本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 英米語学科  > 英語コミュニケーション専攻  > 山内 進(Yamauchi Susumu)

山内 進(Yamauchi Susumu)

<専門分野>
応用言語学、英語教育

<主な担当科目>
・英文研E(言語A)
・コミュニケーション研究B(社会)
・Advanced Reading その他


E-mailyamauchs(ここに@を入れてください)nufs.ac.jp
役職教授
経歴1986年 テキサス大学(オースティン校)TESOL修士課程修了
1988年-1996年 琉球大学教養部講師、助教授
1996年-2015年 琉球大学教育学部教授、名誉教授(2015年)
2015年- 名古屋外国語大学教授
主な業績<著書>
『戦後沖縄とアメリカ:異文化接触の20年』 , 沖縄タイムス社, 1995年.(共著)
『アメリカTESOL留学:教師たちの大学院物語』, 沖縄学版, 1999年.(共・編著)
『言語教育学入門:応用言語学を言語教育に活かす』, 大修館書店, 2003年. (共・編著)
<論文>
An Experiment with Cloze Procedure on Japanese EFL Learners: On the Diagnostic Power of Cloze Procedure. Ryudai Review of Language and Literature. No. 35, 1-25, 1990. (単著)
Development of Freshman EFL Students’ Listening Comprehension Ability. Ryudai Review of Language and Literature, No. 38, 173-198, 1993. (単著)
パラグラフ概念の明晰生と曖昧性, 『琉球大学欧米文化論集』, 第31号, 77-98, 1996年. (単著)
「終戦直後の沖縄における初等学校英語教育—沖縄版Let’s Learn Englishの分析」, 『沖縄英語教育学会紀要』, 第5号, 1-32, 2005年. (単著)
「多様化する英語と日本における受容—社会言語学的視点からの言語教育」、『月刊 言語』, Vol. 35, No. 4, 58-63. 大修館書店, 2006年. (単著)
The Interrelationship between Reading Comprehension and Inferencing in
Incidental Vocabulary Meaning Acquisition in L2 Reading, 『紀要』, 第40号, 31-40,
九州英語教育学会, 2012年. (共著)
メッセージ母語・外国語に関係なく、「ことば」を学び、使えるのは人間だけに与えられた特殊な才能です。ことばについての勉強・研究というのは、必然的に人間についての探求ということになりますが、様々なことばに触れることで、より多角的な人間観・世界観の確立につながります。大変に刺激的で、興味深い「ことば」の世界で遊んだり、学んだりすることによってあなたの才能、可能性を拓きましょう。

Copyright Ⓒ NUFS. All Rights Reserved.