として客観的にとらえます。そのうえで、実践的な日本語運用を少人数のクラスで徹底的に訓練します。世界共通語としての「英語」学習は、そのための“鏡”でもあります。特に、社会人として必要不可欠な要件となる論理的な文章力の向上を図り、相手の理解度を把握しながらコミュニケーションができる“対人能力”を磨くカリキュラムを用意しています。そのため、学生たちは入学後4年間で「日本について世界について問題意識を持ちながら理解を深められる」「相手の立場に立って考えられる」「情報や意見を論理的に構成できる」「正しくわかりやすい美しい言葉で話せる書ける」「状況に応じて柔軟に対応できる」「初対面の人にインタビューできる」「壇上でプレゼンテーションできる」といった力を身につけていきます。また、「学部共通英語基幹プログラム」に加え「複言語プログラム」で英語を必修とし、高い英語力を習得するために、外国人教員による徹底指導を実現しているのも、日本語学科の特色です。

日本語教師、国語・英語教員やマスコミ、放送、
翻訳、編集業界などで活躍できることばのプロフェッショナルに。

日本語・英語を同等に使い、コミュニケーションができる“対人対処能力”を身につけることを第一にめざします。また、「日本についての豊富な知識を得る」「日本語教育のプロフェッショナルになる」「マスコミ、放送、翻訳、編集業界で活用できる日本語力を備える」「言語教育のできる教員になる」などの目標に対応したカリキュラムと科目内容を、さらに充実させています。

日本語や日本文化を世界の視点で学び、
「問題把握」「論理的思考」「表現」「伝達」「説得」の能力を養う。

海外では、アニメやJ−POPなどの現代日本文化を入口に、《日本語》を学んでビジネスや生活につなげていく人々が増えています。こうした人々の関心に応えるべく、日本の文化や歴史について改めて学んでいくと、その奥深さや多様さに驚かされます。それは、今ここにいる私たち自身のルーツや背景を知ることでもあるのです。異文化に向き合おうとするなら、まず自国のことやことばを客観的に理解したうえで、日本や日本語について正しく説明し伝えられる力を養うべきなのです。

日本語学科についてもっと知りたい方へ

日本語学科では学科でホームページを運営しています。日本語学科について、より詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

>>日本語学科運営サイトへ(別ウィンドウで開きます)