グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム > 学部・大学院 > 外国語学部 > 英米語学科

英米語学科




深い教養と専門性を備えた語学力は、国際社会を動かす推進力になる。
社会は今やボーダレスの時代。世界中の人々が、世界中の情報が、世界中の経済が、国境を越えてめまぐるしく行き来しています。さまざまな国際機関の公用語として、商業言語として、科学技術を伝達する主要言語として、《英語》はあらゆる分野・業界に不可欠な言語になっています。今、社会が求めてやまないのは、《英語》を通して国際問題やビジネスなどを最適な解決・答えに導く推進力を備えたグローバルな人材。英米語学科の4年間は、そこに到達するための必要な要素をすべて凝縮しています。

論理的思考力を兼ね備えた語学力。
説得力の高さの根底に、豊かな教養が存在する。

言葉とは相互理解を図るための道具(ツール)であり、語学力を高めることは、学びの最終目標ではありません。実社会で通用する語学スキルに加え、豊かな教養や専門性を習得し、物事を論理的かつ構造的に思考する力が、国際社会で活躍する鍵となります。その領域に達することが、英米語学科で学ぶうえでのゴールと言っても過言ではありません。
そのため、徹底した少人数教育や個別指導、習熟度別のクラス編成、専門ゼミナールなどを通して、英語で物事を考え、英語で議論・プレゼンテーションを行い、物事の本質をとらえることのできる総合的な語学力を養う点が英米語学科の特長。世界の生きた教養や専門性を身につけ、さらに世界基準の英語教育システムや留学経験を通して身につく語学力に満足することなく、会話のコンテンツ力、ロジカル・シンキング(論理的思考力)を備えることが大切です。
そして、語学を軸とした深い学びを経て培った本質的なコミュニケーション能力を、日本はもとより世界のさまざまな地域で発揮してもらいたいと考えています。

専攻紹介


「英米語学科」を「英米語」「英語コミュニケーション」の2専攻へ

「世界に通じる教養教育」に一層力を入れる方針をとり、「英米語学科」を「英米語」「英語コミュニケーション」の2専攻にします。従来の英米語学科を色濃く継承した「英米語専攻」と、コミュニケーション能力向上を主眼に置いた「英語コミュニケーション専攻」は、どちらも英語力の向上を図るうえでは大きな違いはありませんが、学生の志向において専攻を選択し、集中して学ぶことのできる学科へと生まれ変わります。

英米語専攻

英米語専攻では、英米の言語、文化を多面的にとらえ、英語の仕組みについて学ぶとともに、北米、イギリス、オセアニアを中心とした文化、社会について理解を深めることをめざします。

英語コミュニケーション専攻

英語コミュニケーション専攻では、コミュニケーションという現象を多角的にとらえ、幅広い知識を身につけるとともに、実践を通して、実社会で役立つ英語コミュニケーション能力の向上をめざします。

英米語学科についてもっと知りたい方へ

英米語学科では学科でホームページを運営しています。英米語学科についてより詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

>>英米語学科運営サイトへ(別ウィンドウで開きます)