本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム  > 教員紹介  > 英米語学科  > 英米語専攻  > 池内 正幸(IKE-UCHI Masayuki)

池内 正幸(IKE-UCHI Masayuki)

<専門分野>
・進化言語学
・生成文法理論
・統語論

<主な担当科目>
・英文研I(国際A)
・英米研究A(言語)
・言語学研究 その他


E-mailikeuchi(ここに@を入れてください)nufs.ac.jp
役職教授
経歴1974年 東京教育大学大学院文学研究科英文学専攻(修士課程)修了
1976年 東京教育大学大学院文学研究科英文学専攻(博士課程)単位取得後退学
1989-91年 マサチューセッツ工科大学言語学・哲学科(フルブライト若手研究員)
2007-08年 エジンバラ大学哲学・心理学・言語科学部 言語学・英語学科 言語進化・計算研究ユニット(津田塾大学在外研究員)
1976-84年 愛知県立大学文学部/愛知県立女子短期大学英文学科専任講師・助教授
1984-99年 上越教育大学助教授・教授学校教育学部
1999-2016年 津田塾大学学芸学部英文学科教授
主な業績『名詞句の限定表現』 1985年 大修館書店
『言語研究入門——生成文法を学ぶ人のために』 (共編著) 2002年 研究社
Current Issues in English Linguistics (共編) 2003年 Kaitaku-sha
Predication and Modification—A Minimalist Approach 2003年 Liber Press
『明日に架ける生成文法』 (共著) 2005年 開拓社
『言語と進化・変化』 (編著) 2009年 朝倉書店
『ひとのことばの起源と進化』 2010年 開拓社
『生成言語研究の現在(いま)』 (共編著) 2013年 ひつじ書房
『言語の設計・発達・進化』 (共編著) 2014年 開拓社
メッセージわれわれヒトは、そして、われわれヒトだけが、「ことば」を無意識のうちに身に付け、自在に操ります。実は、これはとても不思議なことなのです。他の動物はできないのに、なぜわれわれだけができるのでしょう。人類の進化史上、いつから、こんなことができるようになったのでしょう。このような「ことばの不思議」に迫りたいと思っています。

Copyright Ⓒ NUFS. All Rights Reserved.